神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

【現地取材10回】熱海の観光モデルコース|電車バスレンタカーで巡る日帰り1泊、穴場の旅

更新日:


【現地取材ブログ】電車・バス・レンタカーで巡る、熱海旅行のモデルコース、観光プランを日帰り・1泊別に紹介します。筆者の熱海訪問は10回以上。後悔のない、熱海観光を紹介いたします。


  • 筆者:年50泊の旅行し、2つの旅行ブログを制作。通常の旅行サイトが行う記事外注を一切せず、全記事を統一した基準で書いています。

関連記事

東京から熱海への電車でのアクセス

東京から熱海へのアクセスは、新幹線、特急踊り子、普通(快速)列車(グリーン車でも最大980円)、小田急→JRのルートがあります。

時刻表例(東京→熱海)片道料金
新幹線9:26→10:11(45分)3670円(自由席)
特急踊り子9:00→10:20(1時間20分)3280円(自由席)
JR快速9:09→10:47(1時間38分)1940円
小田急経由新宿9:10→小田原乗換→11:32(2時間22分)1290円

※熱海には高速道路が通っていないため、高速バスルートはありません。

新しい熱海は、3つの時代を楽しむのがコツ

熱海温泉は、江戸時代には、温泉番付で行司の地位を獲得し、お湯を吹き上げる間欠泉がその中心でした(現在は枯れています)。昭和時代には、新婚旅行や団体旅行で人気を集めましたが、歓楽街や大旅館が個人旅行には合わず衰退。近年、花火、来宮神社、インスタ映えするプリンなどの工夫で復活しつつあります。

熱海は、さまざまな時代が混ざった雑多さが魅力です。

江戸時代の熱海 間欠泉跡、家康が愛用した日航亭大湯(立ち寄り湯)、江戸時代から続く古屋旅館(楽天)がおすすめ。
明治~昭和時代の古い熱海 お宮の松(明治)、起雲閣(大正期の別荘)。昭和のサンビーチ、熱海城、大型ホテル(熱海後楽園ホテル(楽天))がおすすめ。
新しい熱海仲見世の新名物・熱海プリン、週末(不定期)の花火大会、2019年オープンの温泉施設fuuaがおすすめ。

電車・バスでもOK! 熱海旅行のモデルコース・観光プラン(日帰り)

目的プラン(11~17時)⇒電車(🚄) →バス(🚌) …徒歩 =車(🚙)
1人旅・落ち着き熱海駅…まぐろや(安い)…熱海駅🚌→伊豆山神社(海・山の景色が良い穴場。バス使うと階段は少し)🚌→熱海駅…日航亭大湯(泉質の良い立ち寄り湯)…(海まで商店街を散歩)…サンビーチ🚌→熱海駅
写真・カップル熱海駅🚌(無料送迎バス)→温泉施設fuua(海の絶景の露天風呂)→🚙(タクシー950円前後)=来宮神社🚌…サンビーチ(時間が許せば夜景まで)🚌→熱海駅
(※時間が余れば、fuua前からロープウェイで熱海城の絶景)
食べ歩き・グルメ熱海駅🚌→サンビーチ…味里(熱海名物イカメンチ定食)…日航亭大湯…純喫茶 パインツリー…あをきのひもの 本店(お土産)…レストラン クレール(地魚のレストラン)…銀座🚌→熱海駅
レンタカー熱海駅🚙=温泉施設fuua🅿(海の絶景の露天風呂、ランチあり)🚙=(三島スカイウオーク、富士見テラス、だるま山展望台、城ケ崎海岸のいずれかへ。いずれも所要1時間弱)=熱海駅
歴史・地形来宮駅…来宮神社…(下り坂6分)…日航亭大湯…大湯間歇泉(熱海温泉の原点)…喫茶ボンネット(ランチ)…(8分)…起雲閣(熱海三大別荘)…天神町🚌→お宮の松(サンビーチ散策)🚌→熱海駅
グループ・子連れ熱海駅🚌(無料送迎バス)→温泉施設fuua(海の絶景の露天風呂) →(ロープウェイ) →熱海城→ (ロープウェイ) →fuua … サンビーチ(時間が許せば夜景まで)🚌→熱海駅
雨天熱海駅🚌 (無料送迎バス) →温泉施設fuua(広い休憩施設、ランチバイキングもあり1日いても飽きない) →🚙(タクシー950円前後) 来宮神社🚌→熱海駅(小雨なら、来宮神社も訪問)

