東京(関東)から一番近いスガキヤ【旅行記2店】 - トラベルジャーナ

東京(関東)から一番近いスガキヤ【旅行記2店】


トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

名古屋の人気ラーメンにして、東京では食べられないスガキヤ! 関東(首都圏)からは、近くても富士宮市、伊豆の国市、富士市に行かなければ食べらません。今回は、うち2ルートを紹介します!

内容はもくじから。

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


【ルート1】高速バス、クルマ派なら富士宮へ!

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

まずは、東京駅の八重洲口高速バス乗り場へ。八重洲口は、新幹線ホームに近い側です。

バスタ新宿と違い、東京駅の高速バスは外で待つイメージがありますが、よく探すと、コンビニ、おにぎり屋、待合室があります。コインロッカーもあるので、金曜日の仕事の後の出発も可能です。

富士宮行きの高速バスです。片道2400円です(事前にネット購入すると最大400円割引)。

富士宮まで約2時間半!

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

富士宮まで、約2時間半。すがきやは、名古屋メシですので、おやつには、名古屋のクッピーラムネを準備しました。クッピーラムネは、柔らかめの食感で、おすすめです。

足柄サービスエリアで休憩となります。(取材時)

富士ミルクランドで、1番人気のあさぎりミルク(370円)。牧場のしぼりたて生乳から、そのまま作った感じの味です。

富士宮駅に到着!

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

富士山のふもと、富士宮駅に到着! バス乗り場から、駅の反対側にイオンが見えますので、確認しておきます。

f:id:travel_jarna:20170803184036j:plain

徒歩数分で、イオンに到着。今回、天候はずっと曇りのため、晴れていた日の写真をのせておきます。

イオンの前の横断歩道では、歩行者がいると、ほとんどのクルマが止まってくれます。東京と異なる点です。

イオン富士宮店

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

イオン富士宮店の1階では、焼きそばの種類が豊富! 富士宮焼きそばファンには、見逃せません。このほか、お土産コーナーも充実(写真)。

スガキヤは、2階のフードコートあります。


スガキヤ富士宮店!!

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

いよいよ到着! 2階のフードコートの赤い看板が、スガキヤです。

ラーメンは320円! 今回は遠征ですので、全部のせにあたる、特製ラーメン450円を注文しました☆

生めんを茹でるところから、調理してくれます。

スガキヤ名物の、先割れスプーンもあります。もう1つの名物、ラーメン用のコショウは、店頭でも販売しています。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

スガキヤ、特製ラーメン(450円)です!

スガキヤは、甘口の和風とんこつ。なぜ人気があるのか、多くの人がはっきり答えられないのですが、ダシのベースが、名古屋の味噌汁のダシに似ているからではないかと思います。

ジャンクなとんこつなのに、どこか懐かしい味。麺も少し柔らかめで、優しい味。東海地区では、中高生からシニアまで、幅広く好まれています。


富士宮で寄りたい観光スポット

富士山本宮浅間大社ふじさんほんぐうせんげんたいしゃは、富士宮駅から徒歩で行けます/^o^\ イオン富士宮店からは、駅を挟んで反対側、徒歩10分強です。

ブラタモリ富士山編でも、訪問されています。

富士山本宮浅間大社の前には、富士宮やきそばのお店があります。屋台形式ですが、やきそば学会直営のお店です。

時間があれば、路線バスで白糸の滝(写真)を訪ねることもできます。

帰りは、JR身延線を利用すると、変化を楽しめます。


【ルート2】 電車派なら大仁店(伊豆の国市)へ

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

電車派なら、まず三島駅へ。新幹線なら、東京から約50分(4070円)。各駅停車なら1時間50分です(2310円)。

三島駅のホームからは、晩秋から初春にかけて富士山が見えます。写真は9月10日で、そろそろ見え始めてきた頃です。

目的地の大仁おおひと駅は、三島駅から伊豆箱根鉄道で約30分。修善寺の2つ手前の駅です。

伊豆箱根鉄道では、ラブライブ!のラッピング列車や、西武線のお下がり(写真)が走っています。なお、特急踊り子号がきた場合は、伊豆箱根線内は、特急料金はかかりません。

伊豆箱根鉄道は、左右の景色にあまり差がありませんが、韮山→伊豆長岡の(修善寺に向かって)右側がおすすめです。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

大仁駅の手前では、右側に写真の山が見えます。筆者は勝手に「アピタ山」と呼んでいる、中伊豆の修善寺以北としてはおもしろい形の山です。ふもとに見えるアピタ(ショッピングセンター)が、今回の目的地です。


大仁駅に到着 かき氷店や長嶋監督の練習地がある

大仁駅に到着です。

大仁駅前です。逆側に「アピタ山」が見えていますので、線路を渡って反対に向かいます。

時間があれば、駅を背に、少し歩くのもおすすめ。駅前に、足湯と大仁をキャンプ地にした、巨人の長嶋元監督の説明があります。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

時間がない場合、自転車置き場とレンガ色の建物の間の道を入ると、近道です。(写真

駅を背に左斜めに歩くと、ふかせというかき氷の有名店があります。地元の人なら間違いなく推す店で、自分も何度も勧められました。2020年は、密対策で休業となっていました。

ふかせのある坂は、長嶋監督が走り込みをした場所で、案内図があります。この坂を登ると、長嶋監督が宿泊した、伊東園大仁ホテルがあります。


アピタ山へ

線路の逆側に出ると、「アピタ山」が見えます。思わず高架の道路へ歩いてしまいますが、この道は、アピタとつながっていません。

アピタに到着です。アピタは、東海地方のショッピングセンターなので、スガキヤ訪問にふさわしい場所です。

スガキヤへ!!

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

アピタの2階に小さなフードコートがあり、スガキヤがあります。このフードコートは、専属スタッフが机の消毒に何度も回り、どのフードコートよりも安心です。

メニューはラーメン(330円)など。ほかに、セットメニューや、ソフトクリームがあります。

ラーメン(330円)です! 味は、公称「和風とんこつ」。人気の秘密は分かっていませんが、筆者は、名古屋地区の味噌汁に使われる、濃いめの魚介ダシがポイントだと思っています。塩味、甘みが強いですが、ベースは、おふくろの味です。

スガキヤ独自の、先割れスプーンも健在。麺は、柔らかめで、やさしい味です。

あんみつです。ソフトクリームが自然な味。安っぽさがない味です。

帰還!

大仁駅から三島へ帰還します。時間があれば、逆方向の修善寺へ。

同時に回りたい観光地

大仁から南へ2駅の修善寺は、修禅寺、竹林の小径が見どころです。見どころは少なく時間はかかりませんが、修善寺駅からバス移動となります。

三島へ戻る途中、伊豆長岡駅からバス(土日祝日のみ)で向かう韮山反射炉は、地味なイメージに反して、インスタ映えする場所。歴史もしっかり学べる上に、落ち着いたレストランもあります。

天気が良ければ、伊豆長岡駅からバスで向かう、富士見テラスへ。ロープウェイで登ります。コツは、事前にライブカメラで、富士山の見え方を確認しておくこと。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

いっそのこと泊まってしまおうというなら、大仁にある伊東園がおすすめです。

伊東園は、各地の古いグランドホテルをリノベーションした、格安ホテルチェーンですが、大仁の施設は別格。温泉、庭園がかなり良く、長嶋監督が客室内で打撃練習し、球が当たった傷がある離れもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました