神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

石廊崎灯台のアクセスが大改善! 徒歩5分になりました【2019年】

投稿日:


2019年に石廊崎灯台への最短ルート、石廊崎オーシャンパークが整備され、徒歩で25分かかっていたアクセスが、5分に短縮! 石廊崎灯台の魅力が見直されること必至です。


関連記事:【現地取材ブログ】南伊豆おすすめ観光スポットランキングの自信作です!

2019年石廊崎へのアクセスが大改善!
  • 石廊崎は、かつては南伊豆1強でしたが、竜宮窟、ユウスゲ公園に追い越され、訪問者が減っていました。
  • その一因は、石廊崎港口バス停から上り坂を徒歩25分もかかっていたこと。
  • 2019年、徒歩5分の場所に石廊崎オーシャンパークがオープンし、路線バス、クルマでアプローチできます。
バブル人気の竜宮窟より、石廊崎?

石廊崎へ徒歩25分が5分に短縮!

石廊崎へ徒歩25分が5分に短縮!
  • 以前:石廊崎港口バス停から徒歩25分。駐車場からでも徒歩20分かかっており、景観の割に人気が低下していた。
  • 2019年:石廊崎オーシャンパークがオープン。バス停ができ、駐車場(500円)も完備。

伊豆急下田駅から電車でのアクセス

伊豆急下田駅からバスでのアクセス例です。バスは1時間に1本。旅行時には時刻をお調べください(2019年8月現在の時刻)。

⇒電車(🚄) →バス(🚌) …徒歩 =車(🚙)
・伊豆急下田駅4番乗り場(9:00)🚌→(9:43)石廊崎オーシャンパーク…(5分)…石廊崎灯台
(注)石廊崎の夕日を見たい場合、終バスは16:50発となりますので、レンタカーが必要です。

南伊豆3大景観のあいあい岬(ゆうすげ公園)への移動例です。バスはかなり少ないです。時刻を太字にしたバスで回るのが最適です。

⇒電車(🚄) →バス(🚌) …徒歩 =車(🚙)
・石廊崎オーシャンパーク(9:43、10:43.13:18)🚌(乗車5分)→あいあい岬…(5分)…ゆうすげ公園
・[帰り]あいあい岬(10:10、11:18)🚌→石廊崎上・乗り換え🚌→(44分)→伊豆急下田駅

(注)あいあい岬から下田方面へ向かうバスは午前中のみ。午後になる場合は、石廊崎上バス停まで20分歩きますが、終バスは16:51発となります。したがって、ゆうすげ公園の夕日を見る場合は、レンタカーが必要です。


伊豆急下田駅からクルマ・レンタカーでのアクセス

⇒電車(🚄) →バス(🚌) …徒歩 =車(🚙)
伊豆急下田駅🚙=(約30分)=石廊崎オーシャンパーク…(5分)…石廊崎灯台
※途中、竜宮窟に寄ることもできます(多牛入口交差点左折)。竜宮窟から、石廊崎へ向かう場合、カーナビは最短経路を示しますが、すれ違いができない生活道路を通りますので、多牛入口交差点に戻った方がスムーズです。
※途中、弓ヶ浜海岸に寄ることもできます(弓ヶ浜温泉を示す大きな看板左)。

多くの人が左折してしまう石廊崎灯台への看板。このルートは、遊覧船乗車の場合以外、役割を終えていますが、観光産業に配慮してか変更はなし。

このトンネルを直進します(伊豆急下田駅駅から向かっている場合)。

石廊崎オーシャンパークの看板を左折(伊豆急下田駅駅から向かっている場合)。石廊崎灯台とは大きく表示されていませんが、間違いはありません。

1分足らずで、石廊崎オーシャンパークに到着。駐車料金は500円です。写真左すみに、石廊崎灯台が写っています。


石廊崎オーシャンパークの様子

石廊崎オーシャンパークの様子

石廊崎オーシャンパークの様子です。食事、土産、観光案内があります。石廊崎灯台はすでに小さく見えており、徒歩5分です。

ソフトクリームがおすすめ。普通のものより品質が良く、地元産の塩を振りかけてくれます。


石廊崎灯台への道

石廊崎灯台への道は、ゆるやかな登り下りがあるだけで、徒歩5分。足腰が悪い人や電動車いすでもアクセスは可能かと思います。


石廊崎灯台の絶景

石廊崎灯台の人気低下の理由は、竜宮窟、あいあい岬(=ゆうすげ公園)の台頭が大きいのですが、上のショットが各種サイトに掲載されているのも要因かも知れません。確かに、石廊崎の特徴が分かる写真ですが、インスタ映えなら竜宮窟、あいあい岬(=ゆうすげ公園)というイメージが広がっています。

石廊崎灯台の絶景

実際の石廊崎灯台は、目を見張る絶景です。ゆうすげの花が咲くシーズン(7~8月)のあいあい岬(=ゆうすげ公園)には及ばないかも知れませんが、人が殺到する竜宮窟から見た海と比べれば、断然石廊崎灯台です。

最果て感とパワースポットは石廊崎だけ

石廊崎灯台の絶景

最果て感なら、石廊崎灯台が一番で、行き交う船が多くみられるのも特徴です。石廊崎沖は、航路上多くの船が集まります。

神社が2つありパワースポットとも言えますが、かつては新婚旅行のメッカだったほどの人気のためあまり工夫がなく、インスタ映えの竜宮窟、情報発信が熱心なヒリゾ浜に逆転されているのが最近の状況です。しかし、逆に言えば、絶景を独占できるのが石廊崎の特徴でです。

関連記事:【現地取材ブログ】南伊豆おすすめ観光スポットランキングの自信作です!

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.