東京都(ランチ・観光)

新潟・えび千両ちらしの口コミレポート〜新宿駅・東京駅の駅弁

投稿日:


駅弁コンテストにも勝ち抜いた新潟の駅弁・えび千両ちらし。この記事では、新宿駅や東京駅で購入できる駅弁、えび千両ちらしの口コミレポートをご紹介します。


【結論】新潟・えび千両ちらしの口コミレポート〜新宿駅・東京駅の駅弁

新潟県新発田駅の駅弁、えび千両ちらし(1300円)は、新宿駅の駅弁屋・頂(いただき)や東京駅の駅弁屋・祭で購入できます。新宿駅は、南口改札そばの頂のみで、特急あずさ・かいじ発着ホームの頂では、購入できません。

卵の下に魚介類が隠れたお弁当です。卵は、駅弁にもかかわらずみずみずしく、寿司屋のレベル。魚介類も、うなぎは脂がのり、コハダも通常の駅弁から一線を画します。少し値段が高いですが、日本を代表する駅弁と言ってもよく、この値段なら安いくらいです。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

新潟・えび千両ちらしの味の評価〜新宿駅・東京駅の駅弁

えび千両ちらしは、卵焼きが4枚。その下に魚介が隠れているサプライズがあるお弁当です。うなぎは小さめですが4切れ。駅弁とは思えない脂の乗りで、冷えていても蒲焼きの雰囲気は十分です。手前のコハダは、駅弁としては質が良く、味つけにも工夫。ほかの駅弁や回転寿司でコハダに期待していない方にもおすすめ。

魚介類は、さらに2種類が隠されていますが、えび千両ちらしは、本来サプライズの駅弁。ご購入の方のために種明かしは控えます。ただし、この記事のまとめを読むと、写真の文字から中身がわかりますのでご注意ください。

えび千両ちらしは、包装紙の一部が外れ、絵葉書になります。


【まとめ・ネタばれあり】新潟・えび千両ちらしの口コミレポート〜新宿駅・東京駅の駅弁

以上、新潟(新発田駅)・えび千両ちらしの口コミレポート〜新宿駅・東京駅の駅弁でした。

文中には触れませんでしたが、白米の炊き方も秀逸。ご飯のおいしさと酢飯のおいしさを両立した、絶妙な酢の加減は見事です。

えび千両ちらしの原材料です。

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-東京都(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.