埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

上越妙高駅(上越市)地元民もおすすめのお土産10選

更新日:


上越妙高駅や上越市でお土産をお探しですか? 上越は当たりの多いお土産も多いですが、ハズレも多くあります。決め手は、地元の依頼で外部審査員が選定したメイド・イン上越 認証品。開業前から上越妙高駅を取材してきた筆者が、上越認証品を中心に10のお土産をセレクトします。


結論 時間のない方へ!

  • 安く気軽なお土産なら … 地元の大人気パン、小竹のサンドパンが鉄板。上越妙高駅では、ニューデイズと、食堂7つのおもてなしのレジ下で販売。入荷は昼過ぎで、売り切れも。売り切れた場合は、笹団子パン。
  • 冷蔵ものなら … Riz-Rizプリン。コメの食感を感じる完成度の高い瓶入りプリン。瓶は再利用できます。上越妙高駅では、食堂と観光案内所の境目の棚にあります。
  • 日持ちするものなら(大人向け) … 継続だんごがおすすめ。白あんを固めた製法は珍しく、見た目のインパクトもあり、東京などでは入手しづらいです。食堂となりの、お土産屋にあります。
  • 日持ちするものなら(家族向け) … 子どももいるなら、出陣餅。信玄餅に似ていますが、はっきり言えば信玄餅よりおいしいです(よもぎ餅である点が違う)。食堂となりのお土産屋かニューデイズにあります。

旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

上越妙高駅でのお土産、名産品の購入場所

上越妙高駅のお土産、名産品の購入場所は、主に改札外となります。

  • メイドイン上越認証品コーナー … 改札正面。観光案内所と食堂の間の棚に置かれています。会計は食堂へ。
  • おみやげ店(上越観光物産センター) … 食堂のとなり。
  • New Days(コンビニ) … おみやげ店が開いていない時間に。よくあるお土産しかないですが、出陣餅など、認証品も一部扱います。

メイドイン上越・認証品とは?

上越市は、地域に根ざしオリジナル性や信頼性が高い商品のなかで、全国的にも訴求できるものを「メイド・イン上越 認証品」として毎年定めています。

1位 小竹のサンドパン(気軽、安い)

小竹のサンドパンは、地元人気が高い超定番の菓子パンです。全国への輸送を前提としないため、丁寧に焼いたパン独自の味わいがあります。たっぷり挟み込んである、白いクリームが人気の秘密です。126円。メイド・イン上越 認証品としては安いです。

「上越はに住んでて良かったのが、これがいつでも買えること」と言う地元のファンがいるほどのソウルフードです。上越妙高駅では、ニューデイズおよび、食堂のレジ下にあります。直江津駅、高田駅など主要駅でも販売。

売り切れなら笹団子パンも

同じ小竹製菓が発売している、笹だんごをパンに入れてしまった笹だんごパンもインパクトがあります。180円。メイド・イン上越 認証品。上越妙高駅では、食堂のレジ下にあります。

2位 Riz-Rizプリン(要冷蔵)

上越市の洋菓子屋リリーのプリンです。県内から厳選した牛乳(上越三和牛乳)、卵(新発田川瀬養鶏所)、米を使い、何度も改良され完成したものです。新潟御米プリン、濃厚卵黄プリン、和風玄米プリンの3種類。260円。

写真は、新潟御米プリン。米の持ち味と食感を最大限に引き出した印象に残るプリンです。プリン通でも「これは初めて」と思うはずです。サイズは小さ目。上越妙高駅では、食堂の隅の棚にあります。メイド・イン上越 認証品。

3位 継続だんご(やや大人向け)

上越市土産の昔からの定番のお土産は、①継続だんご、②出陣もち、③翁飴(おきなあめ)」で間違いありません。そのなかで独特で、開けたときのインパクトがあるのが、継続だんごです。

継続だんごは、明治36年、直江津の米穀取引所廃止命令に対抗し住民が「継続」を勝ち取ったことを祝って作られたもの。一見だんごに見えますが、実は白あんを焼き、だんごに模した意外な製法です。全国に類を見ない珍しいお菓子で多少好き嫌いがありますが、しっとりしたらくがんを、飴でコーティングしたイメージのやや大人向けのお菓子です。。

5本入り700円など。上越妙高駅では、食堂の隅の棚または、お土産コーナーにあります。メイド・イン上越 認証品。

林芙美子『放浪記』の直江津のシーンで登場

「海辺の人がなんて厭な名前をつけるんでしょう、継続だんごだなんて…。駅の歪んだ待合所に腰をかけて、白い継続だんごを食べる。あんこなめていると、あんなにも死ぬる事に明るさを感じていた事が馬鹿らしくなってきた。どんな田舎だって人は生活しているんだ。生きて働かなくてはいけないと思う」

4位 出陣もち(万人向け)

上越みやげの出陣もちは、関東や山梨の人にはおなじみの信玄餅にそっくり。しかし、いずれも歴史が長く、どちらが元祖かははっきりしません。

筆者は関東在住で、信玄餅で育ったので言いにくいのですが、味は出陣もちが上です。餅によもぎが入っていることが大きいでしょう。上越妙高駅では、食堂の隅の棚または、お土産コーナーにあります。メイド・イン上越 認証品。

出陣もちは、たくさん買う場合通販も便利

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かなざわ総本舗)出陣餅 20個化粧箱入り
価格:3456円(税込、送料別) (2018/12/16時点)

5位 どぶろくフロマージュ(要冷蔵)

上越市の山間部で続けられているどぶろく作り。どぶろくフロマージュは、チーズケーキに似ており、砂糖を控えた、香りがよいやや大人向けのお菓子です。写真は、上越妙高駅の飲食スペースで、開業時に出されていたもの。お土産用は、生クリームやミントはつかず、1個180円で、飲食スペース脇の棚の横にある、冷蔵スペースで販売しています。メイド・イン上越 認証品。

上越市の牧区(旧牧村)は、高田駅からバスで30分ほどの山村。どぶろくが名産で、どぶろく荘という気になる名前の民宿もあります。この民宿製造のどぶろく卓、牧の初雪も認定されています。

6位 翁飴(甘さ抑えてシンプル)

上越市の古くからの名産品・翁飴(おきなあめ)は、飴ではなくゼリー状のお菓子です。食感は、長野県のみすず飴に通じる部分がありますが、甘さは控えめでよりシンプルな味です。

翁飴は、いまの上越市にある高田城の城主が、参勤交代の際に献上した、日持ちするお菓子です。高橋孫左衛門商店製。認証品コーナー、飲食スペースの横の棚、お土産コーナー双方、ニューデイズの3カ所で販売。メイド・イン上越 認証品。

※高橋孫左衛門商店の翁飴(=上の写真)のほか、大杉屋惣兵衛も翁飴を販売しています。地元では双璧を成すものとされています。

笹飴も伝統のあるお菓子

※高橋孫左衛門商店は、夏目漱石の坊ちゃんに出てきた、笹飴も販売しています。食べ方にルールがありやや面倒ですが、文学好きへのお土産におすすめです。笹飴は粘着力が強いため、差し歯、入れ歯の方は避けた方が無難です。

それでも妙な顔をしているから「何を見やげに買って来てやろう、何が欲しい」と聞いてみたら「越後()笹飴()が食べたい」と云った。越後の笹飴なんて聞いた事もない。(坊ちゃんより)

7位 かんずり(チリチリ塩麹)

妙高地区の調味料として非常にお勧めのかんずり。かんずりは、唐辛子に柚子などを加え、3年かけて熟成させたもので、辛さとうまみのバランスが良い抜群の調味料です。妙高市の名産品のため、メイド・イン上越 認証品ではありません。おみやげコーナーやニューデイズで販売。

そして、かんずり+塩麹が、チリチリ塩麹料理好きな方へのお土産に最適です。800円。飲食スペースの横の棚で販売。メイド・イン上越 認証品です。もし迷う場合、かんずりを試したことがない場合、まずはかんずりから。マヨネーズとあえるのが、初回はおすすめです。

※味噌のたまり+オリーブオイルの調味料であるTamaLive(タマリーブ)。また、はちみつ+米麹の和ち蜜(わちみつ)も認証されたお土産品です。

8位 横かまの焼き黄味しぐれ

上越市を歩くとよく見かけるのが、変わりかまぼこです。メーカーがいくつかありますが、メイド・イン上越 認証品に選ばれたのは、地元では横かまの愛称で知られる横山蒲鉾店の焼き黄味しぐれ(水産庁長官賞を3回受賞、550円)。同社のきくらげ蒲鉾も認定されています。

高田駅近くに、横かまの直営店ができています。

※魚住かまぼこ店の昆布巻き、越後じゃこ天も認証されています。また2015年に新たに平八のきくらげ蒲鉾、鮭蒲鉾が認証されました。

9位 幻魚(げんぎょ)の干物

上越市で水揚げされる幻魚(げんぎょ、げんげ)は深海魚ですが、イメージと裏腹に脂が乗り、その干物は日本海三大珍味と言われています。メイド・イン上越 認証品です。

16時から20時15分まで、駅ナカ改札外の飲食スペース(えちご食処)で食べることができます(550円)。

【上越妙高駅】周辺の絶景スポット、観光、食事の全ガイド

10位 黄金のかきもち

米菓は、スーパーで売っているものと産地のものには、驚くほどの差があります。黄金のかきもちは、1本ずつ焼いたのではないかと思うほどベストの焼き加減で、米やよもぎの味がしっかりと残っています。メイド・イン上越 認証品です。(写真を取り忘れましたが、実食済みです)

※米菓では、高田公園(高田城址)の桜にちなんだものもあります。桜くちどけサブレは、サブレを最中で包んだ和洋折衷のお菓子。福さくらは、上越市産のもち米を使い、桜葉パウダー入りの砂糖を吹き付けたお菓子です。

【地元の方から】甘えびの糀漬け

地元の方に記事を読んでもらいました。すると、甘えびの糀漬け(こうじづけ)も紹介したほうがいいのではとのこと。甘えびの刺身を、上越が得意とする糀漬けにしたものです。「甘さとほんの少しのコリコリ感で、大変おすすめ」。

【新登場】ソフィーのシュトレン

ドイツパンの一種であるシュトレンが、2015年にメイドイン上越認証品に認証され、上越妙高駅にも新登場しました。


関連記事

【上越妙高駅】周辺の絶景スポット、観光、食事の全ガイド

北陸新幹線上越妙高駅(+高田駅)ビジネス・観光ホテルランキング発掘!東京駅1000円以下の安くおいしい駅弁ランキング

北陸新幹線糸魚川駅 世界ジオパーク認定 観光・温泉・宿泊・ホテル全ガイド

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.