チェーン店・その他

骨なしケンタッキー(チキン)の感想と辛口評価と部位情報2015.11~

2016/01/19

ケンタッキーフライドチキン(KFC)が11月1日に骨なしケンタッキーを発売しました。この記事はその感想と辛口評価です。

広告

実際に購入して発掘した3つのヒミツ

① 骨なしチキンはファン向けの商品でコスパは高くない。
② 手や口をベトベトにできない場所で食べたいファン向けの商品。
③ 部位は胸肉なのでヘルシー。

骨なしケンタッキー(チキン)の感想と辛口評価と部位情報2015.11~

広告

 

ケンタッキー 骨なしチキンの感想と評価

骨なしケンタッキー

✔ ケンタッキーフライドチキンが11月1日に去年に続き「骨なしケンタッキー」を発売しました。価格は1ピース250円。これは「オリジナルチキン」と同じ価格です。

✔ オリジナルチキンの人気の理由はほかでは真似ができない味つけ(スパイス)の衣。これは「骨なしケンタッキー」でも健在です。

ケンタッキー オリジナルチキン 薄い

✔ 問題点はその「厚さ」です。骨がない分多少かさが減るのは仕方がないですが、それでも写真のようにかなりスマート。ずっしり重いチキンにかぶりつくのがケンタッキーフライドチキンの持ち味ですが、その魅力は削がれてしまっています。

✔ しかしながら従来の骨なしチキンは、がぶりつき、手や口をベトベトにして食べるものでしたので、店内や自宅以外では食べにくいのも事実。歩きながら、人目が気になる場所で、あるいはちょっとおしゃれに食べたい人の前ではまずチョイスできなかったのも事実です。

✔ その点「骨なしケンタッキー」は食べる場所を選びません。すいていれば駅のホームや電車内でさっと食べてしまうことも可能で、これはボリュームがあるケンタッキーの提供商品としては新しいカテゴリーです。

結論として「骨なしケンタッキー」は、普段から定期的にオリジナルチキンを注文している人が、特別な場所で食べたいときに注文すべきファン向け商品だと言えます。職場にオリジナルチキンを持ち帰りたいが、ガツガツしているようで遠慮していた方や、まさか歩きながら食べる訳にはいかないと遠慮していた人にはグッドニュースになります。

 

骨なしケンタッキー

✔ 「骨なしケンタッキー」をファン向けに例えて言えば、「チキンフィレサンド」のチキンにオリジナルチキンの味つけを施したようなイメージです。チキンフィレサンドはフィレ肉(ヒレ肉)、骨なしケンタッキーは胸肉と部位は違うのですが、脂分が少ないのが共通点です。

✔ 以前からある骨なしの「カーネルクリスピー」と比べると、オリジナルチキンの味つけと衣が使われている点で、オリジナルチキンファンにもおすすめです。

 

骨なしケンタッキーはオリジナルの「リブ」「サイ」が好きな人には向かない

o0646056010222972108

出典:チキン肉量分析

✔ 骨なしケンタッキーは、ケンタッキーのオリジナルチキンが食べたいがカロリーや脂分が気になるという方にも向いています

✔ 逆に普段オリジナルチキンを注文して、「リブ」(四角形に近い大きな部位)や「サイ」(三角形に近い大きな部位)のように脂が多い部位が出てくるとラッキーだと思っている人にはやや向きません。

KFC「骨なしケンタッキー」のまとめ

✔ 「チキンフィレサンド」のチキンにオリジナルチキンの味つけを施したようなイメージ。

✔ 食べ歩きや人目が気になるところでもさっと食べられる(オリジナルチキンを定期的に食べたくなるファン向け)。カロリーや脂分は控えめ。

✔ 骨なしの従来品「カーネルクリスピー」よりも味つけが本格的(衣の厚さは薄め)。オリジナルチキンの重くて脂の多い部位(「リブ」「サイ」)が好きな方にはあまり向かない。

広告

関連記事

ケンタッキー ビストロ風ハンバーガーの感想と辛口評価【2015年2月発売】

 

ケンタッキー プレミアムフィレサンドの感想と評判【2015年4月発売】

 

ケンタッキー フライドサーモン&サンドの感想と辛口評価【2015年10月発売】

 

【1つダメ】おてごろマック200円 エグチなど3品の感想と辛口評価~バベポ、ハムタスも~

 

【マックもうだめ?】チキチーの感想と辛口評価

おすすめの記事


安い宿の宿泊レポートをアップ→安い宿の旅(姉妹サイト)

 

-チェーン店・その他