【図解1発】特急あずさ・かいじ・富士回遊 座席編成表とおすすめの席|旅行ブログ - トラベルジャーナ

【図解1発】特急あずさ・かいじ・富士回遊 座席編成表とおすすめの席|旅行ブログ


トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

特急あずさ・かいじの座席編成表とおすすめの席です。特急はちおうじ・おうめも同じ編成です。特急富士回遊は、短い3両編成です。臨時列車の一部を除き、最新のE353系で運転します。旅行にお役立てください。

内容はもくじから。

トラベルジャーナは、年50泊旅行取材(証明写真)の個人ブログです。


編成表・座席表と景色がおすすめの席|あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊の編成表・座席表は下の表の通りです(左右にスクロールできます)。


👈新宿 
景色が良い側(富士山・アルプス・諏訪湖)

1号車1234567891011122号車1234567891011123号車1234567891011121314154号車12345678910115号車12345678910111213141516176号車123456789101112131415167号車12345678910111213141516178号車123456789101112131415169号車グリーン1234567810号車123456789101112131415161711号車1234567891011121314151612号車123456789101112131415

甲府・松本👉
景色は普通(甲府盆地・八ヶ岳)


  • 8両編成は、4~12号車で運転
  • 特急富士回遊は1~3号車で運転

日差し、トイレ、赤ちゃんなどのこだわりポイントは少し下の表。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

下はこだわりの表。午前の松本方面なら、D席奇数番号がおすすめです。

景色景色が良いのは、往復ともDC席です。特急富士回遊は、富士急線内でカーブが多いため、左右の差は少ないですが、DC席のほうが、やや富士山が見える時間が長くなります。
日差し甲府~松本間は南北に走ります。西日がまぶしいのは、午後のCD席です。朝日がややまぶしいのは、午前のAB席です。
窓大きい松本方面では奇数番号が窓が大きく、新宿方面では偶数番号が窓が大きいです。
コンセント全席にあります。
トイレ1・2号車の間。2・3号車の間。4・5号車の間。6・7号車の間。8・9号車の間。9・10号車の間。11・12号車の間。
赤ちゃん上に記した、化粧室にベビーチェア、ベビーベッドあり。
トランク荷物置き場は、1・3・5・7・9・10・12号車の甲府、松本寄り。
寝る椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、甲府・松本方面なら1番です。新宿方面の場合、号車によって異なります
窮屈最前列の席は、足が伸ばせません。

全車指定席の仕組み

あずさ

2019年3月から、中央線の特急あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊は、全車指定席になりました。全車指定席といっても、新たな着席システムと言われるもので、全国にもあまり例がないものです。(公式パンフ

  • 指定席 … 従来と同じ仕組み。ただし、乗車後に購入すると260円高くななる。えきねっとチケットレスサービスなら、100円引き。
  • 自由席 … 座席未指定券に変更。値段は、指定席と同じ。全車指定席だが、空いている席に乗車できる。

結論としては、同じ料金ですので、指定席がお得です。

座席未指定券は、時間が読めず、えきねっとが使えない人向き

座席未指定券は、仕事や観光の終わる時間がはっきりしない場合で、①短距離の乗車(座れなくても我慢できる距離)、②平日の日中のようにすいている時間帯に乗車する場合、に使用します。

しかし、えきねっとを使用していれば、購入した指定券は発券前なら、原則1回に限り手数料なしで変更できます(複数回変更できる場合もあります)。例えば17時の列車の指定席を取っておき、間に合わない場合、16時54分までは、無料で変更できます(えきねっとが止まる深夜から早朝を除く)。

ただし、えきねっとは、ログイン失敗率がかなり高いので、事前に確認が必要です。

座席の上のランプの色の意味

全車指定席のあずさ、かいじには、座席の上にランプがあります。その意味は以下の通りです。

  • 緑色 … すでに指定券販売済みの席。乗り遅れていない限り、すぐに指定券を持った人が来るはずです。
  • 黄色 … まもなく指定券発売済み区間になる席。座席未指定券の場合は、できれば避けます。
  • 赤色 … 今のところしばらく空いている席。

全車指定席 最新のE353系の乗り心地

デビュー日のE353系!

全車指定席の特急あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊に使用されるのは、最新のE353系。写真は、2017年12月のデビュー日のE353系です。

E353系

全車指定席 最新のE353系は、座席が広く、コンセントもあり、乗り心地は抜群です。JR東日本は、高速バスに勝てると踏んだ場合、全力投球をする傾向があり、全国の特急車両の中でも最上位です。

E353系の車内の様子は、次の記事に詳しいです(姉妹サイト)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました