【2020年お花見対応】身延山久遠寺 駐車場を現地調査!|非公開も掲載


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

身延山久遠寺周辺の駐車場を現地調査しました。観光協会が非公開としている、穴場の駐車場も掲載しています。2020年お花見の規制情報も掲載しました。

身延山(久遠寺)の観光情報やランチは、以下の記事をご覧ください。


身延山久遠寺の基本情報

身延山久遠寺(くおんじ)で必ず訪れたいのは、三門、287段の石段、本堂です(そばに五重の塔)。時間があれば、ロープウェイで奥の院へ。

例年なら、三門から徒歩で20分ほど下った総門までしか、クルマは近づけませんが、今年度は来場者の減少や、シャトルバスでの感染が心配されるため、規制はありません。

ただし、3月20日(金)から3月29日(日)まで、9:00~17:00に限り、上の図のような一方通行が設定されます。


身延山久遠寺 駐車場リスト

門前町中町町営有料駐車場(9時〜)

門前町中町町営有料駐車場

身延山(久遠寺)の1番人気の駐車場は、参道商店街にある門前町中町町営有料駐車場(30台、朝9時から営業)です。有名な三門や287段の石段まで徒歩4分です。3時間940円。

せいしんの身延山有料駐車場(24時間営業)

せいしんの身延山有料駐車場

2番人気は、株式会社せいしんの身延山有料駐車場(130台、24時間営業)です。身延山の裏手に位置し、三門からは遠いのですが、斜行エレベーターがあり一瞬で本堂や五重の塔に登れます。お年寄りや体の不自由な方向け。3時間700円。

南の苑駐車場(70台)は、新しい駐車場で営業時間は不明(朝9時からぐらいではないかと思います)。地図ではせいしん駐車場に近いように見えますが、だらだらとした上り坂を徒歩10分程度かかります。どちらかというと三門に近く(徒歩3分)、斜行エレベーターを使用せず、287段の石段を歩いて登る場合に便利です。

1~2番人気の駐車場と南の苑駐車場は、早い時間帯で埋まってしまうでしょう。どの駐車場が空いているのか困ってしまうと思いますが、総門に警備員がいるので、「せいしん駐車場は、まだ空いてますか?」のように訪ねてみてください。

総門駐車場と聖園駐車場

人気の駐車場が満車になると、お寺まで徒歩20分もあり普段は人気のない、総門町営有料駐車場(30台)身延山聖苑駐車場(100台)が候補になります。

総門駐車場は、三門まで徒歩20分、身延山聖苑駐車場は、身延山の裏口にあたる甘露門まで徒歩20分です。

  • 287段の石段を歩いて上がりたい方なら総門駐車場がおすすめです。三門まで20分の上り坂は大変ですが、途中から門前の商店街となり、昔と同じルートでの参拝気分が味わえます。
  • 287段の石段は上から見下ろすだけでよい、あるいは下りたいという方なら、身延山聖苑駐車場がおすすめです。身延山聖苑駐車場は、標高が高く、石段の上にある本堂と近い高さです。本堂まで、舗装された山道を中心に徒歩20分(まったく坂がない訳でなく、シニアや車いすでは大変かと思います)。

どの駐車場が空いているのか困ってしまうと思いますが、総門に警備員がいるので、「聖園駐車場は、まだ空いてますか?」のように訪ねてみてください。

身延町総合文化会館向かいの駐車場は運営なしか?

すべての駐車場が埋まると、富士川臨時駐車場(身延総合文化会館向かい)へ誘導されます。例年、身延山まではシャトルバス(往復400円)で移動しますが、今年はウイルス対策で、シャトルバスの運行は取りやめとなっています。

総門に行き、全ての駐車場が埋まっている場合、案内される可能性があります(身延山までは、タクシー利用になるかも)。

非公開の穴場駐車場

甘露門無料駐車場

甘露門無料駐車場は、職員や身延山への外来者向けに主に使われていますが、参拝客の利用が禁止されているわけではありません。

久遠寺(本堂・三重塔)までは、ほとんど段差なく移動でき、三門へは女坂を5分ほど下れば着きます。久遠寺の職員も使用するため平日9時前に埋まりやすくなります。駐車場手前の道にも数台駐車可能です。

クルマで身延に来て宿坊やホテルに宿泊し、朝のお勤めに参る場合には非常に便利な駐車場です。朝のお勤めは、通常5時半(冬季は6時)からです。この時間に石段や男坂、女坂を登るのは大変だと思います。

出典;Googleマップ

三門の手前を右に曲がり、日朝通りと呼ばれる林間の通りを進みます。すると「直進:身延山、右:国道52号」の標識があり、直進します。

直進とは、写真のような赤のシマシマが描かれた道路に入ってゆくことです(道なりの場合、ヘアピンカーブで右に向かいます)。ここを入ってゆくと、甘露門無料駐車場に着きます。赤のシマシマの道は、身延山の私道のためカーナビ等では設定できません。

甘露門無料駐車場 … 非公開で職員メインだが、通常一般利用もOK。標高が高いため、本堂まですぐ。5~6分ほど女坂を下りると三門。

三門無料駐車場 … 非公開の穴場駐車場。三門の目の前、交番の横。4台しか停まらないので、早朝訪問時に。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

【お願い】何度か現地取材をしましたが、初詣、お花見シーズンの現地取材はできておりません。情報に誤りがあればコメント頂ければ幸いです。


用途別のおすすめ駐車場

足腰がしっかりした人向け、石段を登りたい人向け

門前町中町町営有料駐車場
門前町中町町営有料駐車場

足腰がしっかりしたなら、1番人気の、参道商店街にある門前町中町町営有料駐車場がおすすめです。3時間940円(取材時)。

車を降りたら参道を登ると、すぐに三門、287段の石段(=菩提梯)と続き、登りきると本堂と五重の塔があります。時間がある場合、ロープウェイで奥の院に向かいます(ロープウェイを使わないと、徒歩2時間程度かかります)。

三門無料駐車場は4台だけ
  • 総門有料駐車場(30台)も、三門まで20分登りますので、健脚向けです。昔の参拝に近いルートです。
  • 数台分ですが、交番の横に、三門無料駐車場もあります。

足腰が弱い人向け

せいしん身延山有料駐車場と同じ高さに乗り場があるロープウェイ

足腰が弱い方なら、身延山の三門をクルマで通り過ぎた先にある、株式会社せいしん身延山有料駐車場がおすすめです。

駐車場から斜行エレベーターに乗り1分ほどで、本堂・五重塔に着きます。287段の石段(=菩提梯)は、上からのぞき込むことができます。時間があれば、同じ高さにあるロープウェイ乗り場から、山頂の奥の院へ向かえます。

なお、三門を見たい場合、身延山有料駐車場→三門は、徒歩で12分かかりますが、下り坂です。身延山有料駐車場から乗り合いタクシー(時刻表通りの運転)で往復することもできます(2020年の運行は不明)。

足腰が強く、石段を登りたい人が同乗している場合、三門前でいったん停車し、降ろしてしまうのも手です。本堂で集合できます(お堂はたくさんあるため、五重塔前での集合が分かりやすい)。

  • 新設の南の苑駐車場は、斜行エレベーターまで、ゆるいものの長く続く上り坂を10分程度。じっくり歩ける方なら。
  • 聖園駐車場は、舗装された道を本堂まで20分程度(上り坂も多少あります)。こちらもじっくり歩ける方なら。
  • 非公開の甘露門無料駐車場の利用も禁止されていません。本堂からほんの少し距離がありますが、駐車場の標高が高く、登りなしで本堂に到着します。

身延山(久遠寺)見学時間やランチ

身延山(久遠寺)見学時間やランチは、以下の記事をご覧ください。

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました