トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

ブラタモリのまとめ 神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

【横浜】ブラタモリ紹介の歴史・地形観光スポットまとめ…2016.5.14

2017/02/18

NHK番組の「ブラタモリ」で横浜の歴史や地形を踏まえた、穴場的観光スポットが紹介されました。旅行の備忘録としてもご利用ください。

追記情報 紹介された「神奈川駅」周辺を現地取材しました。

「神奈川」はこちらをクリックしてください

広告
人気・新着の記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

ブラタモリのテーマ 横浜の秘密はハマにあり/ブラタモリ横浜

ブラタモリ横浜は国際客船ターミナル大さん橋からスタートしました。

※みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口下車徒歩7分。

横浜市の人口は370万人。市町村区で1位。観光客は年3425万人。テーマは「横浜の秘密はハマにあり」

横浜は小さな漁村だった?/ブラタモリ横浜

中華街東門

出典:http://blog.goo.ne.jp/crossbike_tama

横浜には、浜とつきますが、どこに「ハマ」があるのでしょうか? タモリさんは、横浜の「ハマ」を探して歩きます。

ブラタモリは、あえて海から離れ、大さん橋から中華街東門に移動します(元町・中華街駅2番山下町口すぐ)。中華街の門は下り坂になっています。坂の下にある中華街はかつて海。坂の上は、「横に突き出した砂州」(=横浜の語源)の名残りです。

中華街地図

yokohama-map11

出典:横浜の歴史

神奈川県一帯は、鎌倉幕府の影響を受け徐々に開けていきます。しかし室町時代の文献によると、横浜の原型は湾を横切るように突き出た小さな浜。狭く、砂地が水を通しやすく稲作に向かない寒村でした。神奈川宿(横浜市の北側)や小田原に大きく後れを取っていた横浜が370万都市に躍進したのはなぜだったのでしょうか?

世界に開かれた横浜・関内はかつて海の底だった/ブラタモリ横浜

yokohama-irie

かつての「横浜村」は現在の山下町付近にあたり、現在繁栄している関内駅周辺は海の底でした。関内の由来は、外国人居留地を分ける関の内側という意味です。桜木町駅、関内駅、石川町駅のラインより西側が「関外」、海側(東側)が「関内」と呼ばれました。

「関内」は横浜村の地形を活用し、短期間で埋め立てられ、大きな島のような形に造成されました。大きな島と関外を区切る、桜木町駅、関内駅、石川町駅のラインには、かつては「派大岡川」が流れていましたが、現在では消失しています。関内駅の改札の真下に地下空間があり、派大岡川の護岸の痕跡を見ることができます(一般非公開)。2015年に発見されました。

ブラタモリでは、関内駅の地下空間を見学しています。

江戸時代の中心地 神奈川へ/ブラタモリ横浜

江戸時代には現在の神奈川県の中心は、神奈川宿でした(京急神奈川駅付近、東海道線の駅はありません)。

 三寳(宝)寺 … 空中仏閣。マンションから入るお寺。
 大網金刀比羅神社 … 航海の安全を見守る神様。
 割烹 田中家 … かつて海に面していた料亭。
■■■ ブラタモリでタモリさんが歩いたルート(東から西へ)

神奈川駅

京急神奈川駅からは、三寳(宝)寺が見えます。並走する東海道線に駅はありません。

神奈川駅を出て、跨線橋を渡り直進し三寳寺近くを通る細い道に入ります。付近の旧東海道には江戸時代には関所や一里塚(大網金刀比羅神社前)がありました。

空中の仏閣 三宝寺/ブラタモリ横浜

三宝寺

近くの緑道から見上げた三寳寺です。この緑道の地下には東急東横線が走っています。1950年までは神奈川駅(緑道のトンネル付近)が存在しましたが、横浜延伸で廃止になりました。なおトンネルは安全のため夜間は閉鎖されます。

三宝寺/ブラタモリ横浜

三寳寺(三宝寺)は、手前マンションの入り口からエレベーターで上がり7階から入ることができます。かつてはお隣の大網金刀比羅神社と同じ高さにありましたが、マンション建設の際に支柱を設けて「空中」に移転したという珍しいいきさつがあります。

三宝寺/ブラタモリ横浜

7階の様子

三宝寺/ブラタモリ横浜

マンションから空中にある三宝寺へは、端が渡されています。

三宝寺/ブラタモリ横浜

三寳寺(三宝寺)は浄土宗の寺院ですが、外来者参拝の構えはなく檀家さんのための寺院のようです。

船舶と東海道中の安全を祈った大綱金刀比羅神社/ブラタモリ横浜

大綱金刀比羅神社/ブラタモリ横浜

大綱金刀比羅神社(おおつなことひらじんじゃ)は、かつては眼前に東海道と海を見守り、旅行者や船舶の安全を祈願していました。右隣にあった三寳(宝)寺が、空中に移動したため現在では見上げる形です。

大綱金刀比羅神社/ブラタモリ横浜

大綱金刀比羅神社の境内。

大綱金刀比羅神社

かつての大綱金刀比羅神社の様子。海と山が迫る狭小な土地のため、本堂は山を切り崩して建てられたことがわかります。現在本堂は残っていません。

海を見下ろしていた割烹田中家/ブラタモリ横浜

割烹田中家/ブラタモリ横浜

タモリさんは坂を上がり現在はマンションに囲まれた割烹田中家を訪ねます。かつては海の絶景が旅人の疲れを癒やし、坂本龍馬の妻おりょうが勤めていたこともあります。

割烹田中家

出典:田中家HP

かつての風景です。神奈川は多くの人と船舶が行き交う場所だったのです。

※当サイトではキュレーション手法を極力避けていますが、ブラタモリ関係の記事に関しては手法をやむを得ず使用しております。ご容赦ください。このあとはキュレーションになります。

なぜ「神奈川」から中心が移ったのか 本覚寺/ブラタモリ横浜

なぜ「神奈川」から、現在の横浜に中心が移ったのでしょうか?

横浜の発展は、外国船の来航が大きな契機になりました。日米通商修好条約が締結され、幕府は米国の要求に従い「神奈川」の開港を約束しました。しかし幕府は、宿場町として栄えていた神奈川を開港することによる日本人とのトラブルを危惧し、横浜に場所をずらしたとされます。

「神奈川」の本覚寺は、開港に備えアメリカの領事館として接収されました。同様に慶運寺もフランス領事館として収容されました。着々と準備が進んみましたが、幕府は横浜も同じ湾に面しており神奈川の一部だと強弁し、横浜が開港され関内が整備されました。

不便だった横浜への陸路をどう解決したのか/ブラタモリ横浜

東海道と横浜

横浜は、東海道から非常に不便な場所でした。

鉄道を引く際に山地を切り崩し切り通しとし、その土で海に堤を造成することで東京(品川)からの線路が敷かれました。開業当時の横浜駅は、現在の桜木町の位置です。

初代横浜駅の水源・掃部山公園付近としりこすり坂/ブラタモリ横浜

ブラタモリは、初代横浜駅に近い掃部山公園付近を訪ねます。

蒸気の高圧を動力とする蒸気機関車には、海水でなく真水が必要です。掃部山公園付近の湧水が利用されていたのです。かつての取水場所にはトンネル(立入禁止)が残っています(一般非公開)。タモリさんが、トンネル内を進むと、礫層、泥岩層(ローム層)の境目から水が染み出しています。トンネルは、2つの層の境目に沿って掘られていました。

横浜は急速な発展を遂げ、明治15年には人口が77000人に膨れ上がります。相模川から、「しりこすり坂」を超えて野毛山まで44キロの近代水道が敷かれました。水は始点より終点の高度が少しでも低ければ、途中には上り下りがあっても動力なしで運搬することが可能です。

※しりこすり坂は、日の出町駅から徒歩12分程度。野毛山動物園の西側です。

【横浜】ブラタモリ紹介の歴史・地形観光スポット

  1. 横浜の秘密はハマにあり 横浜は小さな漁村だった?
  2. 世界に開かれた横浜・関内はかつて海の底だった
  3. 江戸時代の中心地 神奈川
  4. 空中の仏閣 三宝寺
  5. 船舶と東海道中の安全を祈った大綱金刀比羅神社
  6. 海を見下ろしていた割烹田中家
  7. なぜ「神奈川」から中心が移ったのか 本覚寺
  8. 不便だった横浜への陸路をどう解決したのか
  9. 初代横浜駅の水源・掃部山公園付近しりこすり坂

※京急神奈川駅付近では、駅→三寳寺→大綱金刀比羅神社→田中家の順に東海道の面影を周ることができます。所要30~40分程度。

以上、ブラタモリ横浜編紹介の歴史・地形観光スポットまとめでした。

横浜では家系ラーメン総本山・吉村家もおすすめ

元祖家系・吉村家 行列の並び時間はどのくらい?


広告

-ブラタモリのまとめ, 神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)