神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)に宿泊した口コミレポート

更新日:

このブログ記事では、熱川温泉のふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)に宿泊した口コミレポートを掲載します。 部屋数は20ほどに絞られ、夕食・朝食とも丁寧。海が見える露天風呂を含む6つのお風呂が貸切自由です!

熱川温泉は、温泉やぐらが特徴

熱川温泉

熱川温泉は、熱海や伊東を除けば、伊豆半島でもっとも温泉地らしさがあります。湯気を上げる温泉やぐらが特徴。海水浴場もありますが、源泉の温度が高く、冬にもおすすめ。2月の中下旬ごろには、駅前で河津桜が迎えてくれます。

ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)

ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)

ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)は、海に面していませんが、部屋からは海は見えます。目の前には、温泉地らしく小川。ロケーション的にやや不利な分、貸切の露天風呂や料理が充実しています。

ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)

フロントそばには、バーカウンターと休憩スペース。小さな神社があり、絵馬やおみくじも準備されています。

ふたりの湯宿 湯花満開の部屋

ふたりの湯宿 湯花満開の部屋

ふたりの湯宿 湯花満開の部屋です。お風呂付きの部屋のため、多少広さなどが異なる可能性があります。

お着きの菓子は、銘柄を確認し忘れてしまいましたが、伊豆の名旅館でよく出てくる桜しぐれ。ハイレベルです。

広縁からは、目の前に小川、斜めに海が見えます。

ふたりの湯宿 湯花満開の部屋です。お風呂付きの部屋

お風呂付きの部屋の湯舟です。岩風呂でお湯はたっぷり入ります!

源泉かけ流しで、新鮮なお湯が24時間自由に楽しめます。お湯は、給湯口にうっすらと湯の花がつくくらい。肌の弱い人でも大丈夫ですが、長湯をすると肌がかゆくなります。無色透明ですが、お湯はぬめりがあり、良い温泉だと感じます。

(口コミ)お風呂は部屋によって異なります。ついていない部屋もあります。

ふたりの湯宿 湯花満開の夕食

夕食(メイン料理チョイス<伊勢海老or鮑>季節の鍋物付コース)のスタート時です。2名に1匹、大きな金目鯛! ふたがしてある鍋には、アワビが入っています! ふたのない鍋は、豚肉の鍋。

前菜はかなり凝っています。大旅館にはない味わいです。なお、写真は部屋食ですが、広間食のプランもあります。

金目鯛(2名に1匹)は、肉厚! 金目鯛はやや甘口の味つけ。

メイン料理チョイス<伊勢海老or鮑>季節の鍋物付コースの鮑(アワビ)です。身の硬さがちょうどよく、鮑をよく選んでいるようです。ふたりの湯宿 湯花満開の部屋は、約20部屋の旅館ですので、料理はいくつかコースがあり、しっかり作りこんである印象です。

メイン料理チョイス<伊勢海老or鮑>季節の鍋物付コースの伊勢海老です。丁寧な作業が目を引きます。

季節の鍋物は、シンプルな豚肉のお鍋でした。コース全体に、量が多過ぎず今風のもてなしです。

評価したいのは、お飲み物はどうされますか?との声が一切かからないこと。メニューも部屋のパンフレットに組み込まれているので、テーブルに置かれることはありません。伊豆ではおなじみのニューサマーオレンジを使ったサイダーは、甘さ控え目でおすすめです。

(口コミ)料理にはいくつものパターンがあります。広間食の口コミ。

ふたりの湯宿 湯花満開のお酒や別注メニュー

ふたりの湯宿 湯花満開では、お酒や飲み物は幅広く用意されています。

別注料理も豊富ですので、お風呂がない部屋にして、料理にお金をかけるのも良さそうです。

ふたりの湯宿 湯花満開の貸切風呂

ふたりの湯宿 湯花満開の貸切風呂

ふたりの湯宿 湯花満開には、貸切のお風呂が6つもあります。入口にカギをかける形式で、空いていれば入り放題。写真は、海が見える露天風呂です。

5人程度は入れますが、1人でも2人でも完全貸切です!

湯の花の成分がびっしりついた蛇口。このほか、5つのお風呂の写真は、姉妹サイトにアップしました。

最近見かける「大浴場なし」の温泉旅館ってどういうこと?  熱川温泉・湯花満開がリニューアル

ふたりの湯宿 湯花満開の朝食

ふたりの湯宿 湯花満開の朝食

ふたりの湯宿 湯花満開の朝食です。海老でダシをとったみそ汁は、鍋で温めて食べます。意外なところでは、サラダがおすすめ。丁寧に氷水に通したのか、野菜がシャキシャキです。

伊豆らしい、干物もつきます。

【まとめ】ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)に宿泊の口コミレポート

ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)

以上、ふたりの湯宿 湯花満開(旧熱川一柳閣)に宿泊の口コミレポートでした。古い建物を改装した旅館ですが、内部は完全リニューアルされており古さはありません。

中規模である分、料理が丁寧です。空いていれば自由に貸切にできる6つのお風呂が魅力。3つの露天風呂だけでなく、3つの内風呂も趣向が凝らされています。

お風呂の写真は、姉妹サイトにアップしました。

最近見かける「大浴場なし」の温泉旅館ってどういうこと?  熱川温泉・湯花満開がリニューアル

関連記事

【個人で現地取材】南伊豆おすすめ観光スポットランキング書いた!

【個人で取材】稲取の観光・ランチ・日帰り温泉ランキングを書きました!

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.