電車・バスでもOK! 熱海旅行のモデルコース・観光プラン(1泊)

目的凡例: ⇒電車(🚄) →バス(🚌) …徒歩 =車(🚙)
落ち着いた場所熱海駅(11時)🚌→ MOA美術館 🚙(タクシー)= 伊豆山神社(海・山の景色が良い穴場。バス・タクシーなら階段少)🚌→熱海駅…(散歩。時間あればバスでサンビーチ)…ホテル
(翌9時)ホテル🚌→来宮神社(午前は空いている)→来宮駅🚄⇒網代駅…ランチ…平鶴(海を望む立ち寄り湯。16時まで)…網代駅
写真・インスタ熱海駅(11時) 🚌(無料送迎バス)→温泉施設fuua(海の絶景の露天風呂)→🚙(タクシー950円前後)=来宮神社🚌…サンビーチ🚌→ホテル…サンビーチ(夜景)
(翌9時)ホテル🚌→熱海駅🚄⇒三島駅🚌→三島スカイウォーク(ライブカメラで事前に確認)🚌→三島駅🚌→柿田川湧水群🚌→三島駅
食べ歩き・グルメ熱海駅(11時)…熱海プリン(午前は行列短め)🚌=サンビーチ…味里(熱海名物イカメンチ定食)…熱海銀座商店街(散歩)…純喫茶 パインツリー…旅館で夕食
(翌9時)ホテル🚌→熱海後楽園→(ロープウェイ)→熱海城(展望台)🚌→銀座…レストラン クレール(地魚のレストラン)…あをきのひもの 本店(お土産)…銀座🚌→熱海駅
疲れが取れない方へ
後悔しないために重要です!

[行動の拠点]新しい熱海駅と足湯 

熱海駅

熱海駅は、90年使われた駅舎を2016年の冬に建て替えられました。駅前の足湯も改装済みです。足湯を利用できる時間は、9時から16時で、それ以外はお湯が抜かれています。

熱海駅の新駅ビル ラスカ熱海のサバサンド

熱海駅の新駅ビル ラスカ熱海には、干物や磯揚げのお店が入っていますが、あをきのひもの本店のサバサンドは、要注目です。熱海の人気パン店とのコラボで、予約しないと手に入らないこともあります。電話0557-81-3232。

ランチは、まぐろやVSこばやし

まぐろや

昭和の熱海が残るのが、駅前の古いビルアタミックスです。特におすすめしたいのが、地下1階のまぐろや。写真のまぐろ丼は、新鮮な赤身のほか、あら汁、小皿がついてなんと500円!(取材時)。千円もあれば、存分に新鮮でおいしい海鮮丼が食べられます。ランチ前後は待ちますが、ベンチもあります。

一方、熱海駅右の仲見世名店街の一本右にあるのが平和通り商店街。こばやしの、夢ちらし寿司はインスタ映えする豪華な丼です(1780円)。限定40色のため、11時の開店時がおすすめ。


[象徴の景色]熱海サンビーチ

熱海の象徴ともいえる存在がサンビーチです! 小さな海岸ですが、デッキは靴を汚さずに散歩が楽しめ、周辺に旅館や飲食店が立ち並ぶ活気のある場所です。

熱海サンビーチ

夜は夜景が美しく、花火が上がる日もあります。三方を山に囲まれているため、音の響きが豪快で、近年熱海が見直された理由の1つとされています。

2019年の花火の日程

3/31(日)4/20(土)5/11(土)5/26(日)6/16(日)6/29(土)7/26(金)7/30(火)8/5(月)8/8(木)8/18(日)8/23(金)8/30(金)9/16(月・祝)12/8(日)12/15(日)※念のため主催者にご確認ください。


[温泉]海が見える立ち寄り露天風呂fuua

温泉施設fuua

2019年には、熱海後楽園ホテルが、海の絶景の温泉施設fuuaを開業しています。海やサンビーチを望む、大きな露天風呂は大注目です!

