味の牛たん喜助の感想と口コミレポート


味の牛たん喜助は、仙台駅3階新幹線改札右の牛たん通りにあります。知名度などの面で地味な存在ですが、味も割に平凡です。14時までは、とろろと麦飯大盛りのサービスが有難いお店です。


  • 筆者:取材旅行は年に50泊。仙台訪問は10回。旅行ブログを2つ運営しています。鉄道旅行がメインです。
味の牛たん喜助
  • やや硬めで昔ながらの面もあるが、焼きは弱い。
  • 肉に臭みが残るものの、味の深みや持続力はなくはない。
  • 接客も内装もオーソドックスで、特徴を説明しにくい(汗)。
説明しにくいお店です

旅に関する記事、プロフィール

緊急のお知らせ

新型コロナウイルスへの感染の報告が相次ぐ中、国の専門家会議は、今後1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だという見解を示しました。(2月24日)

NHKニュースウェブ

観光地の経済も重要ですが、当ブログでは、今後1~2週間の、旅行・出張の慎重なご検討を提案いたします。

話題 ホテルの部屋や大浴場で、コロナウイルスがうつらないか心配|個人的に対策したこと

お得 「三井住友カードVISA」のキャンペーンがお得すぎる

「三井住友VISAカード」のキャンペーンがお得すぎるので、いち早くシェアします。買い物が毎回20%引き、50回に1回の確率で買い物がタダになるなど、一時発行が停止するほど大好評です。

筆者 運営者プロフィール、プライバシーポリシー

味の牛たん喜助のアクセスと総合評価

仙台駅の3階にある新幹線改札を出て右にあるのが、牛たん通り。全国区チェーンの利久、伊達や、穴場の実力店・善治郎があります。喜助は、奥から2番目。

喜助の牛タンは、少し硬さがあり、よく言えば元祖に近い路線。ただ、肉に臭みが残り、焼きも弱めです。厨房の店員さんも若く、チェーン化を前提としたお店のようです。あまり特徴がないのですが、味はそれなりに深く、持続性もあります。

営業時間(2019年7月現在)

  • 10:00~22:30

味の牛たん喜助の内観

味の牛たん喜助の内観です。カウンターは7席。テーブルは6席(うち1席は2名用)。やや手狭な小上がりが2席。


喜助のメニュー

喜助の主なメニューです。牛たん炭火焼定食は、1550円。特切り厚焼定食は2300円です。


味の評価:喜助

喜助の牛タンは、厚さはやや薄めで、多少かみごたえがあり、強いて言えば伝統的な牛タンかも知れません。やや臭みがあるのが欠点ですが、味の深みも持続性もそれなりにあります。焼きはやや弱め。全体に大きな特徴のない牛タンです。

テールスープは、調味料に頼る面がありますが、肉は2つ。

関連する記事:【有名店はダメ?】仙台駅 地元民おすすめの牛タン評判・口コミランキング

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました