【図解1発】特急ひたち・ときわの座席表|おすすめの席


2020年3月 復活した「仙台行き」ひたち号(先頭は10号車)

品川始発(一部)の特急ひたち・ときわは、全席が指定席です。この記事では、座席表、おすすめの席など知らないと損をするポイントをお伝えします。

【図解1発】特急ひたち・ときわの座席表と景色がおすすめの席

特急ひたち・ときわの編成表・座席表は下の表の通りです(左右にスクロールできます)。


👈東京・上野

車窓 景色は良くないものの、午前にまぶしくない。福島の復興の様子が分かる。

1号車1234567891011洗面所2号車12345678910111213141516173号車12345678910111213141516洗面所4号車1234567891011121314151617185号車グリーン12345678AED6号車12345678910111213141516177号車12345678910111213141516お手洗い8号車12345678910111213141516179号車12345678910111213141516お手洗い10号車123456789101112131415
車椅子
車椅子

車窓 海側。午前の列車はまぶしい。 

仙台👉

日差し、トイレ、赤ちゃんなどのこだわりポイントは少し下の表。

下はこだわりの表。午前の水戸方面なら、E席がおすすめです。

景色海が見えるのは、往復ともAB席です。 ただし、ずっと海が見える訳ではなく、午前中はまぶしいです。
福島県内で、復興の様子を見たい場合、CD席がおすすめです。
日差し午前中は太陽がまぶしいため、山側のCD席も人気があります。
コンセント全席にあります。
トイレ奇数号車の水戸・仙台寄り。
赤ちゃん奇数号車の水戸・仙台寄りの化粧室にベビーチェア、ベビーベッドあり。
トランク荷物置き場なし。トランクがある場合、1番後ろの席を確保します。水戸・仙台方面なら1番、上の方面ならいちばん大きな番号の席です。
寝る椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、1番後ろの席を確保します。水戸・仙台方面なら1番、上の方面ならいちばん大きな番号の席です。
窮屈最前列の席は、足が伸ばせませんが、デスクが大きいというメリットがあります。

そもそも全車指定席とは?

座席の上のランプの色の意味
  • 緑色 … すでに指定券販売済みの席。
  • 黄色 … もうすぐ指定券を持った人が来る席。
  • 赤色 … 今のところ当面空いている席。

指定席でも座席未指定でも、値段は同じ

特急ひたち、ときわには、座席未指定券の設定もありますが利用者は少なく、実質、全席指定席となります。

  • 指定券… 乗車後に購入すると260円高くなる。えきねっとチケットレスサービスなら、100円引き。
  • 座席未指定券 … 値段は、指定席と同じ。特急ひたち、ときわは、全車指定席だが、空いている席に乗車できる。

同じ料金ですので、指定席がお得です。

座席未指定券を購入しているのは誰?

  • 仕事や観光の終わる時間がはっきりしない人
  • 短距離の乗車の人
  • 平日の日中のようにすいている時間帯に乗車する人

時間がはっきりしなくても、スマホで変更できます

えきねっとを使用していれば、購入した指定券は、発券前なら原則1回に限り、手数料なしで変更できます。(複数回変更できる場合もあります)

例えば17時の列車の指定席を取っておき、間に合わない場合、16時54分までは、無料で変更できます(えきねっとが止まる深夜から早朝を除く)。ただし、えきねっとは、ログイン失敗率がかなり高いので、練習が必要です。


朝の下り、夕方の上りは非常に混雑するので、乗車直前では満席の可能性

駅の自動券売機で、列車や席を指定することも可能です。しかし、朝の下り、夕方の上りは非常に混雑します。間に合う列車が決まったら、その場でえきねっとにログインして席を押さえることが必要です。

なお、並走の高速バスも満席になりやすいため、バスは保険にはなりません。

横浜・大宮などから乗り継ぎなら普通列車のグリーン車も選択肢

普通列車のグリーン車

常磐線は、普通列車にグリーン車(自由席)が連結されています。普通列車のグリーン車は、51キロ以上、どこまでいっても1000円です(土日祝日は800円、車内で購入すると割高)。

横須賀線、東海道線、高崎線、宇都宮線との乗り継ぎなら、グリーン券は通しで980円ですので、有効に活用できます。

ジョルダン 3月16日の時刻

例えば、横浜を通勤ラッシュが終わった11時頃出発し、友部に向かうようなケースでは、グリーン車が空いているうえ、特急との差が1時間未満のため便利です。大宮周辺からも、同様のことが言えます。

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました