意外に安いカキ小屋 千円前後でカキや海鮮丼:沼津港 - トラベルジャーナ

意外に安いカキ小屋 千円前後でカキや海鮮丼:沼津港


沼津港の名物は海鮮丼ですが、牡蠣(かき)などの浜焼きのお店もいくつかあります。どこも高く、混んでいるイメージですが、カキ小屋は、千円程度からでも十分楽しめます。

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


この記事は旧メニューの取材です。現在メニューは大幅に変わっています。

沼津港のカキ小屋

カキ小屋は、沼津港のメインストリートにお店を構えます。

秋冬に行なっていたサービスメニューは現在はなくなり、特大カキフライ定食(1380円)のみとなっています。このほか、かきかば丼(1280円)、まぐろ丼(880円)などがあります。

カキの浜焼きは、現在は1個250円ではなく、100g250円です。

カキフライ定食は、大きくジューシーで粗挽きパン粉でカラリ

カキ(100g、250円)は、テーブルの上にある直火のコンロで自分で焼きます。まず平らな面から焼きますが、5分程度かかります。裏返して数分焼いたら、カキナイフで貝柱を切り取るように、開きます。

以前のカキフライ定食です。現在は、特大カキフライ定食のみとなります。

カキフライは、まずパン粉が粗挽きでカラリと揚がり、食感が素晴らしいです。カキは、大粒、ジューシー、味が濃いと3拍子そろいます。東京のカキフライ定食との違いは、歴然です。

カキの浜焼きも、フライ同様、ジューシーで味が濃く本格的でした。

以上、沼津港のカキ小屋のレポートでした。

沼津港全体のおすすめランキングは、以下をご覧ください。

沼津港 漁師が認めた安いランチ・海鮮丼おすすめランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました