長寿店の評判は?|押し売り力が草津一の温泉まんじゅう


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

草津温泉の温泉まんじゅう、長寿店は、湯畑と西の河原を結ぶ通りの奥の方にあります。湯畑から7〜8分。店の前に常に数名の試食部隊を配置し、店内に誘導する商法が有名。長寿店は、草津一押しが強い温泉まんじゅう店です。

筆者:旅行年100日。草津はもちろん、各地の温泉まんじゅうをよく知っています。

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


ランチ 草津温泉バスターミナルや湯畑に近い、穴場のランチ店がとり彦

関連記事

温泉まんじゅうの長寿店は、独自の押しが強い商法で有名

草津温泉  長寿店

草津温泉の温泉まんじゅう、長寿店は、湯畑から西の河原に向かう途中、比較的奥の方にあります(地図)。お店の前は細い路地になっており、常時4名程度の試食おすすめ部隊(オッサン)が配置されています。

長寿店では、四角いお盆に乗せて、試食を強く勧めています。草津温泉を訪ねる人の多くは、西の河原を訪ねますので、草津温泉を訪ねたことがある人には、おなじみの、名物的な風景です。

試食おすすめ部隊は、どことなく、上司に無理やり働かされている雰囲気のオッサンが多く、無下に断りにくい雰囲気を狙っているのかも知れません。

長寿店では試食すると必ず店内に

長寿店の前の道で、温泉まんじゅうを受け取ると、すぐに別の人からお茶の入った湯のみを渡されます。両手がふさがってしまいますし、湯のみを返す必要もあるので、店内に案内されます。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

うまい商法! 誰が考えたのだろう??

店内には、10人くらいが座れます。

長寿店

店内には、売り場にやり手のおばちゃんが数人います。試食していると、購入しそうな人を天性の勘で見抜いて、売り場越しに話しかける仕組みです。ただ、半分くらいの人は、買わずにお礼だけ言って帰るようです。

温泉まんじゅうは、全て値引きになっていますが、定価販売はおそらく行っていないはず(笑) また、いつ来ても「本日より特別(値引き)サービス中、消費税をサービス致します」と表示されています。このような押しの強さも、温泉街独特のおおらかさで不思議と受け入れられています。

なお、宿泊先のホテルへの配達があるようで、クルマでホテルに来ており、大量に購入というような場合は便利です。

長寿店

長寿店では、①オーソドックスな茶色いおまんじゅう、②白い皮の栗あん、③緑の皮のうぐいすあんの3種類を扱っています。

評判は?|長寿店は商法に好き嫌いがあるも、味は正統派

お店の前の営業マン(オッサン)と、売り場のセールスレディ(おばちゃん)に人件費を割いている長寿店ですが、温泉まんじゅうはオーソドックスで悪いものではありません。皮は、表面と中でしっかりと食感の違いがあり、あんも標準程度です。

温泉まんじゅう激戦区の草津温泉では、そこそこといった味ですが、東京で売っていたら、みながおいしいというレベルです。ただし、蒸したてと、持ち帰りでは味の差はありますのでご注意ください。

【まとめ】長寿店の評判は?|押し売り力が草津一の温泉まんじゅう

以上、長寿店の評判は?|押し売り力が草津一の温泉まんじゅうでした。押しが強く、営業マン(オッサン)とセールスレディの配置に特徴があり、強引だと嫌う人もいますが、買わないで帰る人も少なくはなく、かけ合いを楽しめる方には、草津温泉の思い出ともなり、おもしろいお店です。

  • × 押しの強い販売手法を好まない人。
  • × 全国のとくにおいしい温泉まんじゅうを知っている人(草津では松むら)。
  • ◯ 押しの強さを、草津温泉のみやげ話として楽しめる人。
  • ◯ クルマで来ており、ホテルまで手持ちで帰るのが大変な人。

ランチ 草津温泉バスターミナルや湯畑に近い、穴場のランチ店がとり彦

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました