埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

まつだい・十日町のエリア観光〜棚田と通年展示の大地芸術祭作品〜 

2016/01/19

まつだい・十日町エリアの観光案内です。棚田が豊富な地区ですが、さらに3年に1度行われる「大地の芸術祭」にあわせて制作された通年展示物が隠れた見どころです。さらに棚田を見渡す「農舞台」でのランチも人気があります。

※「大地の芸術祭」開催中の見学にはパスポート3500円が必要ですが、通常期は無料で見学できます。

広告

まつだい・十日町のエリア観光〜棚田と通年展示の大地芸術祭作品〜 

 

まつだい駅へのアクセス

ほくほく線

写真:ほくほく線は駅間が長く各駅停車も高速運転

異例の加速力と高速運転の「ほくほく線」でアクセス

越後湯沢駅または直江津駅からアクセスします。

※ほくほく線は越後湯沢駅~直江津駅を両端のJR線区間を含めた直通運転の列車と、六日町~犀潟(さいがた)駅のみの運転があります。

東京からは上越新幹線越後湯沢駅経由が便利です。北陸新幹線利用の場合は、上越妙高駅で降り直江津駅経由でアクセスします。北陸新幹線の開通でほくほく線内は特急の運転がなくなりましたが、「超快速」や曜日限定の「ゆめぞら号」が運転されています。

※ゆめぞら号は天井に映像を投影する子どもに人気の列車。旧型車両(ゆめぞらⅡでなくゆめぞら)の場合、1両は天井への放映はないので予約の際に確認を。
※ほくほく線は高速運転のため地方私鉄では異例だがトンネル区間が多め。
※その反面各駅停車も素晴らしい加速力を見せ、標準速度は高速運転で有名な関西の「新快速」をしのぎます(かつての特急運転時代に、特急の迷惑にならないよう各駅停車車両も高性能)。

川沿いのローカル線飯山線でアクセス

千曲川 飯山線車窓

写真:非常に時間がかかるが飯山駅からのアクセスは車窓が魅力

飯山駅または越後川口駅(長岡駅の南)からアクセスします。

飯山線はほくほく線に比べ速度が遅く、とくに飯山駅(長野駅でも可)からのアクセスには相当時間がかかります。その反面全線に渡り千曲川(信濃川)を車窓右手に見ることができます。東京からの場合長岡駅まわりが便利です。長岡はランチ王国ですので途中下車がおすすめです(➡長岡駅ランチランキング)。

関連記事➡飯山線の旅 観光と車窓案内(青春18きっぷ)

東京駅からもっとも一般的なアクセスは越後湯沢駅でほくほく線に乗り換えるルートです。繁忙期に上越新幹線の指定席が取れない場合、MAXとき号を選ぶと座席数が多く自由席がやや取りやすいです(夏休みは東京駅乗車が必須)。またMAXたにがわ号越後湯沢行き(各駅停車タイプ)は座席数の割に利用者が少なくかなりの狙い目になります。

クルマでアクセス

棚田は交通の便が絶望的に悪いため現地でレンタカーを借りるのもおすすめです。十日町駅周辺にはトヨタレンタリース(軽6時間5400円)、美雪レンタカー(軽1日5000円)、駅レンタカーがあります。美雪レンタカーは地元企業で割安。また駅レンタカーはJRとセットで購入すると切符が1〜2割引きになりレンタカーも安くなります。

また上越線の越後堀之内には「100円レンタカー魚沼店」があります。関連記事➡格安100円レンタカー体験記(評判と激安ゆえのデメリット)

広告

「大地の芸術祭2015」終了後もまつだい駅周辺は作品見学が可能

まつだい 大地の芸術祭

まつだい駅周辺は、駅周辺に作品群が芸術祭終了後も保存されており徒歩でも回ることができます。駅前の棚田を中心に設計されておりしており、徒歩圏に見所が凝縮しています。

まつだい 大地の芸術祭

まつだい駅周辺のコースは駅の栄えていない方(山側、松代城跡側)に8の字型に展開しています。徒歩の場合8の字をすべて回り松代城跡まで登るのは少しきついですので、8の字の下半分を1周するコースがお勧めです。

まつだい駅の裏側の出口に出る→農舞台(棚田を見渡す施設)→城取橋→11番(人気のある色えんぴつの作品)→17番(赤い屋根の作品)→棚田→まつだい駅のコースです。22番(ドアの作品)も見落とさないようにします。

まつだい 駅周辺

城取橋が芸術作品軍への入り口。

大地の芸術祭

11番の色えんぴつの作品で人気があります。通年設置です。

まつだい 芸術祭

7番の赤い屋根の作品。中には冷蔵庫があり意外なものがあります。この赤い屋根の作品を折り返し地点として、歩行者専用の道を棚田に下るのが8の字型の下半分の○を1周するルートです。

※まつだい駅~(見学や休憩しながら30分程度)~赤い屋根の作品~(下りのため15分程度)~まつだい駅。若い人なら1時間弱、ゆっくり回って1時間程度。かなり丁寧に見て回ると1時間半程度です。季節によっては炎天下もあるため日傘等が必要です。

まつだい棚田

棚田付近。大地の芸術祭の大きな特徴は、農家の仕事を間近に見学しながら芸術作品を見ることができる点。棚田、森、水溜りなどを非常にうまく活用しており、芸術に興味がなくても飽きることがありません(箱根彫刻の森美術館など自然と調和させたと比べてもターゲットが広いです)。

また子どもや女性を意識した作品も多くあります。棚田に関心があるお年寄りから、カラフルな作品に目を引かれる子どもまで、多くの層が楽しむことができます。まつだいの作品群は前回2012年までの芸術祭の作品が中心ですが、初めてなら必見です。

大地の芸術祭まつだい

22番のドアの作品(駅を背に右斜め方向)は見落としがちなため注意が必要です。「注文の多い料理店」がモチーフ。

 

まつだいのお土産のおすすめ

コシヒカリあんぼ まつだい

まつだい駅構内のスーパーで販売されている「コシヒカリあんぼ」。中身は山菜、味噌、あんなどで小型のおやきのイメージです。しかしその食感と味はおやきとは勝負になりません。冷めてはおいしくないおやきに対し、「あんぼ」は冷めてもまったく問題ではなく、レベルが一段上と言うほかないでしょう。芝峠特産加工組合が手作りしており、週4日しか店頭には並ばないとのこと。

※ただし持ち帰ると驚くほど劣化してしまうのでその場で食べてください。

まつだい芝峠温泉「雲海」でも販売されています。まつだい駅から4キロの場所にあり、まつだい駅からの送迎も可能とのことです。露天風呂がすばらしくもはや人に教えたくないレベルになります。

 

まつだいエリア、松之山エリアの棚田

まつだい、松之山エリアは棚田の宝庫。地元の方に聞いたおすすめの棚田を紹介します。バスがほとんど使い物にならないためクルマで行くことになります。

まつだいエリアの棚田

image

・星峠の棚田 … 住所は「十日町市星峠」。上の写真のように、ポスターでも紹介される最も人気がある棚田です。市営バスがありますが住民専用。

・儀明の棚田 … 住所は「十日町市儀明」。樹木に囲まれた美しい棚田。本数は少ないですがバスがあります。時刻表

※蒲生の棚田は工事中です(2015年7月下旬の情報、10月に再確認済み)。

松之山エリアの棚田

・留守原の棚田 … 住所は「十日町市松之山天水島」。伺った地元の方は棚田なら松代エリアを勧めるニュアンスでしたが、松之山で挙げるなら一応棚田百選に入った留守原ではないかということでした。

※「狐塚の棚田」は区画整理され長方形の棚田になっています。また理由を忘れたのですが「新田の棚田」は現在見学に不向き。

ランチは「まつだい農舞台」で棚田を見ながらのランチ(1000円〜)などがおすすめ。

Satoyamasyokudo-720x360

出典:施設周辺マップ - 食べる

十日町駅に立ち寄る場合はラーメンがおすすめ

-4-21-e1421727829304-300x225

十日町駅周辺はどちらかというと市街地であり観光地ではありませんが、通年芸術作品(石像)が多く置かれ、ラーメン店が多いことでも知られています。十日町在住の方に聞いた十日町駅周辺の人気ラーメン店です。

芸術作品の様子はこちら ➡十日町駅ランチ、ホテル、観光のおすすめ/芸術(彫刻)とラーメンと豪雪のまち

地元の方によると駅に近いラーメン店なら「とんこつの小川」「大将亭」「ラーメンクマ」に人気があるそうです。また写真の「たかみち」は若い人に人気とのことでした。また、小千谷名物の「へぎそば」の有名店が十日町の「小嶋屋本店」です。和服を作るときに使う天然の糊をつなぎに利用したほかにはないそばでこちらもおすすめです。

関連記事 ➡鯉とへぎそばの町小千谷駅 食事・観光・ホテル・ランチのおすすめ

記事は以上です。以下は2015年大地の芸術祭の記録です。次回は2018年となります。

関連記事

飯山線 車窓

渓流ローカル線 飯山線の旅 観光と車窓案内

実地調査!新潟駅周辺ホテルランキング

上越妙高駅の絶景スポットと話題の雪室コーヒー おすすめの観光、ランチ、食事、駐車場、レンタカー!

十日町駅ランチ、ホテル、観光のおすすめ/芸術(彫刻)とラーメンと豪雪のまち
長岡駅ランチランキング/洋風カツ丼、レーメン、イタリアン、ラーメン全部食べたい

佐渡汽船予約と観光の前に 常連が教える船内と裏ワザ

浦佐駅、小出駅/おすすめのホテル、ランチと観光(新幹線建設の謎)

鯉とへぎそばの町小千谷駅 食事・観光・ホテル・ランチのおすすめ<

2015年大地の芸術祭(終了)の記録

(電車+徒歩向け)2015年大地の芸術祭十日町駅駅周辺のコース

十日町駅の東口(飯山線側)を出て左に進み、大地の芸術祭2015の主要な会場である「キナーレ」を見て、へぎそばで有名な小嶋屋本店付近経て時計回りに駅に戻るルートです。「キナーレ」以外にも、道沿いに多くの作品が展示されます。

T229_Nakamura-720x360

出典:越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

(バスタクの利用)まつだい駅周辺のコースは徒歩で十分楽しめますが、十日町は市街地。車でしか行けない廃校跡などを利用した展示を見たい場合は「バスタク」の利用がおすすめです。2日フリーパス2500円。3日以上は3500円。

(臨時バスの利用)大地の芸術祭開催中、十日町駅、まつだい駅、大地の芸術祭津南総合案内所(津南駅から徒歩25分または路線バス)の3か所から半日かけて見どころを周遊するバスが出ます。見どころでは一定の時間停車。例えば2泊3日なら、初日十日町駅発の午後のコース、2日目まつだい駅発の午前、午後のコース、3日目大地の芸術祭津南総合案内所発の午前のコースのように利用します。時刻表はこちらから

(クルマ向け)2015年大地の芸術祭のおすすめコース

地元で大地の芸術祭にかかわっている方に聞いた十日町駅周辺起点のお勧めコースは以下の通りです。

まつだい農舞台(まつだい駅付近)

カーナビの入力=まつだい駅。詳細は上述しました。まつだい駅周辺はクルマでも回れます(駐車して徒歩でも散策も可)。

松之山エリア

カーナビの入力=十日町市松之山藤倉192。「最後の教室」は廃校になった教室を使っています。フランスのクリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン。この地区の廃校は駅から遠いため、車ならではのスポットです。

Y-052-940x470

出典:最後の教室

清津倉庫美術館

カーナビの入力=十日町市角間未1528。こちらも廃校になった小学校の体育館を改築した巨大な展示を準備中です。駅から遠く車ならではのスポットです。

N072_main-940x470

出典:清津倉庫美術館

まつだい駅→①→②→③→十日町駅付近orに越後湯沢方面(塩沢・石打IC)の反時計回りのルートです。

(クルマ向け)棚田と芸術祭(終了)をセットで回る場合のおすすめ

地元の方の情報を総合すると以下の道順がおすすめです。
①十日町駅周辺 カーナビ:十日町駅
②まつだい農舞台(まつだい駅付近) カーナビ:まつだい駅
③まつだいエリアの棚田(儀明の棚田→星峠の棚田) カーナビ:「十日町市儀明」→「十日町市星峠」
④松之山エリア カーナビ:十日町市松之山藤倉192
⑤清津倉庫美術館 カーナビ:十日町市角間未1528
⑥十日町駅周辺(または越後湯沢方面)

(電車向け)旅館が取れない場合、面倒な場合は越後湯沢駅発のバスツアー

コースを組むのが面倒、調べる時間がないというときには、越後湯沢駅発の1日ツアーもおすすめです。また、十日町駅周辺などで宿が確保できなかった場合、越後湯沢駅(あるいは隣駅の浦佐や上毛高原)に宿泊して越後湯沢駅発のツアーに参加するのも裏技です。
①越後湯沢駅周辺のおすすめの旅館
クチコミ件数が50件以上で評価が高い順。スキー旅館はカットしました。
越後湯沢温泉 松泉閣花月
越後湯沢温泉 さくら亭
越後湯沢 HATAGO井仙
越後湯沢温泉 一望千里 御湯宿 中屋
越後湯沢温泉 湯沢グランドホテル<新潟県>
②浦佐駅の宿泊情報
浦佐駅、小出駅/おすすめのホテル、ランチと観光
③上毛高原駅の宿泊情報
上毛高原駅・沼田駅周辺のホテル情報(無料貸切露天風呂のある穴場)
④穴場は小出駅や小千谷駅
浦佐駅、小出駅/おすすめのホテル、ランチと観光
鯉とへぎそばの町小千谷駅 食事・観光・ホテル・ランチのおすすめ

バスツアー(終了)の概要
(1)北回りコース 越後湯沢駅東口(9:20)→六日町駅→十日町駅→モグラの館・うぶすなの家(古民家での昼食)・つんねの家のスペクトル・影向の家など→十日町駅→六日町駅→越後湯沢駅(18:25頃)/8400円(昼食、ガイド、鑑賞券付)
(2)南回りコース 越後湯沢駅東口(9:20)→六日町駅→十日町駅→絵本と木の実の美術館・Kiss&Bye・清津倉庫美術家・最後の教室など→十日町駅→六日町駅→越後湯沢駅(18:25ごろ)/8400円(昼食、ガイド、鑑賞券付)。昼食は十日町市内でそばか和食。
(※)上記のほか南北のエリアを問わず要所を早回りするダイジェストツアーがあります。このツアーは6800円(昼食、ガイド、鑑賞券付)。まつだい農舞台での昼食がつく点がおすすめです。また開催日限定ですが大地の芸術祭のディレクターが案内するコースもあります(ミステリーツアー形式)。バスツアーの詳細はこちらから

 

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)