トラベルジャーナ

現地取材の旅行サイト! 関東・甲信越・静岡の旅行&ブラタモリ情報

チェーン店・その他

【荷物激減】2泊3日国内旅行 便利な持ち物ランキング

2018/02/15

2泊3日の国内旅行に、着替えは2回分も必要? トラベルライターの筆者が、2泊3日の国内旅行に行く際に、あると便利な持ち物をランキング形式で紹介します。

広告

2泊3日持ち物1位 ピリカレ

2泊3日の旅行にぜひ持参したいのが、ピリカレです。ピリカレは、酵素系の健康グッズで、入浴剤・洗剤・消臭剤など、さまざまな働きがあります。

ピリカレは、1泊あたりお弁当のしょうゆ入れ1個分で十分。2泊3日の場合、2個あれば十分です。これだけで、旅の疲れを取る入浴剤・荷物を減らすための洗濯用洗剤・消臭剤など、さまざまな役割を果たします。

  • 入浴の場合は、浴槽にお弁当のしょうゆ入れ半分を入れます(小さじ1杯分)。体に薄いベールが張られることで、圧倒的に湯冷めしにくなります。その効果は、温泉銀座の群馬県で、群馬県医師会が滞在型の病院を建設した沢渡温泉に匹敵するもので、一般の入浴剤とは比較になりません。
  • 洗濯の場合は、風呂の残り湯につけておくだけです。10分程度つけたら、洗面所のぬるま湯等ですすいで、部屋に干します。
  • 残り湯を使わない場合は、洗面所にぬるま湯を張り、ピリカレを耳かきの先の5分の1程度入れて、つけおくか軽く洗います。コインランドリーなら、お弁当のしょうゆ入れ半分を、できればお湯で溶かしてから入れます(小さじ1杯分)。

バスつきの部屋やコインランドリーがあるホテルに泊まる場合、ピリカレを持ってゆくことで、衣服の量は激減します。

2泊3日の場合、旅慣れた人が持ってゆく衣服は下の通りです。

着ているもの 持参するもの
肌着(パンツ、ブラジャー) 1 1
靴下 1 0~1
Tシャツ 1 0
シャツ(ポリエステルやナイロンを半分程度以上含んだ素材が乾きやすい) 1 0

肌着(パンツ、ブラジャー)は、寝るときにもつける人が多いため、2日目に着用する1つは必要です。靴下は洗濯できますが、やや乾きにくいため、1組予備があっても良いでしょう。Tシャツは圧倒的に乾きやすいため、予備はいりません。シャツは、夏場以外は洗わなくて済むことも多いですが、夏場はポリエステルやナイロンを半分程度以上含んだ、乾きやすい素材を選びましょう。

筆者は男性ですので、2泊3日の場合、肌着1つしか持ってゆきません。旅慣れた人は部屋での洗濯によって荷物を大激減させているのです。特にピリカレは、泡でなく酵素成分の効果で汚れを落としますので、少量で済み、すすぎも簡単です。

女性の場合、ブラジャーを部屋に干しておくのは人目が気になりますので、明るくカラフルで、一見Tシャツのように見えるタイプがおすすめです。

広告

2泊3日持ち物2位 旅館でもらった巾着(きんちゃく)袋

旅館でもらえる巾着袋は、捨てずにとっておいて、次の旅行に持ってゆくと便利。非常に軽く、衣服入れ・小物入れ・お菓子入れなど万能の活躍をします。

裏ワザは、袋のまま、大浴場や立ち寄り湯に持ち込む利用法。部屋のキーや財布を、脱衣場に置いておくのは大変危険ですので、お風呂のなかに持っていってしまうのが得策です。また、食事場所に移動するときやコンビニ・温泉街などにいくとき、小物や小銭、スマホなどを入れて持ち運ぶことができます。

ストックがない場合、100円ショップで似たものを購入します。色鮮やかで、荷物が非常に整理されるため、旅先でスムーズに行動でき、旅慣れた印象を与えます。

2泊3日持ち物3位 1mの延長コードと2股タップ

新規または改装が済んだホテルでは、枕元にコンセントを設置するのが流行りですが、旅館や古いホテルでは対応が遅れています。スマホやタブレットを持参する場合、延長コードがあると便利です。また、家族やグループでの旅行の場合、コンセントが不足しますので、2股(3股)タップがあると便利です。

なお、新幹線やJR・私鉄の特急列車のコンセントは次の3パターンです。車両の製造時期などで微妙に異なるため、目安としてください。

  • コンセントがほとんどない … 上越新幹線、在来線や私鉄特急の多く
  • コンセントが全座席にあることが多い(例外あり) … はやて・やまびこ・はやぶさ・スーパーこまち・かがやき・のぞみ・成田エクスプレス・ひたち・いしづち・スカイライナー・ロマンスカー・しまかぜ・サザン
  • コンセントが一部座席にある … ひかり・ひかりレールスター・さくら・つばめ・サンダーバード・くろしお・しおかぜ・ソニック・Ace・伊勢志摩ライナー・さくらライナー

※コンセントが一部座席にある車両では、延長コードが活躍します。

チェックリスト

順位 品物
1位 ピリカレ
2位 旅館でもらった巾着(きんちゃく)袋
3位 1mの延長コードと2股タップ
4位 5000mAh以上のモバイルバッテリー
5位 古い肌着、古い靴下、古いタオル
6位 なくなりかけのヘアワックスや化粧品
7位 チェックイン後、出かけるときに使用するサブバッグ
8位 良いシャンプーを1つだけ
9位 インスタントコーヒー
10位 くすり類は1つのケースに
11位 折りたたみ式の傘は無印良品
12位 ウェットティッシュ
13位 めぐりズム
14位 カードケース
15位 ショートパンツ
16位 ジップロック
17位 マシュマロ
18位 スペアのコンタクトレンズ
19位 マスク
20位 コンデジ

2泊3日持ち物4位 5000mAh以上のモバイルバッテリー

普段スマホの電源を切らしたことがない方も、旅行では、カメラ、地図、SNSの使用で電池がなくなることがありますので、モバイルバッテリーは必須です。5000mA以上のバッテリーなら、スマホなら2回程度充電できます。7500mAなら、さらに安心で、複数人での使用も可能です。

旅慣れた人の愛用品は、パナソニック モバイルバッテリーQE-AL301です。重さ、大きさはそれなりにありますが、充電器、バッテリーの2個を持つよりは、荷物がまとまります。

  • 容量7500mAで余裕がある。
  • コンセントにつなぐと、まずスマホ優先で充電し、その後自動的にバッテリー充電を行うため、ホテル・旅館等で放置可能。
  • 2台同時充電ができる。
  • コンセントつきのため、荷物が減る。

トラベルライターの筆者は、ほとんどの機種を店頭やネットで比較しましたが、パナソニックQE-AL301がベストと言えます。重さ・大きさは、それなりにありますが、小さなバッテリー5個分+充電器と考えると、かなりの軽量化に成功した機種です。

※電車や車での移動中は、使用しなくてもスマホは電力を消費していますので、電源オフ(または機内モード)がおすすめです。

2泊3日持ち物5位 古い肌着、古い靴下、古いタオル

2泊3日の国内旅行では、2日分の着替えを持ってゆく人が多くいですが、意外にかさばります。

旅行先で、減らせるもの減らしていくことがコツです肌着、靴下、(立ち寄り湯を予定している場合の)タオルなどは、そろそろ捨てようかというものを持参するのがコツです。旅先でどんどん捨てていきます。なお、100円ショップで買い、捨てていく方法もあります(ちょっともったいない)。

2泊3日持ち物6位 なくなりかけのヘアワックスや化粧品

旅行に持ってゆくヘアワックスや化粧品は、普段から、容器を捨てずに保存しておき、旅行のさいには使い切る分だけ持っていくのがコツになります。

  • 古い容器を保存しておき、使う分だけ移し替える。
  • 旅行に備え、なくなりそうなヘアワックスや化粧品を保管しておく。

100円ショップなどで小さな容器を買う方もいますが、液もれのリスクはかなり高いです。もともと入っていた容器なら液もれがなく、最終日には使い捨てが可能です。

2泊3日持ち物7位 チェックイン後、出かけるときに使用するサブバッグ

ほかのサイトにも書いてあるため、詳細には説明しませんが、旅館・ホテル到着後に出かける場合には、サブバッグがあると便利です。迷う場合は、軽い布製のものがおすすめ。2日目に荷物をコインロッカーに預けて出かける場合にも使えます。

コンビニや夕食等、短時間の外出の場合は、サブバッグを省略して、2位で紹介した旅館でもらった巾着(きんちゃく)袋で十分代用できます。

2泊3日持ち物8位 良いシャンプーを1つだけ

旅行先では、シャンプーやコンディショナーがいつもと違い、ヘアスタイルが整わないため、全て持参する方が多いようです。このほか、洗顔フォームなども持参すると、大量の荷物になります。

持ってゆくべきは、無添加のシャンプーのみです。

  • 高品質なシャンプーを選べば、リンス・コンディショナーがカットできます。
  • 無添加・高品質のシャンプーは、肌に悪いシリコンや添加物が入っていないため、ボディーソープや洗顔に使用しても、とくに問題はありません。
  • 洗顔にも使える、洗浄力が穏やかな、アミノ酸系が適切です。

トラベルライターの筆者が、長い間かけてたどり着いたのが、CUシャンプーです。無添加・ノーシリコン・アミノ酸系のため、全身に利用できます。質が高く、コンディショナーは不要ですが、ロングヘアの場合は、このシャンプーそのものでヘアパックも可能です。

CUのレポート

 

2泊3日持ち物9位 インスタントコーヒー

実は、コーヒーは原価が安く、利幅が非常に大きな商品です。そのため、コーヒーは有料提供するホテルが大半です(ドーミーインを除く)。コーヒー好きなら、インスタントコーヒーを持参します。

2泊3日持ち物10位 くすり類は1つのケースに

くすりは、写真のようなケース(できれば軽いプラスチック製)をとっておき、2泊3日で使う分だけ入れるとコンパクトになります。なお、ホテルは、一般家屋に比べ、数倍以上乾燥しやすいため、のどが弱い方はベラックT錠がおすすめです。声の仕事をする人が愛用している薬剤です。

※予防のため、加湿器があればオンにし、浴槽にお湯を張ったまま、風呂のドアを少し開けて眠ると安心です。

2泊3日持ち物11~20位

荷物激減! 2泊3日国内旅行 便利な持ち物ランキングの11位から20位は、まとめて発表します。

順位 品物 説明
11位 折りたたみ式の傘は無印良品 折りたたみ式の傘で、旅行に向いているのは、ズバリ無印良品の軽量傘です(2000円程度)。
12位 ウェットティッシュ 顔を洗う場所がない、食べ物をこぼしたなど、それなりに出番があります。(花粉症でなければ)ミニタオル、ティッシュは、省略できます。
13位 めぐりズム 車中で仮眠したい場合、かさばるアイマスクより、めぐりズムがおすすめです。使用後捨てられます。
14位 カードケース 財布をなくしても、クレカやキャッシュカードは、電話1本ですぐに止まります。しかし、免許証を盗まれると、非常に面倒です。免許証+予備のクレカ1枚の別保管がおすすめ。
15位 ショートパンツ ホテルでは、ナイトウェアの品質やデザインはいまひとつ。好みによっては、軽い素材のショートパンツやTシャツがあると、重宝します。
16位 ジップロック シャンプー容器など、濡れるもの、漏れると困るものを収納します。
17位 マシュマロ 移動中のお菓子におすすめ。重さが軽いことが最大のメリットです。
18位 スペアのコンタクトレンズ コンタクトレンズの方は、洗面所の作りがいつもと違うため、紛失しやすいです。
19位 マスク ホテルは、自宅の5倍程度乾燥します。のどが弱い人は必要です。
20位 コンデジ 現在のコンパクトデジカメは、最高峰のカメラ搭載のiPhoneの数倍良い写真が撮れます。

※参考 クルマで移動の場合は、車載用充電器があると便利。ハイヒールで出かける女性は、現地用の替えの靴(無印良品・ニットバレエシューズなど)があると便利。

コンデジは、ソニーやキャノンがおすすめです。キャノンのコンデジの使用例は、以下の記事をご覧ください(姉妹サイト)。

関連記事:秘境・濃溝の滝! 駅から1時間42分歩く本州一遅い紅葉はアクセス裏技あり 

2泊3日旅行にいらないものワースト10

一般に、2泊3日の国内旅行に持ってゆくと良いと言われているものの、実際にはいらないものワースト10を紹介します。

ワースト順位 品物 説明
1位 S字フック 海外旅行以外では、あまり使いません。
2位 衣服圧縮パック 衣服自体を減らすのが得策です。
3位 アイマスク めぐりズムで代用し、使ったら処分します。
4位 洗濯洗剤 ピリカレなら小さじ1杯で済みます。
5位 小物入れ ジップロックで代用可能。不要になったら処分でき便利。
6位 ガイドブック スマホで調べるか、必要な分を撮影しておきます。
7位 洗顔フォーム、シェービングクリーム できれば無添加シャンプー等、オールインワンにします。
8位 歯ブラシ 歯ブラシのない旅館・ホテルは1%以下です。
9位 ドライヤー ドライヤーがどこにもない旅館・ホテルは1%以下ですが、盗難防止の据え付け型の場合風力不足のこともあります(心配な場合問い合わせを)。
10位 バンソウコウ(子ども以外) 医薬品以外は、ホテル・旅館でもらえます。医薬品は、胃腸薬・頭痛薬程度でも違法になるため原則もらえません。

据え付け型のドライヤーは、風力が弱く、特に女性は要注意です。徐々に減っており、古い温泉旅館等に見られる程度ですが、心配な場合、据え付け型か普通のタイプかを電話で確認しておきます。

関連記事:1泊2日国内旅行 旅行が楽しい便利な持ち物教えます【できごと順】

関連記事:【荷物激減】3泊4日国内旅行 便利な持ち物ランキング

国内旅行で損をしない

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-チェーン店・その他