トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

東京都(ランチ・観光)

超人気店がららぽーと立川に 日本橋海鮮丼つじ半「ぜいたく丼」の感想と口コミ

2017/09/18

ららぽーと立川立飛に、日本橋の超人気店・海鮮丼つじ半が登場しています。テレビで取り上げられ、行列1時間も珍しくないぜいたく丼ですが、立川での感想と筆者口コミを紹介します。



広告

日本橋海鮮丼 つじ半とは

日本橋のつじ半は、テレビにも紹介され、1時間以上の行列ができることも多いお店です。その秘密は、日本橋という立地に料亭風の店構えと高級な店構えながら、山盛りの海鮮丼に、食後の鯛茶漬けのサービスがあり、1000円を切る点です。

ららぽーと立川立飛の「つじ半」

日本橋の行列店の味を、立川で待ち時間なく食べられるのが、ららぽーと立川立飛のつじ半の特徴です。

ららぽーと立川立飛では、ぜいたく丼(梅)が、880円。これは、日本橋よりも100円安。具材は、いか、つぶ貝、甘えび、数の子、まぐろ、中落ち、黒みる貝、きゅうり、ねぎです。

100円アップし「竹」にするとしらすが加わります。さらに上のクラスはウニなどが登場します。

ららぽーと立川立飛のぜいたく丼・梅(880円・税別)。具はごちゃ混ぜで何が何だか分からないという意見もあります。しかし、まずご飯の炊き方が上手。甘くておいしいです。

さらに、貝、魚、数の子など、おのおの食感の差を生かしきった味の構成は、従来の海鮮丼と一線を画す、どこにもないものです。炒りごまの風味、ほのかなごま油などが、味をまとめます。刻みネギ、キュウリも効果的。素材の特徴の引き出し方が見事な名作です。

筆者は、沼津港に何度も食べ歩きに行っていますが、沼津港でも十分に勝負になります。


ららぽーと立川立飛では、料亭風の店構えや内観による贅沢感がなく、他店と同居のフードコート。日本橋本店で得られる、日本橋の豪華なお店なのに安い! という感動は得られません。

しかし、開店当初は省略されていた、お茶漬けのサービスが新設されました。別添えの鯛の刺身ごまダレあえ、茶漬け用の鯛ダシ汁が添えられます。

鯛出汁茶漬けの食べ方です。実際には、急須は省略され、小さな魔法瓶で出てきます。

写真のように、具材を広げ、たれをかけて食べます。ご飯は少し上げ底のため少なめですが、具はたっぷり。

各素材の持ち味を知り尽くしているからこそできるバランスで、まねできるようでなかなか難しいと思います。ご飯は、酢めしではありません。海鮮丼は酢めしでないと、厳しい場合が多いのですが、米+炊き方が完璧なため、酢めしでないことを感じさせません。

(まとめ)日本橋海鮮丼つじ半「ぜいたく丼」の感想と口コミ

日本橋海鮮丼つじ半本店が成功したのは、日本橋の立地と店構えと、安さ。品質の大きなギャップでした。立川ではその要素はありません。

しかし、東京西部で、並ばずに日本橋の人気店の味を試すことができるのは、大きなメリットです。全体として、素材の食感を生かした、ほかにはない海鮮丼として試す価値は、十分にあります。間違いなく印象に残る丼です(ただし食感を大切にする人向け)。

関連記事

-東京都(ランチ・観光)