2021夏・ラーメン博物館人気ランキング|アクセス、料金、混雑、感染対策も掲載!

関東圏旅行ブログ とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

新横浜駅のラーメン博物館では、利尻ラーメン味楽が昨年ごろから人気を牽引していましたが、現在はどうなっているのでしょうか? 人気ランキング、おすすめ、混雑、感染対策などをレポートします。


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

とらべるじゃーな!は、穴場やずらし旅に強いサイトです。


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

左は、新潟5大ラーメンの「燕系背脂」。右は、隠れたラーメン激戦区、高崎のラーメンです。

家系・壱角家はまずい? 丸源ラーメンはまずい?

家系の有名店
吉村家(総本家)厚木家(息子)杉田家(千葉) 

ご当地ラーメンの記録

三条カレー ②燕系背脂 ③濃厚味噌 ④新潟あっさり ⑤長岡生姜醤油

静岡(沼津の家系) 埼玉(こむぎひのでや) 群馬(高崎ラーメン) 新横浜(ラーメン博物館) 都内(大島

新横浜 ラーメン博物館とは?

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ラーメン博物館は、1994年にオープンした、人気ラーメン店の集合体です。

特徴は、昭和の街並みを再現しており、そのなかに全国の人気ラーメン屋が点在していることです。

1階博物館エリアとラーメン販売
地下1階昭和の街エリア(八ちゃんラーメンは、昭和の街の一角)
地下2階ラーメン店エリア

名前の通り、博物館部分もありますが、ほとんどの人がラーメン店が目当て。博物館エリアの近くには、100種類のラーメンが手に入る、販売所もあります。


ラーメン博物館の混雑や並び、感染対策(換気)は?

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ラーメン博物館は、混雑や行列が名物でした。しかし、現在は、土日祝日の12時〜15時が混雑の中心。平日の夕方ごろは、閑散としていることもあります。

2021年7月現在の混雑状況

  • 土日祝日12時〜15時 北海道「利尻らーめん味楽」、山形「龍上海本店」が最大2時間待ち
  • 土日祝日の上記以外 待っても15分程度
  • 平日 待ち時間なし(待っても12時〜15時に、上の2店で15分程度)

写真は、平日のランチタイムです。右の「利尻らーめん味楽」、左の「龍上海本店」の短めの行列ができていました。

ラーメン博物館の感染対策

ラーメン博物館は、密閉された地下、また古いイメージから、換気が心配されます。しかし、建築基準法の規定により、床面積とそこで過ごす人の数に応じて、定められた換気設備が設置されています。


また、ラーメン博物館は、2021年1〜4月の休業中に、換気システムを更新し、約6分間で館内の空気が入れ替わる設計になりました(公式記事)。安全度が高いと言われる新幹線並みの換気頻度です。により、安心度は増しましたが、ランチタイムや土日は、できるだけ避けることが必要です。

客層はあまり良くなく、マスクなしの会話も見られる

ラーメン博物館では、大声で話す日本人が見られ、マスクを外して歩いている外国人も見られます。また「館内ではお客様に食事中以外のマスク着用をお願いしております」としていますが、ラーメン店内では、ルール違反に注意をしていない光景が見られます。(2021年7月)

できる限り、土日祝日以外、最低でもランチライム以外に訪ねるのがおすすめです。


2021年7月現在 ラーメン博物館出店一覧とおすすめランキング

2021年7月現在の、新横浜ラーメン博物館の出店は、以下の通りです。

  • 博多・薬院 「八ちゃんラーメン」  … こってりラーメン。唯一、地下1階にあります。
  • 熊本「こむらさき」 …昭和29年創業の熊本とんこつ
  • 沖縄「琉球新麺 通堂」 …  沖縄流の塩ラーメン。口あたりが良いまろやかスープと、独自のストレート麺。
  • 東京「淺草 來々軒」 … 明治43年創業。ラーメンブームの火付け役。
  • 最古参 山形「龍上海本店」 …  赤い辛味噌が特徴で、量多め。2005年開店。
  • 1番人気 北海道・利尻島「利尻らーめん味楽」 … 立ち込める昆布の香りが圧巻。

筆者のおすすめ1位は山形「龍上海本店」、2位は北海道「利尻らーめん味楽」、3位は熊本「こむらさき」です。濃さを求めるなら、龍上海か「八ちゃん」。

話題の「來々軒」は、再現は丁寧ですが、調味料が強すぎ。塩・醤油系の「來々軒」「通堂」「味楽」はいずれも、調味料が強くラーメンマニアは疑問を持つかも知れません。

「利尻らーめん味楽」は、以前なら1位をつけたかも知れませんが、感染症によるラーメン博物館全体の客足減からか、材料を落としているようです。昆布の量が明らかに減り、調味料感。現在なら、山形「龍上海本店」の方が、明らかに上です。ただ、味楽は麺が硬めでほかにないもので、以前の味と比較しなければ、まだまだおすすめです。

食べログの順位です。

食べログ、Google、ラーメンデータベースの評点です。

食べログGoogleラーメンデータベース
1位利尻らーめん味楽3.74.190
2位龍上海3.63.988
3位博多薬院 八ちゃんラーメン3.63.787
4位こむらさき3.53.685
5位淺草 來々軒3.53.383

入場料、営業時間、アクセス

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

入館380円(大人)。半年以内に2日以上訪ねる場合、6ヶ月パスがお得です。6ヶ月パスで、3回以上入場すると、有効期限が1年延長されます。

ラーメン代は、別途お店に支払います。

営業時間は、11時〜21時半(ラストオーダー)です。

ラーメン博物館へのわかりやすいアクセス
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

地下鉄新横浜駅、8番出口から徒歩1分がいちばんわかりやすいです。もし、JR新横浜駅に到着した場合、外に出て、デッキ(2階)を右斜めに進みます。

新横浜駅からアクセスする場合、駅を出て右斜め、横浜アリーナ方面に向かいます。

駅から垂直に伸びる、この道をまっすぐ進みます。

ドトール珈琲農園の交差点を左。ファミマを過ぎ、1本目右。


【ブラタモリ淡路島】全ルートをまとめ|タモリさんが淡路島の地形・歴史を探る#184


人気1位は、利尻ラーメン味楽「立ち込める昆布の香りに、みな驚く!」

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

利尻ラーメン味楽の人気メニューは、焼き醤油ラーメン(950円)です。写真はミニ(600円)。スープは、やさしくも、パンチの効いた醤油味。すっきりしつつも、深みがあります。

「和風」と「鶏がらとんこつ」のWスープですので、やさしくすっきりを和風が担当し、パンチと深みを鶏がらとんこつが担当するようです。

毎日食べられるが、1度のインパクトもあるバランスが絶妙。なお、昆布は香りはかなり立ちますが、現在は味への影響は少なく、昆布嫌いでもOKです。

スープ以上に特徴がある、縮れた歯ごたえのある麺。ゴワッとした硬さが魅力です。

本店は利尻島にあり、営業時間は2時間半しかないため、東京から片道8時間、2泊3日が必要なラーメン店であり、新横浜で気軽に食べられるのがメリットです。

味楽のメニューです。

味楽の内観

テーブルは、比較的余裕を持って配置。

カウンターもあります。

味楽のメニュー(2021年7月現在)
味が落ちた?

写真は、2020年の焼き醤油ラーメン。現在は、チャーシューの質が落とされていることが、写真からも分かります。また、昆布感が弱まり、調味料の量が増えたように感じます。

ラーメン博物館自体の人気低下に、感染症での客足減、座席数の減、酒類の提供制限もあり、材料費を落とさざるを得なくなったのかも知れません。しかし、多くの人が納得するレベルの完成度は維持できています。

以前の利尻ラーメン味楽は、接客も慣れていて提供も素早く、本店がしっかりしていることが伝わってきました。しかし、2021年にはアルバイトスタッフ?の運営になったようで、食器が長時間片付けられないなど、少し落ちている感もあります。ラーメンの盛り付け等は、丁寧に行われています。


沖縄ラーメン「琉球新麺 通堂」は、マイルドで家庭的なスープが主役のラーメン

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

沖縄ラーメン「琉球新麺 通堂」は、マイルド少しだけ甘い、不思議と家庭的なスープが特徴。

写真は、通堂うま塩ラーメン(ミニ、600円、2021年7月現在)です。

豚のげんこつは、濃いダシが出ますが、通堂では、野菜を使ってまろやかにしているようです。ラーメンスープとして完成していますが、(飲む)スープのような完成度があり、残す人が少ないのではないかと思います。(鶏がらも入っています)

麺は、あまりクセのないストレート。太さも普通、含水率も普通です。スープが主役のラーメンですので、スープをじゃましない立ち位置です。

少し油が浮きますが、野菜が絶妙にカバーし、飲み干せるラーメンです。

「琉球新麺 通堂」の内観

テーブル席は、全部で3つ。

カウンターもあります。(カウンターは、お冷の向こう側に、5席程度)

琉球新麺 通堂のメニュー(2021年7月現在)

淺草 來々軒は、日本のラーメン店の元祖「よくある昔ながらの味も、ラーメンの歴史を知りたいなら必食!」

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

明治43年に開業した「淺草 來々軒」は、日本のラーメン店の元祖と言われています。醤油味の「らうめん」が、よく知られるメニューです。

横浜に縁があったオーナー(尾崎貫一)は、横浜で出会った南京そばに興味を持ちました。匂いや脂っこさがあり、日本人受けしない面がありましたが、それを改良し浅草で提供しました。

横浜の中国人コックを起用した本格的な味は、中華料理がまだ珍しかったこともあり、大変な人気になりました。

来来軒の名前は、ラーメン店の代名詞として、小説や漫画に登場しています。

らーめん博物館にオープンした、「淺草 來々軒」のラーメン(ミニ600円)です。

元祖のラーメン店の味を再現しただけあり、日本の至るところで食べられる、昔ながらの中華そばの味です。

スープの材料は、名古屋種の親鶏と、国産の豚ガラ、煮干し、野菜類、国産丸大豆しょう。

麺は、含水率は高め(38%)で柔らかいのですが、スープをしっかり吸ってきます。その点では、現在の平均的な中華そばと少し異なる特徴かも知れません。

元祖ラーメン店の味に興味がある人なら、おすすめです。ラーメンの味だけを考えると、今となっては特別な珍しさはなく、オーソドックスな部類です。また、調味料感はそれなりにあり、無添加という訳ではありません。

淺草 來々軒のメニュー(2021年7月現在)

らうめん(930円、ミニ600円)が代表的なメニュー。手打ち麺もあります(1100円)。

今回は、機械打ちを選びましたが、麺に不満はありませんでした。

淺草 來々軒の内観

店内は清潔。ベテランのスタッフが厨房におり、若手1人、フロア1人を監督しますので、安定感があります。

テーブル席は、向かい合わせはパーテーションがある形です。


博多・薬院 「八ちゃんラーメン」

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

博多・薬院 「八ちゃんラーメン」は、博多で人気のとんこつラーメンで、食べログ5000名店にも選ばれています。

ラーメン(770円、2021年7月現在)が、メインのメニューです。写真はミニ(600円)。

ドロドロの濃いラーメンのように見えますが、くさみも少なく、スッキリした味。とんこつの処理がしっかりされた、良いラーメンです。

ネギがスープにぴったり合い、色の濃いスープに隠れているチャーシューも問題なし。

麺は、とんこつラーメンらしい、硬めの低加水ストレートです。歯ごたえもOK。

ただ、首都圏でもおいしいとんこつラーメンは食べられるようになっており、良い店を知っている方には、驚きは少ないかも知れません。コショウをたっぷり効かせるのが特徴で、確かによく合いますが、コショウの印象が強くなってしまう面もあります。

博多の本店では、もっとおいしいのだと思われ、ここは入門編と考えるとよいでしょう。

八ちゃんラーメンのメニュー(2021年7月現在)
八ちゃんラーメンの内観

右の柱の影に、テーブルが2席あります。

店内は清潔で、店員の動きも良いです。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

左は、新潟5大ラーメンの「燕系背脂」。右は、隠れたラーメン激戦区、高崎のラーメンです。

家系・壱角家はまずい? 丸源ラーメンはまずい?

家系の有名店
吉村家(総本家)厚木家(息子)杉田家(千葉) 

ご当地ラーメンの記録

三条カレー ②燕系背脂 ③濃厚味噌 ④新潟あっさり ⑤長岡生姜醤油

静岡(沼津の家系) 埼玉(こむぎひのでや) 群馬(高崎ラーメン) 新横浜(ラーメン博物館) 都内(大島

コメント

タイトルとURLをコピーしました