神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

【現地取材】鎌倉・小町通り 食べ歩きのおすすめランキング

更新日:


鎌倉・小町通り周辺は、食べ歩きに人気があります。しかし、小町通りは、場所が良いだけで売れてしまう食べ歩き店も。この記事では、食べる価値があるお店だけを、辛口評価で紹介します。


(結論)鎌倉小町通り、食べ歩きおすすめズバリ3店

10回にわたる鎌倉・小町通りでの現地取材を通じ、いつも混雑しており、味も問題ない食べ歩き店は3つ。迷う場合は以下の3店を押さえましょう。

  • だんごの夢見屋
  • ソフトクリームの鎌倉茶々
  • クレープのコクリコ

夢見屋では、カラフルなあんが乗った180円のだんごがメインです。一見、邪道のようにも見えますが、だんごはもちもちの正統派。お腹にたまるわけではなく、何店か回りたい旅行客のニーズをつかんでいます。修学旅行生から20代の支持が強いようです。

鎌倉茶々では、抹茶のジェラートやソフトクリームを500円前後で提供。甘さはかなり控えめ。大人の女性がターゲットのようです。現在は左隣の店舗を買い取り、イートインスペースとなっています。

2018年4月に新装開店したクレープのコクリコも、安定した人気のお店です。シンプルで家庭的なクレープが中心で、最も人気があるのはレモンシュガー味(300円)ですが、甘さ控えめで大人向け。修学旅行生は、500円のクリーム系がおすすめです。


旅行や外出の前に、旅行先でのヘアスタイル維持はブラシとシャンプー選びでほぼ決まるをお読みください。

鎌倉食べ歩き1位 夢見屋(180円のだんご)

夢見屋は、小町通りを入って徒歩3分(小町通りは全長7分)。左側にあります。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(立ち食いカウンターが5人分程度あり)
  • 店員さん △(いかにもアルバイトで、忙しそう……)

鎌倉小町通のだんご店、夢見屋の1番人気は、2017年に発売されたばかりの4色だんご(250円)です。値段は割高ですが、抹茶・栗・ずんだ・さくらの人気4種(単品各180円)を1度に試すことができ、インスタ映えすることも人気の秘密です。

夢見屋のその他のおもなメニューは、以下の通り。

  • みたらし ¥120 … だんごの味がわかる定番
  • 草団子 ¥160  … だんごの味がわかる定番
  • はちみつレモン餡 ¥180  … 店員さんおすすめ
  • さくら餡 ¥180 … 店員さんおすすめ
  • 抹茶庵 ¥180

フルーツ系は、季節限定になります(おもなメニュー)。

  • いちご餡(冬季限定)¥200
  • あんず餡(夏季限定)¥180

1番人気の4色だんご(250円)は、抹茶・栗・ずんだ・さくらの人気4種。

夢見屋のあんは、香料が強いため、味にうるさい年齢が高めの評価は低めで、食べログの点数も伸びていません。しかし、もちもち感のつよい弾力のあるだんごは、意外にも正統派で、みたらしを頼めばその実力は歴然です。また、香料を使わなければ、いまの価格は維持できないでしょう。

ライバルの鎌倉茶々(ソフトクリーム)は、甘さをかなり抑えてあり、大人向けです。一見、修学旅行生狙いの邪道にも見える夢見屋は、みたらし120円という値段から、相場が高い小町通りとしては、かなり良心的です。修学旅行生から大人の女性まで、幅広い層におすすめできます。

【新店】鎌倉食べ歩き2位 豊島屋洋菓子舗 置石(300円のパンソフト)

豊島屋洋菓子舗 置石は、小町通りからほんの少し外れますが、2分ほどで行けます。小町通りに入って徒歩1分、1つ目の交差点(ずんだもちの居鎌倉が目印)を右に行き、若宮大路を渡ってすぐです。

店名からわかるように、鳩サブレーでおなじみの豊島屋の洋菓子バージョンです。2階はカフェ。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(座れるベンチが8人分程度あり)
  • 店員さん 〇(丁寧)

