神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

北鎌倉・明月院のあじさい 混雑・行列回避は閉門前を狙え


鎌倉のあじさいの3大名所の1つである北鎌倉の明月院。混雑・行列が激しく、平日の開門前でも100人の行列ができるほどです。狙いはズバリ閉門前、あるいは前泊して早朝に並ぶ作戦です。


北鎌倉・明月院のあじさいの混雑状況

鎌倉あじさいの3大名所 ①明月院 ②長谷寺 ③成就院(工事中)
明月院の2大名所 ①丸窓 ②鎌倉石の石段
明月院のアクセス 北鎌倉駅徒歩10分(案内表示多数)
明月院の開門時間(6月) 8:30〜17:00
明月院のあじさいの見頃(2018年) 6月第1~第3週
明月院のあじさいの見頃(例年) 6月第2~第4週

北鎌倉・明月院のあじさいの2大名所の1つ、鎌倉石の石段です(筆者撮影)。上のような写真がネットにはありますし、多くの人が撮影したいと思うものです。

しかし、実際に撮影できるのは上のような人ごみの写真。どのようにしたら、あじさいの季節の明月院の混雑は回避できるのでしょうか?


北鎌倉・明月院のあじさいは閉門前が混雑軽め

写真は、6月1日(金)16時40分現在の明月院の正門です。閉門20分前のため、右手の出口から帰る人は多くいますが、入ってゆく人はほとんどいません。

結論から言うと、明月院のあじさいの混雑・行列を回避するためには、下の2パターンがおすすめです。

混雑回避のパターン 時間帯
①閉門前 16:30頃到着する
②開門前 前泊し7:00には並びたい
【参考】明月院の拝観時間(6月) 8:30〜17:00

なぜ閉門前は狙い目なのか:明月院のあじさい鑑賞

明月院では、閉門直前なら……。

ほんの少し待てば、人のいない写真を撮影することが可能です!

明月院のあじさい鑑賞で、混雑・行列を回避するなら、1つ目の狙いは閉門前です。閉門前に人が一気に減る理由は、2つあります。

  • 明月院での所要時間をイメージできない人が多く、早め早めに訪ねる人が多い(所要時間は、通常20分間、混雑時でも40分間です)。
  • 混雑回避は開門前というイメージが強い。また、プロの写真家は、朝のあじさいにこだわる人も多い。

このような理由から、明月院では閉門直前が、混雑回避のねらい目の時間になります。もう1つ、あまり大きな声では言えませんが、明月院はあじさいの撮影者に非常に親切で、16時15分の完全閉門までは、撮影を許してくれる雰囲気があります。

そのため、以下のような時刻が、混雑・行列回避のためには狙い目となります。

平日 16:20頃到着。実質30分程度の滞在が可能。
土日 16:30頃到着。実質40分程度の滞在が可能。

明月院の2大名所の1つ、鎌倉石の石段は、閉門まぎわには登り降りする人が少なくなり、撮影チャンスは大きくなります。石段の一番下に人だかりができますので、順番を待ち、しゃがんで見上げる角度で撮影するのがコツです。

できれば、手前にピントを合わせ、奥をぼかす構図も撮影しましょう。プロのような、インスタ映えする写真となります。

一眼レフまでは必要ないという方には、コンデジがおすすめです。次の記事をご覧ください。

明月院のもう1つの名所が丸窓。敷地奥の本堂のそばにあり、並んでいる人がいるのですぐに分かります。行列は、平日の閉門間際は20名ほどですが、土日はより混雑が見込まれます。閉門時刻(6月)の17時の5分前になると、まもなく丸窓が閉まるのでお急ぎくださいとのアナウンスがあります。

閉門ぎりぎりの時刻が狙い目です(大きな声では言えませんが、17時5分頃までは空いているようです)。

開門前の狙い方、寺院内マップ:明月院のあじさい鑑賞

明月院には、平日でも開門前に100名以上が並ぶことがあります。

明月院の開門時間(6月) 8:30〜17:00

2018年6月3日(日)の行列・混雑状況

  • 明月院 朝8時30分ごろ、行列最後尾は、徒歩10分かかる北鎌倉駅。
  • 長谷寺 朝9時ごろ、75分待ち。

情報から、平日でも朝8時前、土日は朝7時ごろには並びたいです。

もし、行列の先頭付近に並べた場合は、最大のポイントは、鎌倉石の石段を人がいないうちに撮影できるかです。通常、拝観口で入場料を支払うことになりますので、入場料を支払った後、拝観口を入って右、左と歩くことがポイントです。

  • ×拝観口を入ってまっすぐ … 桂橋という木の橋を渡り、石段には行けない。
  • 〇拝観口を入って右、左と移動 … 鎌倉石の石段(総門へ上る石段)の下に出る。

石段は、人が登り始めると、風景としてはかなり落ちますので、人が歩き始めないうちに撮影を済ませます。ポイントは、階段の1番下の手前にしゃがみ、①通常のショットと、②手前のあじさいにピントを合わせ奥をぼかしたショットを撮影することです。


丸窓の撮影のポイント:明月院のあじさい鑑賞

丸窓の撮影場所は、上の地図の印です。丸窓撮影は、順番制ですので、人に邪魔されることはありませんが、本堂裏の後庭園を公開している場合は、人影が写ってしまうことがあります。

丸窓は、通常はアップのショットが多いようです。丸窓を、アングルの真ん中より少し上に置くことがポイントです。アップでは、裏庭園のあじさいが見えます。

手前の屏風(びょうぶ)を入れる撮影もできます。アングルの真ん中の少し上に丸窓を置くと、落ち着きが出ます。

16:9(ワイドスクリーン)なら、手前の障子を入れても良いでしょう。

以上、北鎌倉・明月院のあじさい 混雑・行列回避は閉門前を狙え、でした。

姉妹サイトに撮影例があります。

 

北鎌倉駅周辺には、民家のカフェ、高級ランチ(ディナー)店、予約制ランチ店しかありません。ランチ(夕食)は、鎌倉駅への移動がおすすめです。あまり混雑せず、写真の整理がしやすい穴場は、駅前のあしなやです。

 

明月院の開門前を狙い、前泊する場合、鎌倉にはホテルや旅館が少なく、驚くと思います。日帰り観光地化しているのです。鎌倉周辺での宿泊は、個室仕様が多いゲストハウスが狙い目です。

 

夏に備えて

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)