温泉施設fuua

インスタ映えする休憩施設は広く、岩盤浴やレストランもあり、1日中楽しめます。

温泉施設fuuaが混雑する土日祝日は、ホテルミクラス(熱海駅徒歩12分、日帰り温泉も可能)も候補です。ただし、女性大浴場は低層階です。

一方、秀花園・湯の花膳(熱海駅から送迎バス利用、日帰り温泉も可能)では、一番眺望が良い露天風呂が男女交代制です。


[新名所]来宮神社は、カフェが3つでき人気が急上昇

来宮神社

来宮神社は、由緒正しい神社ですが、境内にカフェを3つ作り人気が急上昇。現在は、熱海を代表する観光地になっています。

来宮神社 アイス珈琲フロート

来宮神社境内に3つあるカフェのうち、本殿に近いカフェのアイス珈琲フロートは特に人気です。

来宮神社 ハート

本殿のハート型は、女子に大人気。


[グルメ]サンビーチのランチは、文人の通った名店からラーメン店まで

サンビーチでは、意外に目立つファミレスのジョナサンを起点に、お店の場所を把握しておくと便利です。熱海駅側のお宮の松(貫一とお宮の像)とジョナサンの間に、サンビーチが広がります。

  • レストランクレール … サンビーチのジョナサンから徒歩1分。地魚を使ったレストラン。広くはないですが、レトロで落ち着いたお店です。ランチもディナーも2千円前後から。
  • 麺匠うえ田(ラーメン) … サンビーチのジョナサンから徒歩2分。テーブル席もありゆとりがあります。ラーメンコンテストにも積極的に出場する人気店で、ラーメン通にもおすすめです。
  • スコット旧館 … サンビーチのジョナサンから徒歩2分。志賀直哉も訪ねた店で、ビーフシチュー(3348円)が看板メニュー。
  • 味里(あじさと) … ジョナサンから徒歩3分。熱海名物のイカメンチを含む漁港定食は1000円(ランチのみ)。 看板メニューの漁師めし定食は1800円。もやサマでも紹介されています。
  • 石川屋(ラーメン) … ジョナサンから徒歩5分。レトロなラーメン屋で、スープの表面に張った油をくぐらせるような独自のラーメンは、東京でも見かけません。店内は古いですが、テーブル席もあります。

[穴場]伊豆山神社

伊豆山

伊豆山は、熱海駅の東京側にあり、新幹線や東海道線のトンネルがくぐる山です。もともと別荘地としてひらけた場所で、別荘の住人やホテルの宿泊客以外訪ねる人はいませんが、熱海の海がとてもきれいに見えます! 熱海の海は、伊豆城(観光城)展望台からサンビーチを眺めるのが定番ですが、伊豆山からの景色は、自然があふれる海の景色です。

伊豆山神社は、バスなら熱海駅から10分です。なお、写真は、中腹の温泉ホステル陽の笑のロビーからの景色です。

旧 日向別邸(現在工事閉館中)

旧日向別邸は、伊豆山の麓にある別荘です。建築の意匠が有名な別荘ですが、現在は改修工事中です。伊豆の別荘の象徴となる建物です。


[桜]早咲きの梅と桜

早咲きの梅と桜は、熱海復活の原動力の1つになりました。熱海では、1月上旬に梅まつり、下旬にはもう桜祭りが開かれます。梅は、11月から咲くものもありますし、桜は早咲きで有名な河津の桜よりも早い開花です。

  • 熱海梅園 … 熱海駅からバス10分。来宮駅から徒歩10分。
  • 【便利】熱海梅園前市道 … 道路沿いの桜だが、梅園に行く途中にある。
  • 【おすすめ】釜鳴屋平七夫婦像  … 熱海駅から徒歩12分。海や夫婦像と桜を組み合わせることができる。
  • 糸川遊歩道 … 熱海駅から徒歩15分。町なかの小川沿いの桜。建物が映り込み、良い写真の撮影は少し難しい。

[熱海駅前]仲見世名店街と熱海プリン

熱海プリン(2018年オープン)

熱海駅前の仲見世は、古くからの商店街で、お土産屋や飲食店が軒を連ねます。熱海プリンは、熱海仲見世名店街を出て右手にオープンした新店です。インスタ映え系のプリンやソフトクリームが人気です。

[絶景]熱海城(展望台)

熱海城は、歴史上に実在した城ではなく、いわば城型の展望台です。その眺望は、熱海の象徴・サンビーチを眼下に収め、三方を山に囲まれた、熱海の地形がよく分かります。

[絶景]錦ヶ浦の岩の景色

熱海を何度か訪ねた人でも、意外に訪ねていないのが錦ヶ浦です。足がすくむような絶景です。海底火山の溶岩がその正体であることが、ブラタモリで明らかになりました。

【ブラタモリ熱海】歴史・地形・観光ルートまとめ #27

錦ヶ浦周辺は、ホテルニューアカオが管理していますが、一般客が見学できる遊歩道もありましたが、現在はその場所に宿泊者用の大浴場棟(スパリウム錦)ができたため、詳細は施設にお尋ねください。

[歴史]温泉発祥の地と熱海銀座商店街

熱海温泉の温泉街は、遅くとも平安末期までには成立していたと言われます。その場所は、大湯間歇泉(かんけつせん)周辺です。大湯間歇泉では、現在温泉は出なくなりましたが、そのまま残されています。周辺の古屋旅館は、江戸時代から残る旅館で、門(屋形門)が映画のロケで使用されました。

熱海の象徴サンビーチから、山側の大湯間欠泉へ向かう熱海銀座商店街は、干物やさんやレトロな喫茶店など、昭和の雰囲気が残る商店街です。多くの団体客が行き交った道です。

ボンネット(喫茶店)

熱海銀座の路地を少し入った場所にある喫茶店・ボンネットは、三島由紀夫、越路吹雪、トニー谷が訪ねたレトロな喫茶店です。当時は珍しかったハンバーガーと、特製ホットドッグが名物です。

ゲストハウスマルヤ

熱海銀座商店街にあるゲストハウスのマルヤは、いくつかのお店を経て廃屋のような倉庫となっていた場所です。地元の有志の手で改装され、現在はゲストハウスになりました。熱海復活の象徴の1つです。

寝室は、プライバシーは保てるものの、木製のカプセル型で狭くなっています。シャワーしかありませんが、近くに立ち寄り湯があり、共用のリビングルームはデザインが良く、快適です。

[便利]湯~遊~バス

湯~遊~バス 公式サイト

観光スポットではありませんが、熱海観光に欠かせないのが湯~遊~バスです(1日乗車券700円)。

熱海サンビーチ、熱海駅・仲見世名店街、錦ヶ浦・熱海城、熱海銀座商店街、起雲閣などをぐるりと結びます。

[歴史]熱海の三大別荘の1つ起雲閣

起雲閣は、大正8年に建てられた熱海市の有形文化財。別荘を経て旅館となり、太宰治が宿泊したこともあります。伝統建築に関心がある方におすすめしたい観光スポットです。

館内にレトロなカフェ、喫茶室 やすらぎがあります。旅館時代は、バーとして利用された場所です。

熱海芸妓見番歌舞練場

熱海芸妓見番歌舞練場 公式サイト

起雲閣から徒歩6分(サンビーチのジョナサンから徒歩4分)の場所にある、熱海芸妓見番歌舞練場では、熱海で要人や文化人をもてなしてきた芸妓文化に触れることができます。土日の11時から30分間の公演です。

[美術館]MOA美術館

尾形光琳「紅白梅図屏風」/美術館 公式サイト

MOA美術館は、近年改装が行われて、改めて注目したい美術館です。展示内容は、尾形光琳「紅白梅図屏風」が代表作となり、かなり本格的で渋め。絵画や彫刻に造詣が深い方向けです。国宝3、重要文化財66を含む3500点の展示。

レストラン、カフェ、そば屋などを併設。高台にあるため、カフェからは、相模灘を見渡せます。

関連する記事

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.