神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

【沼津港】地元客殺到!海鮮丼のおすすめランチランキングを現地取材

更新日:

【2019年6月再取材】沼津港の海鮮丼や刺身は、高い観光地値段に驚きます。この記事では、地元客の来店状況を考慮し、沼津港で、千円前後の安くおすすめの海鮮丼・刺身のランチをランキング化しました。現地取材はすでに20回以上。


  • 筆者:旅行ブログを2つ運営。年間に100日間の旅行取材。

観光なら:【現地取材】沼津旅行のモデルコース・観光プラン(日帰り・1泊)

最新ニュース①  食べ歩きの玉子焼きが登場!

木村屋の玉子焼120円

食べ歩きの少ない沼津港ですが、新登場の木村屋の玉子焼120円は、卵感が非常に強くおすすめ。双葉寿司の近くです。

最新ニュース②  深海プリンが依然人気!

2018年7月開店の沼津深海プリンは、マスコミへの登場回数が多め。現在も注目されています! 週末は待ち時間にご注意を。

最新ニュース③  ラブライブのバスが沼津港へ

ラブライブ!のラッピングバスが、2018年9月28日から、沼津駅↔︎沼津港間で運行開始します。

この記事について

  • 全て現地取材。2019年6月、再取材を行いました。
  • 営業時間やメニューは、取材時のものです。
  • 各店とも営業時間の変更がよくあります。心配な場合は大手(丸天、うなぎの京丸、魚がし鮨)を候補に!

沼津港で外せない食べるべきメニューは?

沼津港に行ったら食べるべきメニューは? 沼津港各店のメニューや注文状況をもとに考えると、以下のメニューが人気です。

海鮮丼地元客中心の、ずうむすび屋。次いで新店の五鉄がおすすめ。安さを追求するなら、みなと新鮮館のマル勘 ヤマダ水産で決まりです。
刺身地元客が多いたか嶋、漁港関係者が多いずうむすび屋がおすすめです。
あじ沼津港のあじは、新鮮なお造りが安く楽しめます。漁港関係者が多いずう、人気店の丸天がおすすめ。フライなら、にし与。
寿司魚がし鮨が安く食べられます。ネタは中の上ですがサイズが大きめ。少し高くて良いなら、老舗の双葉寿司
浜焼きカキ小屋は1780円+ワンドリンクで食べ放題(40分間)。浜焼きしんちゃんは、刺身を含むコースが2500円(ドリンク別、4名以上のみ、2日前までに要予約)。
インスタインスタ映えなら沼津港の新名物 深海プリン、そして丸天のタワー型天丼です。景色なら100円で登れるびゅうお。なお、富士山はGW~初秋は見える確率が非常に少ないです。
  • 早朝、夜の営業店はわずかです。早朝と夜は、丸天がおすすめ。古風な本店と、広くて新しい新店があります。
  • 最も新しい店は、真鯛専門店の眞鯛。メニューは全て1500円です。
沼津観光協会(みなと新鮮館内・ずう・京丸は掲載なし)

関連記事


新緑、夏の旅行が楽しくなる!【水彩画講座】の新記事をアップしました。

沼津港1位 たか嶋: 味、安さ、内装のバランス最高!

沼津港が観光地になる前から人気店だったのが、双葉寿司。地元のタクシー運転手の支持が厚いお店です(当記事では取材のために10回以上タクシーに乗車し、運転手の意見を聞いています)。

その双葉寿司の味を格安で楽しめるのが、地元民の利用が多い、系列店のたか嶋です。たか嶋は11:30~14:00のランチがお買い得です。写真は1080円の刺身定食。このほか、刺身と天ぷらが楽しめるたか嶋定食(1190円)もお買い得です。

刺身定食は、メジマグロのはらみの炙りがメイン

1080円の刺身定食

奥に並ぶのはメジマグロ。冷凍でなく生ですので新鮮。手前左のアジも新鮮です。その右のメジマグロのはらみの炙りが、お店側がもっとも自信をもつ刺身です。実際によく脂がのり、おいしいです。甘エビも脂がのります。

安いのに内装もよくグループも安心

たか嶋は、格安ながら内装が良いことも特徴です。ゆったり目のカウンターに加え、6人がけのテーブルが4席あります。

たか嶋 地図

たか嶋(営業日・時間は取材時)
11:30~14:00 16:30~19:30(L.O)
定休日 火曜日
※早朝の営業はなくなりました。日祝日は通し営業になりました。

沼津港2位 ずう:本当のまぐろの赤身がわかる店!

沼津港海鮮ランキング2位は、沼津港でも最高の質を誇るこだわりの店、ずうです。漁港労働者や地元客向けのため、沼津港で配布している、お店一覧にも未掲載ですが、一般の人も利用できます。

12時半まで営業という情報もありますが、13時半ごろに開いている場合もあります。以前の漁師や漁港労働者向けの早朝営業は、なくなりました。

ずうマップ

ずう(営業日・時間は取材時)
9:00~13:30前ごろ(早朝営業はなくなりました)
土曜休み(火曜日不定休)

ずうの主なメニュー

ずうの主なメニューは以下の通りです(2018年9月現在)。冷凍ものは使わないため、時期によりメニューが変わります。

ずうの上刺身定食(1300円)

上刺身定食(1300円)

金目鯛定食を除けば、ずうで最高値のメニューが上刺身定食(1300円)です。ずうの名物とも言えるアジの姿造りはみずみずしく、くさみがゼロです。そして、驚くのがまぐろの赤身。食べると、徐々に甘さが出てきます! トロには甘さがあるものですが、赤身では極めて珍しく、いつかは食べたいメニューです。

ずうのアジの刺身定食(1100円)

沼津港 ずう

ずうで注文が目立つのは、あじフライとアジの刺身定食(1100円)です。肉厚のアジフライに加え、あじのお造りが1匹分!

ずうでは、アジは注文後、バケツから取り出して目の前でさばいてくれることもあります。内観は、カウンターとテーブル×3で、あくまで地元の方のための小さなお店です。常連客ベースのため、接客は最小限です。

沼津港3位 にし与:フライなら決まり! 刺身もつきます

にし与

にし与はフライに強い人気店です。コストパフォーマンスが高く、沼津の地元客からの支持も根強いお店です。L字型のカウンターのほか、テーブル席が豊富なため、大人数のお客さんも訪れます。

安いメニューは、アジフライ定食(1000円)。もっともおすすめしたいのは、写真の魚河岸定食(1100円)です。フライのボリュームがあるため、刺身メインのお店では足らなくなってしまう、若い方にもおすすめです。

魚河岸定食はフライがメインですが、やはり安くても刺身を少しは食べておきたいという、観光客のニーズをしっかりつかんだ人気商品です。フライはアジフライだけでなく、おまけのフライがつくため満足感が高くなります。

にし与マップ

にし与(営業日・時間は取材時)
[平日]6:00~15:00(L.O)
[土]10:00~15:00(L.O)、17:00~20:00(L.O)
[日・祝]6:00~15:00(L.O)、17:00~20:00(L.O)
木曜休み

にし与のメニュー写真

にし与のメニュー写真

にし与では、刺身はそれなりの値段になってしまいますので、安さ重視ならフライから選ぶのがコツです。お店はそれなりに知られていますので、週末などは12時〜14時を避けるのがコツです。

沼津港4位   むすび屋:地元民が後を絶たない地域密着店

むすび屋は、みなと新鮮館のあるメインストリートにあります。海に近い側で見つけにくいですが、地元客中心にかなりの人気があります。

むすび屋 マップ

むすび屋(営業日・時間は取材時)
平日AM6:00~PM14:00(L.O) 朝定食は860円
土・日AM11:00~PM15:00、PM17:30~PM20:00(L.O)

刺身定食(1280円)

刺身定食(1280円)

刺身定食(1280円)です。ごはん、あさり汁、小皿、漬け物がつきます。脂が乗りすぎることがあるブリ(右上)は、むすび屋では完璧なバランス。

そして大注目は、中央奥のまぐろ。1280円で、中とろ、しかも脂と赤身のバランスが良いものが選ばれています。東京なら高級店でしかお目にかかれない味です。お店は少し狭く、地元客メインのため接客は最小限です。なお、朝定食は860円。

沼津港5位 丸天:元祖インスタ映えのタワー天丼(海鮮かき揚げ丼)が有名

タワー型の天丼(海鮮かき揚げ丼)は1100円

安いランチ・海鮮丼おすすめランキング5位は、沼津港一の有名店丸天。テレビにも登場している、タワー型の天丼(海鮮かき揚げ丼)は1100円で、インスタ映えの割には格安です。写真は、旧店で撮影。

食べきれるか心配な方へ:丸天のタワーかき揚げ丼は食べきれる? インスタ映えする席も紹介

風情がある旧店

写真は港に近い、旧店です(丸天の元祖店)。旧店は、朝7時から営業していますので、早朝訪問の貴重な選択肢です。

広くきれいな新店も誕生

丸天は、同じ通りにお店が2つあります。バス停に近い新店は清潔で広いお店です。

丸天 マップ

丸天(営業日・時間は取材時のもの)
旧店(名称は魚河岸店):営業時間7:00~21:30 (ラストオーダー20:45) 不定休
新店(名称はみなと店):10:00~21:45 (ラストオーダー 21:00) 定休日:木曜日 (祭日の場合水曜日に振替)

知名度が高く、観光客狙いのイメージを持たれがちのお店ですが、実力が伴ったお店です。丸天は、接客は今ひとつという口コミが平均的でしたが、最近は少し良くなっています(非常に良いとは言えません)。

新メニュー鉄板焼きは千円でOK

丸天では新メニューの鉄板焼き(800円)が登場。定食セット(200円)を足しても、千円で済みます。メニューの一覧は、下のページです。

メニューの一覧:丸天(沼津港)の店員さんおすすめメニューと一覧

観光なら:【現地取材】沼津旅行のモデルコース・観光プラン(日帰り・1泊)

沼津港6位  マル勘  ヤマダ水産:ワンコイン海鮮丼でも納得のレベル!

安さを売りにする店が多いみなと新鮮館の中で、もっともハイコスパを誇るのが、マル勘 ヤマダ水産です。海側ではなく、6人がけの相席のテーブルしかありませんが、コスパは沼津港でも最強です。

丸勘ヤマダ水産(営業日・時間は取材時)
AM7:30~PM3:00(平日)3:30(土日祝日)

生まぐろ丼(500円)

生まぐろ丼(500円)

生まぐろ丼(500円)です。酢飯ではなく、温かい普通のご飯ですが、まぐろは厚みがあり、東京のワンコイン海鮮丼とは比較になりません。沼津港のなかでは、千円強の店にはさすがにかないませんが、朝食の場合、節約したい場合にはおすすめです。

沼津港7位 うなぎの京丸:平日ランチは1280円から

沼津港 京丸

少し奥まっているものの、地元の人は間違いなく知っているのが、うなぎの京丸です。店構えは高級店の雰囲気のため、メニューをチェックすらしない方も多いのですが、平日ランチは格安です。

平日11時から15時のランチは、うなぎ80gのぼくめしが1300円。ぼくめしとは、大きく育ち過ぎた規格外のうなぎを使う料理のため、お買い得です。東京の相場の半額以下。

うなぎ処京丸(営業日・時間は取材時)
[月~金]
11:00~15:00(L.O)
17:00~21:00(L.O.20:30)
[土・日・祝]
11:00~21:00 (L.O.20:30)
定休日 毎月第1第3火曜日

うなぎのぼくめし(1280円)

うなぎのぼくめし(1280円)

写真は、1280円のぼくめし(うなぎ80g、平日のランチ限定)です。ゴボウものっていますが、しっかり味つけされ想像よりもうなぎと合います。さんしょは削りたてで、うなぎのタレも自由に追加でき、想像以上の大満足です。

お昼のうな丼(1580円)

お昼のうな丼(1580円)

写真は、1580円のお昼のうな丼です(うなぎ100g、平日のランチ限定)。土日祝日は、うなぎを1匹使った、うなめし1本(2680円)がメインとなりますが、首都圏では4千円以上が標準となります。

お店は広く、立地から観光客が気づきにくいため、夏休みでも、平日は13時半過ぎからほぼ並ばなくなります。おすすめです。これほど安いと気になるのが産地ですが、詳細はレポートに記します。

京丸のレポート

沼津港8位  五鉄:注目の新店は海鮮丼990円から!

五鉄は、海鮮丼の新店です。沼津港で1000円前後の海鮮丼を提供する店は、ネギトロやペーストがメインであったり、お店の内観に限界があったりと、決定打に欠いていました。そこを突いたのが新店の五鉄です。

壱鉄は990円!

壱鉄(990円)

写真は壱鉄(990円)です。刺身は、ペーストもありますが、細かくカットしたすきみ、貝、かずのこ、イカなどが効果的に組み合わせれており、食感や味の面で驚きのバランスです。銀座の行列店、つじ半を知っている人なら分かる、安くてもおいしい新しい海鮮丼です。

後半は、専用のだし汁で、だし茶漬けが楽しめます。店内は、ゆったりしたカウンターとテーブルがあり、まだ新しく清潔です。

五鉄のメニュー

五鉄のレポート

沼津港9位 魚がし鮨:ネタは中くらいも大きさに驚き!

魚がし鮨には、ランチタイム(14時まで)なら沼津丼ランチ(950円)、まぐろ丼ランチ(980円)、おまかせ握りランチ(980円)など、 1000円を切るメニューがあります。 総じて、平均より少し良い程度のネタに統一され、ネタの大きさが特徴です。

※平日の11時から12時の限定で、780円の寿司もあります。

魚がし鮨は、沼津が発祥で、神奈川県と東京都南部にも支店があります。

ランチ以外でもネタが大きく安め

魚がし鮨 関脇(1380円)

ランチ以外の時間帯以外でも、関脇(1380円、写真)のようにお買い得のメニューが多くあります。ネタは、沼津港の名店には及ばないが、大きなハズレもないという均質さが特徴です。

また写真からわかるように、ネタの大きさが特徴です。内観もしっかりしており、誰を連れて来ても、ひどく驚くことはないが、まずは納得できるレベルに仕上がっています。接客は元気で、東部伊豆地方としては東京に近い感覚です。

魚がし鮨沼津港店(営業日・時間は取材時)
10:00~14:00(L.O)
17:00~20:00(L.O)

  • 土日祝日は通し営業。
  • 魚がし鮨は、沼津駅駅ビルのイーラデ内に支店があります。内装は沼津港店より良いです。毎月10日に魚河岸天丼500円(先着100名)。
魚がし鮨のレポート

沼津港10位 カキ小屋:1780円+ドリンクで40分食べ放題

沼津港に何店かある浜焼きのお店。カキ小屋は、40分の時間制限が厳しいものの最安値です。もともと時間がないというときや、2店回る場合にはおすすめ。

  • カキ小屋 … 1780円+ワンドリンクで食べ放題(40分間)。
  • 浜焼きしんちゃん … 刺身を含むコースが2500円(ドリンク別、4名以上のみ、2日前までに要予約)。
  • 海女小屋 … 2980円で食べ放題(80分、ドリンクバーつき)。ただし、食材がいまひとつという口コミが複数あります。

写真は以前のカキフライ定食(現在は提供していません)。なお、カキ小屋は、メニューと価格がひんぱんに変わるので注意が必要です。

カキ小屋(LOは閉店30分前、営業日・時間は取材時)
平日午前:10時~午後3時30分(最終入店)
土曜:午前9時~午後6時30分(最終入店)
日曜・祝日・午前9時~午後5時30分(最終入店)

東京方面に展開するかき小屋とは、別会社です。カキ小屋は、沼津・築地・札幌に支店があります。

カキ小屋のレポート

沼津港11位 地元客のグルメは、ハンバーグとうまいラーメン

地元客は、海鮮ばかりでは飽きてしまいます。その地元客がよく立ち寄るのが、沼津港近くにあるハンバーグ店とラーメン店です。

ステーキの道灌かがり

漁師が認めた安いランキング11位の1つ目は、沼津港周辺をベースにしているタクシー運転手がすすめるステーキの道灌かがり。夜は高級ステーキ店ですが、ランチは1000円あればよいとのことでした。

920円のハンバーグランチは、ボリュームも十分で、わざわざ目の前で焼いてくれます。肉に自信があるためか。塩コショウ中心でソースに頼らない味つけです。海鮮ではありませんが、沼津港で2食以上食べるさいには、おすすめです。

沼津地元民に大人気のうまいラーメン

おすすめランキング11位の2店目は、港湾労働者向けに、静岡県としては濃い味つけで人気があるラーメン松福です。首都圏の人は、家系に似ていると感じるようですが、直接関係はありません。自然な味わいに仕上がり、麺はインパクト大です。12時台は多少行列になることがあります。

松福のレポート

沼津港12位 あじや、千漁家、港食堂:みなと新鮮館の格安トリオ

沼津港バス停に近い目立つ白い建物、みなと新鮮館内にある、あじや、千漁家、港食堂は、いずれも格安店です。

あじやは、千漁家の向かいです。

あじや:メニュー豊富で実力を感じるお店

あじやは、内装も広くメニューが豊富で、すきみ・練り物が少なく誠実な印象です。メニューは時期によってかなり変わりますが、取材日(2019年6月)は、海鮮バラちらし丼(1000円)が人気メニューでした。

千漁家:数量限定が狙い目、オーシャンビュー

千漁家

千漁家は、レギュラーにはすきみ・練り物が多く、数量限定メニューが狙い目。例えば海鮮ばくだん丼(1000円)など。店頭のメニューをよくみてから入りましょう。沼津港には少ない、オーシャンビューのお店です。

港食堂:すき身が多いものの、ワンコインメニューも

港食堂は、みなと新鮮館の一番良い場所(入口すぐ、オーシャンビュー)で家賃が高いのか、すきみ・練り物が目立ちます。

しかし、ワンコインメニューもあり、お子さんが多いグループや学生ならおすすめです。金目鯛定食は、目立たないところに載っていますが格安。

営業休止   我入道漁協即売所

沼津港バス停近く、駿河湾遊覧船発着場向かいの、沼津我入道漁協即売所のイートインは、毎日営業から不定期営業に変わり、残念ながら営業を休止してしまいました(お土産は営業)。現在、格安店の地位は、みなと新鮮館の丸勘  ヤマダ水産が引き継いでいます。

沼津港マップ

沼津一帯で配布されている、沼津港マップです。

観光なら:【現地取材】沼津旅行のモデルコース・観光プラン(日帰り・1泊)


関連がある記事とスポンサーリンク



サイト運営者:とらべるじゃーな! 年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のプランニングや旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ


-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.