【完全版】ネカフェのシャワーの使い方|料金・タオル・ドライヤー・シャワーだけ・女性専用などすべてを解説


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ネカフェのシャワーの使い方を説明します。どのネカフェにあるのか、シャワーだけの利用はOKか、タオル、シャンプー、ドライヤー、歯ブラシはどうか、女性専用、コインランドリーなど、全て解説します!

シャワーを使うならどのネカフェがおすすめ?

洗面所 快活クラブ

シャワーを使うならどのネカフェがおすすめ?


結論から言うと、現在、シャワーを使うなら、断トツで快活クラブの「無料シャワー」がおすすめです!(すぐ後で説明しますが、快活クラブでも「有料シャワー」はいまひとつ)

快活クラブの無料シャワー設置店リスト

快活クラブの「無料シャワー」 は、上の写真のように、広くて清潔な洗面台と併設されているのが普通(高性能なドライヤーもありますよ♪)。これは、無料シャワーが、おもに、鍵つき完全個室設置店にもうけられていることが多く、洗面台、コインランドリー(一部店舗)を併設した、広くて清潔なスペースを男女別に持っていることが多いからです。

(快活クラブの有料シャワーは、昔ながらのブース形式のお店は、シャワー室まわりがやや狭いことが多いです。予約貸出制で手間がかかり、あえて有料にしてあるのだと思います)

シャワー 快活クラブ

快活クラブの無料シャワーです。リンスインシャンプーボディーソープがあります。リンスインシャンプーが気になる方は、コンビニで購入がおすすめ。

予約や別料金は必要ありません(1回の目安は15分と表示されています)。

タオルバスタオルは、なんと使い放題。

歯ブラシの入ったセットは300円です(歯磨き粉付き歯ブラシ、ボディースポンジ、ブラシ、綿棒+コットンセット、ボディーソープ、リンスインシャンプー)。

女性用アメニティは400円です(歯磨き粉付き歯ブラシ、クレンジングオイル洗顔フォーム化粧水乳液、ヘアゴム、綿棒+コットンセット、ブラシ)。

これだけそろえば、快活クラブの無料シャワーで間違いがないことが分かると思います。鍵つき個室の利用料金は、30分で300円台が基本。余裕を見て40分でも、ワンコインに収まります。(シャワーのみの設定はありません)

快活クラブの無料シャワー設置店リスト

以上は、快活クラブの「無料シャワー」の基本パターンです。写真より狭かったり、コインランドリーがない店舗など、例外もありますので、ご了承ください。アメニティは、歯ブラシ単品(150円程度)や下着を販売している店もあります。とくに心配な点があれば、入店前に電話で問い合わせてみてください!

快活クラブの無料シャワー(鍵つき個室設置店)の使い方

鍵つき完全個室設置店または 無料シャワー設置店を探す。

②会員証があれば、機械による自動受付も可能。快活クラブは、利用前の時間申請は不要です(自動的に最も安い料金を適用)。

※東京都のネカフェは会員証が必須で、免許証、健康保険証など国の証明書か、顔写真つきの学生証などが必要です。東京都以外のネカフェは、ビジター利用もできますが、快活クラブは認めていません(必ず会員証が必要)。免許証、健康保険証など国の証明書か、学生証(顔写真なしでも通ると思います)などが必要です。

※上記の身分証明書を現在持っていない方は、東京都を除く自遊空間のビジター利用がおすすめです。(詳細は下の方に書いてあります)

※18歳未満、高校生以下の方は、利用時間に制限があります。【知りたい!】ネカフェは、中学生・高校生や18歳未満の「利用」や「宿泊」は可能なのですか?

③とりあえず個室に入り、荷物を置いて、シャワールームへ。歯ブラシが必要な場合は、フロントで購入します。タオル、シャンプー等は備えつけです。

鍵つき個室専門型のお店では、個室が満席となっていることがあります。個室専門型でも、少しだけオープンスペース(飲み放題カフェ)があることもあり、そちらは空いていることが多く、シャワーは利用できます(荷物はフロントで預けるのが良いと思います)。

ブース併設店なら、いずれかのブース(喫煙になってしまうことも)なら空いている可能性が高いです。事前に電話で込み具合を確認しておくと安心です。


快活クラブの「有料シャワー」の利用方法

快活クラブでは、全国で完全個室化を進めており、現在3パターンの店舗があります。

  • 鍵付き個室専門店(鍵付き個室がメイン) … 無料シャワー(おすすめ)
  • 鍵付き個室併設店(鍵付き個室+ブース) … 無料シャワー(おすすめ)
  • 個室がない旧型店(ブースのみ) … 有料シャワー(おすすめ度は下がる)

地方や、都会でも郊外に多い、ブースのみのお店では、シャワー室は有料が基本です。(快活クラブでは、無料シャワーのサービスがよく、有料シャワーのサービスがよくない逆転現象があります)

快活クラブの有料シャワー(ブースのみの店)の使い方

快活クラブの有料シャワー(ブースのみの店)の使い方です。

① シャワーだけを利用する場合も、通常通り席(ブース)を確保します。入店時に席と同時に、シャワーを予約すると便利です。

  • 禁煙リクライニング
  • 禁煙フラット
  • 喫煙リクライニング
  • 喫煙フラット
  • マッサージ席(一部店舗) … 上記の席と同料金(おすすめ)
  • オープンシート(飲み放題カフェ) … 上記の席よりお得です

ブース料金の目安は、30分なら300円前後、60分なら500円前後です。快活クラブでは、初回に会員登録が必要です(免許証、健康保険証など国の証明書。学生証は、東京都は写真つきのみ。ほかは写真がなくてもよいと思います)。

② シャワー料金は以下の通りです。

シャワー料金は30分300円(池袋地区のみ350円)。フェイスタオル、歯ブラシ、ボディースポンジ、ボディーソープ、リンスインシャンプーは、販売で500円です。ただし、 ボディーソープ、リンスインシャンプーは、 シャワーブースにも設置があります。

タオルや歯ブラシの単品を150円程度で販売の店もありますが、それでも、ブース料金、シャワー料金、タオル代をあわせ、800円程度の出費になります。

③ドライヤーは、受付で渡されます。

img_3487

④シャワーブースです。着替える場所や洗面台もあり、便利です。荷物は盗難の恐れがあるブースでなく、洗面台のそばに置いておきます。なお、取材した支店では、男女別でした。

快活クラブ シャワー

リンスインシャンプーとボディーソープを設置。

快活クラブ シャワー

関連 【ネカフェおすすめランキング】快活クラブ、自遊空間、アプレシオ、マンボーなど徹底比較!

関連 【宿泊・リモートワーク・2人用】完全個室の鍵つき・防音型ネカフェの内部を徹底調査!


各ネカフェのシャワーの特徴を紹介

シャワーを使うなら、快活クラブの鍵つき完全個室設置店にある、無料シャワーが断然のおすすめです。しかし、近くにお店がない場合もありますので、リストアップします。

店名店舗数特徴30分の合計料金目安
快活クラブ( 鍵つき完全個室設置店222原則無料のシャワールームがあり、洗面台と隣接し、広く使いやすい。もっともおすすめ。300円台
快活クラブ(ブースのみ。有料シャワー設置店97有料のシャワールームがあるが、やや狭い。リンスインシャンプー、ボディーソープはあるが、タオルは販売。800円程度(タオル購入)
自遊空間(シャワー設置店133有料が62店舗(こちらから)、ほかは無料。店舗によっては、使い捨てタオルがついてくる場合も。
※一部フランチャイズで女性向けでない店もあります。
300~800円程度(店舗による)
コミックバスター(シャワー設置店78有料が78店舗。完全フランチャイズで、料金・サービスはバラバラです。女性向けでないお店(古い、薄暗い等)も、かなりあります。500~800円程度(店舗による)
アイカフェグループ不明快活、自遊、バスターに次ぐ、業界4位のグループですが、さまざまな企業の連合体で、シャワー設置や料金・サービスはバラバラです(店舗一覧)。例:新宿本店680円
その他・5位以下のチェーンや個人店にもシャワーがある場合があります。
・女性におすすめできるのは、快活クラブ。最低でも自遊空間まで(ハズレもあり)。
・ただし、カスタマカフェ(上野店除く)、マンボープラスマンボーネットルームはきれいな店舗もあります。

自遊空間のシャワー利用方法

業界第2位の自遊空間でのシャワーの利用法です。自遊空間はフランチャイズのため、写真のように明るくきれいな店舗ばかりではありません。女性の方など、清潔感が気になる場合は、自遊空間は各店舗のHP (シャワー設置店) に3D写真がありますので、それをチェックします(「店内画像を表示」を押す)。

※写真に加工して照度を上げている店もあるため、想像よりは劣る場合もあります。

自遊空間では、ブース(または個室)を押さえた上で、別料金でシャワーを利用しますが、シャワーが無料の店もあります。

30分程度シャワー利用する場合の料金の目安は、300~800円程度(店舗による)です。シャワーが無料の場合は、安く利用できます。

タオルは、シャワー料金に含まれる場合と、別売りの場合があります(シャワー無料の店では別売りの可能性が高い)。ドライヤーは、ほぼ全店で備えていると思われます。シャンプーボディーソープは、シャワールームに備えつけ、利用料金に含まれ受付で渡す、別売りのパターンがあります。

女性用アメニティは、販売があるかないかお店によりますが、快活クラブに比べると詰めが甘いところがあるため、心配な場合は、事前に電話が安心です。

※シャワー利用は、シャワーを1席として数え、前後に通常席を利用する場合、移動手続きが必要な店もありますが、すいていれば柔軟に対応するようです。

自遊空間のシャワールームの利用方法

まず、受付でシステムを聞き、必要な申し込みをします。自遊空間は、東京都内では会員証が必須です(登録時は、免許証、健康保険証など国の証明書か顔写真つき学生証が必要)。東京都以外では、ビジター利用ができる場合もあります。

※18歳未満、高校生以下の方は、利用時間に制限があります。【知りたい!】ネカフェは、中学生・高校生や18歳未満の「利用」や「宿泊」は可能なのですか?

自遊空間のシャワールーム(写真)

自遊空間のあるお店の場合、受付でシャワー利用を申請し、カギを受け取ります。利用料は195円でした(ブース料金は別途)。

このお店では脱衣場が広く、薄いスポーツタオル、使い捨てボディスポンジ、ドライヤーを受付で渡されました。タオルは使い捨てでなく、使用後返却するタイプです。 ボディーソープ、リンスインシャンプーはシャワーブースにありました。

ネカフェ シャワー

シャワー室の様子です。

関連 【ネカフェおすすめランキング】快活クラブ、自遊空間、アプレシオ、マンボーなど徹底比較!

関連 【宿泊・リモートワーク・2人用】完全個室の鍵つき・防音型ネカフェの内部を徹底調査!


コインランドリーも必要なら鍵つき個室がある快活クラブで

コインランドリーを利用する場合、鍵つき個室がある快活クラブの無料シャワーが安心です。無料シャワー設置店261店のうち、230店にコインランドリー(有料)があります。(一覧はこちらから

今着ているものを洗いたい場合、快活クラブでは、下着類を販売している場合がありますので、便利です。

  • 首都圏のカスタマカフェ店舗一覧)もコインランドリーを備えています。快活クラブのない、八重洲店、三軒茶屋店などは便利です。上野店は周辺環境などが悪く、おすすめしていません。
  • 首都圏・名古屋のマンボーネットルーム店舗一覧)もコインランドリーを備えています。施設が古い店もありますので、ご注意ください。
  • 業界2位の自遊空間は、コインランドリー設置がわずか12店舗(一応一覧)。北海道、東北では利用価値があるかも。

大浴場つきのネカフェってあるの?

グランカスタマカフェの川崎、歌舞伎町、伊勢佐木町店のみ、大浴場があります(店舗一覧)。グランカスタマカフェは、照明に工夫があり雰囲気は良いですが、ブースの設計やPCなどに難がある場合もありますが、大浴場利用が目的なら、あまり気にならないでしょう。

また、カスタマカフェ上野店こちら)は、個室3時間以上の利用で、近くのカプセルホテルの大浴場を利用できます。個室は、カードキー信号音の音漏れがかなりあり、おすすめ度は低いですが、大浴場めあてなら、良いかもしれません。


ビジネスホテルのデイユースでゆっくりシャワーも可能(大浴場も)

シャワー利用なら、ビジネスホテルのデイユースも便利です。写真は、スーパーホテル秋葉原(楽天トラベル)です。仮眠や、ノートパソコンによる作業も可能です。

シャワーは、部屋のものも利用できますが、 スーパーホテル秋葉原 には、大浴場もあります。

このほかのホテルのデイユースは、楽天トラベルが大変便利です。

デイユースのホテルを楽天トラベルで見る

関連 【ネカフェおすすめランキング】快活クラブ、自遊空間、アプレシオ、マンボーなど徹底比較!

関連 【宿泊・リモートワーク・2人用】完全個室の鍵つき・防音型ネカフェの内部を徹底調査!

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

  1. […] 出典:トラベルジャーナ  […]

タイトルとURLをコピーしました