チェーン店・その他

骨なしケンタッキーは小さくてまずい? 感想・部位・カロリーの最新レポート

更新日:

ケンタッキーフライドチキン(KFC)の骨なしケンタッキーって、どうなんだろう? オリジナルチキンと同じ250円なのに、小さくてまずくない?? そんなあなたの疑問を、解決する記事です。感想、カロリー(204kcal)も掲載しました!



骨なしチキンケンタッキーは、小さくない(平均86g)?

写真の右側が、骨なしケンタッキー(250円)です。

オリジナルチキン(250円)よりも小さなイメージが強く、写真を見る限りそう見えます。しかし、ケンタッキーの公式資料で、可食部(食べられる部分)の重さを比べると、意外な事実が分かります。

  • オリジナルチキン(250円)の可食部平均は、87g。
  • 骨なしケンタッキー(250円)の可食部平均は、86g。

何と、骨なしケンタッキーは、可食部ならオリジナルチキンとほぼ同じ重さ! オリジナルチキンは、骨が多く、大きく見えていただけ?


新緑、夏の旅行が楽しくなる!【水彩画講座】の新記事をアップしました。

でも大型のリブと比べれば、少ない!

でも、オリジナルチキンのなかでも大型のリブと比べれば、少ないんじゃないの? 

誰もがそう考えるところです。写真の左側は、食べ応えがあり人気のある、オリジナルチキンのリブ(250円)です。実際に検証したサイトによると、大型のリブの可食部は、最大100gもあります!

  • リブの可食部 約100g
  • 骨なしケンタッキーの可食部 86g

公式のデータで、骨なしケンタッキーの可食部平均は、86gですので、リブと比べると14gも小さいことが分かります。

※リブには2種類あり、もう1種類は約83gとなります。

キールが出てきた場合も、骨なしケンタッキーの負け

左側が、オリジナルチキンのキール。右が骨なしケンタッキーです。見た目のサイズ感は近いですが、骨の分、骨なしケンタッキーは13gも少なくなります。

  • キールの可食部 約99g
  • 骨なしケンタッキーの可食部 86g

キールが出てきた場合は、骨なしケンタッキーは小さく感じます。

サイが出てきた場合、引き分け

サイ(可食部82〜90g)が出てきた場合は、骨なしケンタッキーとほぼ変わりません。

ドラムが出てきた場合、骨なしケンタッキーの勝ち

骨なしケンタッキー

オリジナルチキンには、左側のドラムのように、骨なしケンタッキーより小さい部位もあります。

  • ドラムの可食部 約55〜59g
  • 骨なしケンタッキーの可食部 86g

ドラムやウイング(約68〜69g)が出てきた場合は、骨なしケンタッキーの方がサイズは大きくなります。

結論 骨なしケンタッキー(可食部86g)は、オリジナルチキンの人気部位と比べれば小さい!

  • 大型のリブ(可食部約100g)、キール(可食部99g)と比べれば、可食部は小さい。
  • キール、サイ、リブ(小さい方)と比べると、可食部はほぼ同じ!
  • ドラム、ウイングと比べると、可食部は大きい!

このような結論でした。

骨なしチキンケンタッキーは、まずい?

骨なしチキンケンタッキーは、まずいというのは、本当でしょうか?

骨なしケンタッキーの部位は、むね肉。脂が少ない代わりに、ややパサパサとし、みずみずしくないのが特徴です。そのため、人気のリブ(写真)やサイと比べると、あっさりしすぎて物足りなかったという感想を持つ人も多いのだと結論づけました。

しかし、最近、次のようなコメントをいただきました。

1500円の組み合わせキャンペーンをやっていたので初めて購入しましたが、
この大きさで、しかもカスカスの食感。
こんな事なら、オリジナルを2パック買うべきでした。
かんぜんにボッタクリだと感じました。

そこで、同じむね肉であるキール(写真左)と比べてみました。驚いたことに、同じむね肉にも関わらず、キールの方がみずみずしさが圧倒的に上。骨なしケンタッキーは、まずいという結論を導かざるを得ません。

部位が異なるリブやサイと味が異なるのは仕方がありませんが、同じむね肉よりおいしくない(みずみずしさが劣る)というのは、改善の余地ありです。

骨なしチキンケンタッキーは、子ども、女性、お年寄りのために?

サイズが小さい場合もあり、みずみずしさに欠く骨なしケンタッキー。2015年頃から、定番メニューに定着しているのはなぜなのでしょうか?

次のような理由が考えられます。

子どものために買われている

子どもは、骨が口の中にひっかかったり、飲み込んだりする場合があります。骨なしケンタッキーは、同じ値段で小さい確率があるとしても、子どもには最適です。

女性が買っている

ケンタッキーの公式資料によると、オリジナルチキンは、平均237kcal。骨なしケンタッキーは204kcalで大差はありません。しかし、リブやサイが出てきてしまうと、非公表ですが、カロリーはアップしてしまうはずです。ヘルシーなむね肉という点もあり、骨なしケンタッキーは、女性に多く買われているはずです。

また、職場で女性が骨付きのオリジナルチキンを食べると、ややがめつい感じもしますし、手も汚れ、骨も残ってしまいます。そのことも、骨なしケンタッキーへ女性を向かわせているはずです。

お年寄りが買っている

お年寄りは、差し歯、部分入れ歯などに頼っていることも多く、骨はしケンタッキーのほうが、安心して食べられます。

※歩きながら食べたいという場合にも、骨なしケンタッキーは合っています。

以上、骨なしケンタッキーは小さくてまずい? 感想・部位・カロリーの最新レポートでした。骨なしケンタッキーは、サイズの大きさや味よりも、その機能が買われて定着しているようです。

ケンタッキーとは似て非なる道を歩む、マクドナルドのページもご覧ください。

復活への道 マック歴代の期間限定バーガー一覧


関連がある記事とスポンサーリンク



サイト運営者:とらべるじゃーな! 年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のプランニングや旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ


-チェーン店・その他

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.