東京都(ランチ・観光) 神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

大室山に行きました!~観光・アクセス・所要時間など〜

投稿日:


伊豆・伊東のおすすめ観光スポットの1つ、大室山に行ってきました。この記事では、大室山に行く方のために、観光・アクセス・所要時間などの情報を書いておきます。


大室山 へのアクセス

伊東駅、大室山はバスで40分

上は、大室山へのアクセスの一例です。伊東駅前から、東海バスで40分。シャボテン公園で下車します。リフト乗り場は、すぐに分かります。

伊豆高原駅、大室山はバスで20分

バス乗車を短時間で済ませたい場合、伊豆高原駅からがおすすめです(所要20分程度)。

大室山、城ヶ崎海岸はバスで25分。降りたら徒歩で17分。

なお、大室山(シャボテン公園バス停)~伊豆高原駅~伊豆海洋公園の間はバスで結ばれています。伊豆海洋公園バス停からは、伊東のもう1つの名所、城ヶ崎海岸まで徒歩17分です。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

大室山 のリフトは、高所恐怖症でも安心

伊豆伊東 大室山

伊東市の2大名所は、大室山、城ヶ崎海岸ですが、城ヶ崎海岸は絶景のつり橋があり、高所恐怖症だと厳しい場所です。大室山もリフトで山頂へ向かいますが、リフトは常に高さが数メートル程度で、高所恐怖症の人でも安心です。

冬場と雨の日は要注意

なお、リフトも山頂も防寒対策はされていないため、冬に訪ねる場合は、十分な防寒具が必要です。

また、季節を問わず、雨の場合はリフトが運行しない場合もあります。雨の場合は、大室山は下から写真を撮り、向かいにある伊豆シャボテン動物公園へ行くことになります。動物やサボテンに興味がない場合、徒歩7分の場所に、伊豆ろう人形美術館がありますが、薄暗く賛否の分かれる施設です。

大室山山頂の様子

大室山

リフトで大室山の外輪山状の場所(すり鉢型火口のふち)に降り立ちます。リフト乗り場から、噴火口を1周する20分のルートです。一部階段(スロープつき)があり、そこは下る方が楽なので、時計回りがおすすめです。

噴火口の底には、アーチェリー場や小さな神社があります。

大室山
  • リフト側からは、伊東の街並み、山々、海を見ることができます。
  • 逆側からは、噴火でできた湖を排水して作った、田園地帯を見ることができます。

大室山観光の所要時間

リフト待ち時間リフト乗車時間山頂1周合計
平日10分(昇降2回)12分(往復)20分42分
土日休日40分(昇降2回)12分(往復)30分82分

大室山観光の所要時間は、平日なら約40分、土日休日なら最大で約80分です。

伊東駅からバスで往復する場合、往復分で80分を加算しますの、平日なら2時間、土日休日なら最大2時間40分程度かかります。

  • 例 土日休日の13時に伊東駅を出た場合、大室山の見学を済ませて伊東駅に戻るのは15時40分くらい。

大室山の様子

伊豆伊東 大室山

バス停(シャボテン公園)付近から見上げた大室山。

伊豆伊東 大室山

リフトは往復500円で良心的。地上から、常に数メーターの高さのため、子どもだけでも安全です。

伊豆伊東  大室山

リフトを降りてすぐの景色です。外輪山風の場所(すり鉢型火口のふち)の北側(=伊東市街側)に降り立ちます。

伊豆伊東 大室山


外輪山の1周は約20分。階段の関係で、時計回りがおすすめです。

伊東  大室山

北側は、伊豆高原を経て、伊東の街並みと海が見えます。

伊豆伊東 大室山


南側は、かつては大室山の噴火によってできた湖がありました。現在は、土砂で湖が埋まり、田園地帯となっています。

伊豆伊東 大室山


ちょっとした見所として、神社のほか地蔵が2か所あります。地蔵は、強力(ごうりき)が素手で運び上げました。

伊豆伊東 大室山

噴火口は芝生で覆われ、アーチェリー場となっています。

大室山の地形の不思議

急峻な岩場が多い海に、すぐそこまで山地が迫るのが、伊豆半島の基本的な景色。伊豆半島は、もともとは、本州のはるか南に隆起した島だったからです。この島は、プレートとともに北上し、約100万年前に本州に衝突しました。

しかし、大室山は、伊豆半島のなかではとてもなだらかで、女性的な雰囲気を感じさせます。なぜなのでしょうか?

スコリアが作った大室山の美しい形

大室山の噴火は、約4000年前。軽石に似た性質を持つ、黒いスコリアが噴出し、空から降り注ぐことで、大室山の美しい形ができました。スコリアは、軽い性質を持つため、大室山の斜面の角度は、約30度。鳥取砂丘にも見られる安息角という角度です(スコリアは富士山の一部にも見られます)。

大室山の溶岩が作った伊豆高原、城ヶ崎海岸

伊東  大室山

大室山の噴火では、スコリア以外に、側面から溶岩も流れ出ました。北へ向かった溶岩は、周囲をなだらかにし、伊豆高原を形成しました。東へ向かった溶岩は、城ヶ崎海岸の絶景を形成しています。

大室山と小室山とどちらが良い?

小室山も大室山と同じく、火山噴火でできた山です。伊東駅からバスで25分の便利な場所ですが、文字通り規模が小さく、旅行の優先順位は下がります。ただし、春のツツジの季節なら、訪ねてみても良いでしょう。


大室山と組み合わせたい観光地

大室山と組み合わせたい観光地は、まずは大室山の隣にある、伊豆シャボテン動物公園です。入園料が高い分、入場者を絞りじっくりと動物と触れ合えるという評価を得ています。伊豆ぐらんぱる公園は、アスレチックと乗り物の公園で、小さい子向けですが、夜のライトップには相当力を入れており、インスタ映えし、大人まで楽しめます。

そして、外せないのが城ヶ崎海岸。女性的な雰囲気の大室山に対し、城ヶ崎海岸は荒々しく男性的な形式。大室山の溶岩から城ヶ崎海岸海岸ができたという成り立ちからも、同時に回りたい場所です。

このほか、伊東市街も大室山と同時に回る場所となります。伊豆高原は、観光面では、大室山、伊豆シャボテン動物公園、伊豆ぐらんぱる公園に尽きると言え、ホテルや旅館を探す場所です。緑の向こうに海が見える、ホテルタイプの宿がおすすめです。

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-東京都(ランチ・観光), 神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.