神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

【伊豆・天城越えとは?】場所・アクセス・観光ルート・宿を正確に案内します

投稿日:


天城越えに出かけようと考えていますか? 天城越えとは、正確には湯ヶ島温泉から桜の河津に至るルート。最低でも旧天城トンネルをくぐれば、天城越えと言えます。この記事では、天城越えの場所、観光ルート、宿をご案内しています。

この記事は編集中のため文字数が少なくなっています。


天城越えの場所とは? →  湯ヶ島温泉から河津へのルートです

天城峠とは、中伊豆・修善寺の南にある湯ヶ島温泉から、桜で有名な河津へのルートである。伊豆半島南部は、昔は陸の孤島であり、中伊豆を抜ける天城越えが、唯一江戸へ向かうルートだった。

天城越えのイメージを作った、石川さゆりの「天城越え」が発売されたのが、1986年。このときには、新道が開通済みだった。しかし、一般には1905〜1970年にメインルートとして使われていた、旧天城トンネルが天城越えのイメージとして定着している。

なお、1905年以前の天城越えを目指す場合、二本峠を目指して登山することとなる。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

天城越え(天城峠)へのアクセスは、クルマが便利

天城越えへのアクセスは、修善寺からクルマで向かい、途中旧道に入り、旧天城トンネルの北側の駐車スペースに車を停めるのが普通である(南側にも、小さな駐車スペースがある)

修善寺からバスで約50分。天城峠バス停から、徒歩約40分で旧天城トンネル(北側)。

旧道は車1台の通行が可能。運転技術が求められる。日没後の進入は危険。

天城トンネルの南北の入り口の区別はつきにくいが、北側は黒い石が使われていることがポイントである。

旧天城トンネルの内部と南側

旧天城トンネルの南側

旧天城トンネルの内部は、すれ違い不能。鉢合わせした場合、長い距離をスムーズにバックできる技術が必要。

旧天城トンネルの南側。駐車場は北側より狭く、踊り子のイラスト入りの看板が設置されている。

旧天城トンネルの南側。北側との区別は難しいが、黒い岩が使われておらず、緑がかった岩が使われている。

天城越えのおすすめ観光ルート

天城越えにおすすめの観光ルートは、以下のようになる。

湯ヶ島温泉(写真)→浄蓮の滝→(紅葉期なら、道の駅天城峠)→旧天城トンネル北側→旧天城トンネル南側→河津七滝ループ橋→河津七滝

河津七滝は、山間のため日没が早く注意が必要。


天城越えにおすすめの宿

天城越えにおすすめの宿泊地は、湯ヶ島温泉。歴史のある名旅館が多い。

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.