豊島屋洋菓子舗置石のパンソフト(300円)です。パンは店内で焼いているため、なくなり次第終了です。

パンは素朴な奇をてらわないもの。ソフトクリームは、よくあるものより少し濃く、硬さがあり崩れにくいのが特徴です。写真撮影をしたあと食べ歩きをしても、溶けて手を汚してしまうことのない工夫があります。豊島屋らしく、標準的な素材を高級感のあるお店で販売するというスタイルです。まだあまり知られていないため、インスタでの注目度は高そうです。

売り切れの場合、あの人気のお菓子をまぶした、置石ミックスソフトクリーム(380円)がおすすめです。まぶしただけでなく、中にも混ぜ込むこだわりがあります。

鎌倉食べ歩き3位 鎌倉茶々(600円の抹茶ソフト)

鎌倉茶々は、抹茶の専門店。小町通りを入って徒歩6分(全長は徒歩7分)。小町通りの終点に近い場所ですが、いつも人が集まっています。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(隣の店舗を買い取り、簡易的なイートインスペースが新たに誕生しました)
  • 店員さん 〇(ベテラン女性と女性アルバイト。丁寧で雰囲気が良いです)

人気を聞きつけ、修学旅行生も多く集まっていますが、甘さはかなり控えめで、どちらかというと、大人向けのお店です。

鎌倉茶々の2大人気メニューは、以下の通りです。

  • 抹茶っ茶ソフトクリームプレミアム(600円)=写真
  • 抹茶っ茶ジェラート LEVEL MAX(600円)

お店のサイトでは、ジェラートが1番人気とありますが、最近はソフトクリームの売り上げが上回る日も多いそうです。写真は抹茶っ茶ソフトクリームプレミアムで、抹茶の粉がたくさんかかっています。甘さ控えめに加え、コーンもカリッと薄めで、カロリーが気になる方にもおすすめです。

甘さを抑えるのは時代の流れで評価できるものの、肝心のお茶感が薄いことが課題。

鎌倉食べ歩き4位 コクリコ(350円のクレープ)

コクリコは、クレープの伝統店。小町通りを入って徒歩5分(全長は徒歩7分)右手側です。2018年4月に改装が終わり新たに開店しました。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(お店の奥に簡易的なイートインスペースがあります)
  • 店員さん …(食券制ですのであまり接点はありません)

コクリコでは、食券を渡すと目の前でクレープを焼いてくれます。写真は人気メニューのレモンシュガー(350円)を作っているところです。レモンは果実をそのまま絞り、グラニュー糖をかけてくれます。原宿などのあま~いクレープとは異なる、家庭的な自然派のクレープです。修学旅行生は、生クリーム系のチョイスがおすすめです。

 

[データ]食べログの点数

  • 夢見屋 3 .26点 … 香料が強いため、年齢が高い食べログユーザーの支持は弱い。
  • 豊島屋洋菓子舗 置石 … 3.54点
  • 鎌倉茶々  3 .53点
  • コクリコ 3 .53点

【穴場】鎌倉食べ歩き5位 わっふる21(280円のワッフル)

わっふる21は、小町通りからほんの少し外れますが、2分ほどで行けます。小町通りに入って徒歩4分、人気お土産店まめやを右に曲がり、大通り(若宮大路)を左。バス停前のビルの2階です。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(座れるベンチが8人分程度あり)
  • 店員さん 〇(ご主人が味の違いを丁寧に教えてくれます)

わっふる21は、鎌倉で20年の歴史があり、場所が悪く埋もれがち。知っている地元の人や、ガイドブックを丹念に読みこんだ修学旅行生が訪ねてきます。

写真は、フレッシュクリーム(280円)です。サイズは小さめですが、手作りのクリームがたっぷりつまり、素朴で忘れられない味です。材料の良さが感じられます。

おすすめは、以下の3メニュー。

  • カスタードクリーム(280円) … 定番
  • フレッシュクリーム(280円) … カスタードに生クリームを加えてまろやか。
  • ラムレーズンフレッシュクリーム(280円) … フレッシュクリームに、レーズンとラム酒を加えたもの。

関連記事

 

鎌倉食べ歩き6位 はんなりいなり(250円の棒いなり)

いなり寿司のはんなりいなりは、小町通りを入って徒歩2分、右側にあります。店舗形式でなく、ほかのお店の前を借りた、屋台形式。2階には、系列の食事処があります(海鮮丼など)。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン ×
  • 店員さん 〇(大人しい人。買って買ってとプレッシャーがなく選びやすい)

小町通りの人気店、せんべいの壱番屋と漬け物の味くらのすぐ手前の、分かりやすい場所です。

はんなりいなり棒・しらす(250円)です。メニューは3種類のみ。

  • はんなりいなり棒・しらす(250円) … お店のおすすめ
  • はんなりいなり棒・ごぼう(250円)
  • しらすの卵焼き(250円)

写真を見て分かるように、ご飯にのりを巻いて、さらにいなりで包んだ丁寧ないなり寿司で、しらすやごまもたっぷり入り、食感も良好。やや割高感はありますが、試してみても良いでしょう。

甘くなく、肉も小麦粉も使わないため、修学旅行生の人気はありませんが、コンスタントにお客が訪れ、根強い人気があります。

鎌倉食べ歩き7位 いとこ(200円のきんつば)

写真:長谷本店。小町通り店でも手焼きです。

きんつばのいとこは、小町通りを入って徒歩2分、右側にあります。人気店のせんべいの壱番屋や漬け物の味くらの少し手前です。甘さを抑えて小ぶり。値段も適正より高いため、大人向けです。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(7席くらい)
  • 店員さん 〇(ベテランが多い)

主なメニュー

  • かぼちゃきんつば(200円)
  • 小倉きんつば(200円)
  • 安納芋きんつば(200円)
  • 白チョコきんつば(200円)
  • 柚子レモンきんつば(200円)

鎌倉いとこのきんつばは、素朴で甘さが抑えられ、かなり小ぶり。食べ歩きや夕食のことも考えるとたくさん食べられない、シニアがターゲットと思われます。選ぶなら、いとこの原点となったかぼちゃきんつばが、おすすめです。

実演販売ですが、焼いているのは職人さんではなく、溶いた粉をつけて鉄板にのせるだけ。鎌倉五郎の麦田もちなどは、粉をまぶすだけですので、それよりは良いですが、商売上手を感じてしまいます。割高なことを除けば、素朴で良いお菓子ではあります。いとこは、まんがにも登場しました。

鎌倉食べ歩き8位 源 吉兆庵(140円の鎌倉せんべい)

源 吉兆庵は、小町通りを入って徒歩2分、右側にあります。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン 〇(6席くらい)
  • 店員さん 〇(丁寧。ベテランが多い)

源 吉兆庵は、鎌倉・小町通りにある高級和菓子店です。地元のお金持ちが、そろって指名するお店で、凝った和菓子の技術は、相当のレベルです。

その源 吉兆庵には、140円の鎌倉せんべいがあり、1つから販売しています。せんべいと言っても、固いビスケットの食感で、なかは普通のクリーム。実演販売でないので、食べ歩きのイメージはありませんが、安いため手軽に楽しめます。

源 吉兆庵(小町通り店)は、店内に数人用のベンチが3つあります。ここで食べることも可能で、混雑していなければ、お茶が出てきます。140円で座ってお茶つきというのは、ここしかありません。高級店のため、混雑もほどほど。

鎌倉食べ歩き9位 鎌倉壱番屋(50円の手焼きせんべい)

鎌倉壱番屋は、小町通りを入って徒歩3分、左側角地にあります。

  • 食べ歩き 〇
  • イートイン ×
  • 店員さん △(忙しそう……)

鎌倉壱番屋では、50円の手焼きせんべいが人目を引きます。土日祝日はどんどん焼き、平日は表示された時間に焼いています。焼きたてで、醤油の良い香りは感じますが、せんべい自体の味は意外に平凡。

鎌倉壱番屋は、修学旅行生でも大量に買える安いお土産店ですので、素材よりは、雰囲気を楽しむお店でしょう。いくつも食べ歩きしたいという人に、50円という金額は、大きな味方です。

鎌倉食べ歩き10位 ca ca o・カカオ(300円のフォンダンチョコタルト)

ca ca o・カカオは、小町通りを入って徒歩2分、右側にあります。ca ca o・カカオの300円のフォンダンチョコタルトは、1時間ごとの焼き上がりの限定商品。温かいうちに、とろけるチョコを食べるのがおすすめです。

少し前まで、3強(クレープのコクリコ・だんごの夢見屋・抹茶の鎌倉茶々)を揺るがす勢いがありましたが、いまは行列も少な目。味は悪くないものの、あとから思い出せるようなインパクトはなく、300円は少し高いのかも知れません。すぐ売り切れると言っても、焼く量は調整できるので、演出のような気もします(運営会社は、実はイカヤキのお店から始まった会社だというのは内緒)。

ca ca o・カカオでは、ユニークな外観でインスタ映えもする、350円のca ca oエクレアもおすすめです。

(´ー`) 鎌倉五郎(162円の麦田もち)

鎌倉五郎は、鎌倉半月(うさぎがかわいい、半分サイズのゴーフル)が看板メニューの名門店です。小町通りの食べ歩きブームを狙った商品が、麦田もちですが、実演販売と言っても粉をまぶすだけ……。

  • 口コミ:食べるときにはったい粉が飛び散ってしまう、特に鼻息が危険そうだ。なので鼻息を止めて食べよう。……直接喉に到達。ゲフンゲフン。

味は素朴で、値段も良心的なのですが、粉だらけになるのは、食べ歩き用としては少し課題になります。食べ歩きでなく、自宅で食べたいお菓子です。鎌倉五郎なら、やはり鎌倉半月でしょう。小町通りの鎌倉五郎は、お店の屋根に注目してください。面白い建築です。

(´ー`) アルブルノワールヤクミ(60円の鎌倉焼)

アルブルノワールヤクミは、若宮大路ですが、小町通りからもすぐ。60円の鎌倉焼は、機械焼きながら実演販売で、格安。しかし、ゴマあんが合うとは思えません……。個性を出すためのチョイスだと思いますが、とにかく安く、鎌倉に行ったことが良く伝わるので、インスタには便利。

  • 口コミ:抹茶生地はしっとり、美味しく、中の香り高いゴマ餡の甘さもよく、たっぷり入っています。ふむ、これは美味しい!/生地の味はだいぶ薄め。緑色も抹茶なのかよもぎなのかわかりませんでした。

(´ー`) 鳥小屋(200円のコロッケ)

鎌倉といえば、鎌倉コロッケですが、本家は江ノ電鎌倉駅にある駿河屋本舗。その駿河屋本舗の鎌倉コロッケはとても小さく、おすすめ度はBクラスです。写真は4個360円。

小町通りの鳥小屋も、コロッケが1個200円と、やや割高に感じますし、接客が……。食べログの評価は、3.0点でした(口コミが70件近くたまっての3点付近は、やや低評価に属します)。

  • 口コミ:衣に大量の油を含んでいます。ちょっと変わった味のものを1個買い、食べ歩きするのがいいと思います。観光地で食べると楽しさもあって、200円も妥当かと思いますが、持ち帰るとちょっと割高に感じるかもしれませんね。

ただし、味のバラエティが豊かで、特にチョココロッケは、修学旅行生の支持を集めます。普通のコロッケでなく、チョコなどの変わり種を狙ってみてください。


【まとめ】鎌倉・小町通り 食べ歩きのおすすめランキング

  • 鎌倉食べ歩き1位 夢見屋(180円のだんご)
  • 鎌倉食べ歩き2位 豊島屋洋菓子舗 置石(300円のパンソフト)
  • 鎌倉食べ歩き3位 鎌倉茶々(600円の抹茶ソフト)
  • 鎌倉食べ歩き4位 コクリコ(350円のクレープ)
  • 鎌倉食べ歩き5位 わっふる21(280円のワッフル)
  • 鎌倉食べ歩き6位 はんなりいなり(250円の棒いなり)
  • 鎌倉食べ歩き7位 いとこ(200円のきんつば)
  • 鎌倉食べ歩き8位 源 吉兆庵(140円の鎌倉せんべい)
  • 鎌倉食べ歩き9位 鎌倉壱番屋(50円の手焼きせんべい)
  • 鎌倉食べ歩き10位 ca ca o・カカオ(300円のフォンダンチョコタルト)

関連記事

 

 

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.