千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

茨城県水戸駅周辺 地元推奨の安いお土産ランキング

2016/01/19

茨城県のお土産ランキングをリーズナブルで良心的という基準で選定しました。水戸駅周辺で手に入るものも多数あります。

広告

茨城県水戸駅周辺 地元推奨の安いお土産ランキング

 

茨城県お土産第1位 みつお万寿(1個67円)

みつお万寿 茨城

茨城県水戸周辺で最もコストパフォーマンスの高いお土産はズバリ「みつお万寿」です。必ずしも茨城県らしいお土産とは言えませんが、地元で愛されているブランドです。駅ビルへの出店を見送り家賃負担のない分、中身で勝負する地元民のみ知っている菓子店です。

みつお万寿 羽鳥本店
茨城県小美玉市羽鳥2738
0299-46-7365
朝9時~夜7時

「みつお万寿」は、茨城県の常磐線の羽島(はとり)駅付近に本店がある和菓子屋ですが、水戸駅などにも支店があります。地元の普段使いのお菓子や贈答品として大活躍しています。

みつお万寿の支店一覧
みつお万寿 水戸駅南店(駅を南にまっすぐ。元吉田北交差点を右。徒歩16分程度)
・みつお万寿 つくば松代店
・みつお万寿 神立店
・みつお万寿 つくば花室店

「みつお万寿」を知ったきっかけは地元の方に頂戴したことです。数日後にお世話になっている会社用に100個ほどまとめて買いました。その安さと味のコストパフォーマンスは圧倒的です。この価格帯の黒糖まんじゅうとしては全国にライバル不在と考えます。

黒糖の皮がキラキラと輝いており、品質が違いは歴然。中身は少し白みがかったあんで、決して普通のあんではないことがことが分かります。北海道から小豆を取り寄せているそうです。暖かく落ち着いた感じがする良い和菓子です。

値段は1個67円。安価ながら真摯に味を追求する姿勢には感服するしかなく、茨城に行ったら列車を降りてでも買ってみてほしいものです。いろいろ種類がありますがやはり黒糖まんじゅうが看板のようです。

※地方配送は取り扱っていません。100個購入した際、余った段ボールをもらいガムテープを借り荷造りし近くのコンビニまで運びましたが、郵送の需要はあるはず。最低でも段ボール、荷造り用具、伝票は置いてもいいのではないかと思います。すいている店内で荷造りをしましたが、手伝ってくれるわけでもなく珍しいものを眺める様子でした。

茨城県お土産第2位 幸田商店ほしいも(1袋500円前後)

茨城県 水戸駅 土産

干し芋は全てこのくらいの大きさで500円前後と廉価

水戸駅のエキナカ「エクセル南」の改札と同じ階に「IBARAKIあじわい市」のコーナーがあり、お土産がそろっています。ほしいもの幸田商店は納豆で有名な天狗納豆(笹沼五郎商店)と隣り合っています。

2015年6月上旬の人気ランキングは以下のとおり。価格は500円台が中心。

1位 べにはるか(丸干し)

甘くお菓子のイメージの干しいも。べにはるかの平切りは通販でも購入できますが、「丸干し」は通販では扱っていません。形こそ異なれど、甘さがあり干しいものイメージを裏切らないことから、甘党やお子様を含めた万人向けです。

2位 茨城県産  丸干し干しいも

水戸駅 ほしいも

干しいもは通常甘く、平らな形状のイメージです。一方「丸干し干しいも」(500円)は逆に、まるまると太く、自然な芋の甘さが特徴です。お菓子というよりは、石焼いもを濃縮したような独特の食感です。芋本来の味の干しいも。自然な甘さのため大人やお菓子通向けです通販扱いなし。

3位 べっこう干しいも(平切り)

通販では売り切れになりがちな限定品。形も甘さも干し芋のイメージを裏切らない定番の品です。

出典:楽天(画面はクリックできます)平切りに限られますが、人気の高いべにはるかも取り寄せ可能です。

※茨城県全体に言えることですが接客姿勢がもうひとつ。その味から黙っていても売れるのは分かりますが、味は製造部門が努力したもの。接客部門もそれに見合う一流の要素が必要です。また茨城県は観光地イメージが全国最下位。お土産店はイメージアップの最前線に立つ意識が必要です。

茨城県お土産第3位 木村屋本店「銘菓 水戸の梅」(1個95円)

20080319154448

出典: 木村屋本店 -水戸の梅-

銘菓・水戸の梅は通常赤紫蘇(しそ)で巻いたイメージが強いですが木村屋本店のものは少し異なります。しかし地元の人の声を聞くと水戸の梅は木村屋というファンがかなり根強く驚きます。

木村屋本店
茨城県水戸市南町1-2-21
水戸駅北口より徒歩7分
日曜日休み

1位で紹介した「みつお万寿」同様、水戸駅構内では購入できませんが、駅ビルの家賃分も品質に投下されていると考えてよいと思います。時間があれば1度は訪ねてみたい店です。

茨城県のお土産第4位 笹沼五郎商店・水戸天狗納豆(1本170円)

水戸駅のエキナカ「エクセル南」の改札と同じ階に「IBARAKIあじわい市」のコーナーがあり、天狗納豆(笹沼五郎商店)も店を構えます。水戸納豆の種類は数多くあれど、代表格のひとつとして地元の人は「笹沼五郎商店」の水戸天狗納豆を挙げます。

水戸駅 納豆

定番は「わら納豆1本たれ付き」(170円)。

粒が大きく柔らかい食感である国産大豆を使った「特選わらつと納豆」(260円)もあります。製法は双方同じのため、好みで選ぶとよいでしょう。

水戸駅ビル3Fエクセルみなみ店
各駅キオスク(水戸駅構内7号売店・日立駅・友部駅・土浦駅常陸多賀駅・大甕駅・勝田駅・石岡駅・荒川沖駅・牛久駅)
・本店(博物館併設。水戸市三の丸3-4-30)
・そのほか偕楽園、牛久大仏などにも売り場あり

image

「わら納豆1本たれ付き」「特選わらつと納豆」とも分量は75g。スーパーのパック販売の納豆が1パック45g程度ですので、2人前としては少なめ、1人前としては多めです。

スーパーのものと比べて極端に味が良いわけではありませんが、大豆の食感がよく身が詰まった感じがします。

水郡線山方宿駅の「舟納豆」も根強い人気

交通の便は少々悪いですが、水戸駅から水郡線に乗り山方宿駅まで行くと「舟納豆」が手に入ります(屋号も舟納豆)。90g・137円とお買い得で、舟を模した容器が人気です。同店の日本一高い納豆(宇治抹茶黒粒)800円も話題づくりにはお勧めです。

茨城県お土産第5位 大みか饅頭(=光圀饅頭)(1個76円)

118897484827316421625

出典:http://bestof.at.webry.info/200709/article_16.html

米粉や芋類を使った素朴なお饅頭です。おおみか饅頭として地元の強い支持を得ていますが、おおみかの地名に知名度がないためか、水戸店では「光圀饅頭」として販売しています。字が違うだけで包装などは全て同じです(笑)。

運平堂本店水戸店 水戸市三の丸1-4-4(水戸駅北口を背に4分程度)
日立駅情報交流プラザ 日立市幸町1-1-2(日立駅中央口北側)

運平堂本店大みか本店 日立市大みか町1-6-7
運平堂本店多賀店 日立市千石町2-4-33
運平堂本店日立店 日立市幸町1-7-17

(番外編)つくば地区なら宇宙食(540円より)

P1020260aa

出典:http://takablog2006.blog52.fc2.com/

つくば市にあるJAXA筑波宇宙センター(つくば駅よりバス)や茨城県自然科学博物館(守屋駅よりバス)ではお土産用に「宇宙食」を販売しています。ケーキ、おもち、お好み焼きなどそのまま食べられる様々な宇宙食があり、茨城県の生徒や児童の遠足や見学のおみやげの定番です。

(番外編)北部なら磯原まんじゅう(1個80円)

磯原まんじゅう

磯原まんじゅうはこちらで紹介しています。➡茨城県の観光…磯原駅のランチ、グルメ 寿司屋巡りと玄米オムライス

 

広告

 

茨城県のページ⇒こちらから

茨城県のページ⇒こちらから


広告

 

関連記事

特急ひたち・ときわで茨城へ 座席指定券・未指定券(自由席)・車内販売 外せない7ポイント

茨城県 牛久大仏周辺の豪華で安いランチ佐貫駅・Grano(グラーノ)

茨城県は不人気観光地 最下位を独走する5つの理由

茨城県の観光…磯原駅のランチ、グルメ 寿司屋巡りと玄米オムライス

関東ローカル線茨城県…水郡線の観光、グルメとおすすめ途中下車駅

茨城県観光のおすすめ 笠間焼きを見てそばと名物稲荷寿司

茨城県・鹿島神宮駅 おすすめのランチ、ホテル、観光ガイド

茨城県水戸駅周辺 地元推奨の安いお土産ランキング

茨城県観光穴場 あの乗り物で日立おさかなセンターへ(海鮮ランチ)

 

(参考)茨城県のお土産のキーワードは「ほっこり」

最近はテレビでもおなじみの言葉「ほっこり」は江戸時代から使われた言葉で、着物を着込んだふくよかな貴婦人のイメージを持つ言葉です。具体的には、暖かい、ふくよか、つややかという意味あいです。名詞の用法もあり、暖かくふくよかなもの、すなわち焼き芋という意味も持ちます。「女中がたの器量ふきりやう、ほっこり買うて喰うてござるも」(東海道中膝栗毛)では「焼き芋」の意味で使われています。

最近テレビなどで使われる「ほっこり」は主に江戸時代の「暖かい」の語義を引っ張りつつ、「ほっとする」とのイメージの混同を許容しながら使われているようです。したがって「ほっこり」=あたたかく落ち着く感じを表すと押さえておいて間違いはないと思います。ただし、京都を中心に一昔前まで適度な疲れを示す言葉として「今日は日帰り旅行でほっこりとした」というような用法でも使われていたため、京都の人には抵抗がある用法のようです。

茨城のお土産は宇宙食を除けば「ほっこり」でまとめてもよいでしょう。

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)