東京駅駅弁 とんかつまい泉はボリュームあるも…(感想・口コミ)


東京駅の駅弁屋「祭」では飽き足らない常連が使うのが地下1階の「グランスタ」。専門店が揃い、新しいものが随時追加されるのが売りです。そのなかで、とんかつまい泉は、ブランド力から人気を集めています。


旅を楽しくする記事、プロフィール

旅行やお出かけの前に疲れを取っておきたい方へ、マッサージに毎週行く筆者のおすすめ。

カラファク マッサージ、ストレッチ、安全なカイロをミックス。骨盤矯正型なので、効果が長持ちします♪ 何より、お店がきれい。1か月の研修を経た施術者は若手が多く、きれいな人やイケメンも多いのが特徴。

運営者プロフィール、プライバシーポリシー

まい泉 たっぷりロースかつ弁当(933円)の感想

まい泉 たっぷりロースかつ弁当

たっぷりロースかつ弁当(933円)。量は多いものの「とんかつ」は、良くも悪くもないという程度です。東京駅構内で、牛肉や豚肉を使ったコストパフォーマンスの高い駅弁はなかなか見つかりません。立地条件が良く、店舗使用料が高額で、ペイするのが難しいのかもしれません。

まい泉 東京駅 トンカツ

たっぷりロースかつ弁当は、肉質が悪いということは決してありませんが、肉質、衣のサクサク感、脂のサシの入り方など、際立ったポイントがないというのが正直な感想です。

まい泉のブランドを有難がる東京の人と、そうでない人で印象が割れる可能性があるでしょう。定期的にバックヤードから出来立てが入荷されますのでそれが狙い目です。

 


まい泉 ヒレかつサンド842円(6切)の感想

まい泉 ヒレカツサンド

ヒレかつサンド842円(6切)は、まい泉の定番で人気が高いものです。写真は421円の3切入りです。お弁当と同様、悪い肉ではありませんが、これだという要素がなく、冷めた時の味にひと工夫必要と感じます。しかし、有名なサンドイッチのため、特に東京出身の方には喜ばれるチョイスです。

なお、数量限定の「東京駅丸の内駅舎三階建て弁当」(972円)が出ることがあります。1つ1つは小さいですが、ひれかつサンド、かつ重、そぼろご飯の3階建て。ただし、店頭にないことの方が多いです。


まい泉とは

まい泉は、東京上野のとんかつの名店である井泉(いせん/元はせいせん)から暖簾分けされた有名ブランドです。地方ではお店が少なくまだ浸透していませんが、東京では知らない人はまずいない屋号で「東京の駅弁」らしさがあります。

東京駅・駅弁 おすすめランキング2020!【1080円】以下の安い駅弁を全実食
東京駅の安くおいしい駅弁ランキングです。東京駅構内1階の駅弁屋祭(6番線、水色の京浜東北線階段下)や地下1階グランスタの1080円以下の駅弁を実食し、安いのにおいしい東京駅駅弁をランキング化しました。筆者:旅行は年に50泊。東京駅...

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました