【図解1発】特急サンダーバード座席編成表とおすすめの席|琵琶湖の景色・1人席・コンセント


特急サンダーバードの座席編成表とおすすめの席が、1番シンプルに分かるページです。琵琶湖の景色・1人席・コンセントの情報も。

編成表・座席表と景色がおすすめの席 |サンダーバード

特急サンダーバードの編成表・座席表と景色がおすすめの席は、下の通りです(左右にスクロールできます)。


👈金沢 

車窓 琵琶湖・白山側(おすすめ)

1号車グリーン123456789101110洗面所2号車12345678910111213141516女性洗面3号車1234567891011121314151617184号車12345678910111213洗面所5号車1234567891011121314151617186号車12345678910111213141516洗面所7号車12345678910111213141516女性洗面8号車12345678910111213141516洗面所9号車1234567891011121314151610号車1234567891011121314洗面所11号車12345678910111213141516171812号車12345678910111213141516
(C)(D)(D)(D)(D)
(C)(C)(C)(C)(C)(C)
(B)(B)(B)(B)(B)(B)(B)(B)
(A)(A)(A)(A)(A)

車窓 景色は良くない

大阪👉

  • 基本は9両。多客日は12両で運転します。
  • 4号車には、必ず1人席があります。
  • 11、12号車は( )席はある場合、ない場合があります。したがって、11、12号車に1人席がある場合もあります。

下はこだわりの表。午前の水戸方面なら、E席がおすすめです。

景色景色が良いのは、往復ともDC席です(琵琶湖、白山側)。
日差しCD席は、南北に走る琵琶湖付近で、朝日が少しまぶしくなります。
コンセント コンセントがあるのは、すみの列だけです(1番と数字がいちばん大きな番号の席)。扉の横の壁にありますので、進行方向によっては、長いコードが必要です。グリーン車は全席。
寝る椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、1番後ろの席を確保します。金沢方面なら、いちばん大きな番号の席です。
窮屈最前列の席は、足が伸ばせませんが、デスクが大きいというメリットがあります。
1号車グリーン123456789101110洗面所2号車12345678910111213141516女性洗面3号車1234567891011121314151617184号車12345678910111213洗面所5号車1234567891011121314151617186号車12345678910111213141516洗面所7号車12345678910111213141516女性洗面8号車12345678910111213141516洗面所9号車1234567891011121314151610号車1234567891011121314洗面所11号車12345678910111213141516171812号車12345678910111213141516
(C)(D)(D)(D)(D)
(C)(C)(C)(C)(C)(C)
(B)(B)(B)(B)(B)(B)(B)(B)
(A)(A)(A)(A)(A)

映像で見る琵琶湖の景色

琵琶湖の景色はD席がおすすめ。金沢よりの方が家が少なく、よく見えます。全体で、10分以上は琵琶湖が見えます。午前の金沢行きは、少し朝日がまぶしくなります。


1人で座れるおすすめの席|サンダーバード

サンダーバードには、必ず1人で座れる席があり、おすすめ(座席から見た写真)。

4号車12Dと13D必ずある
11号車15Dと16D、 12号車1Aと2A 列車によって異なる
  • 12D、15Dはテーブルが2つ使えます!
  • 16D、1Aは、コンセントが使えます。ただし、コンセントは扉側にありますので、進行方向によっては、後ろになります(長めのコードが必要)。

【落とし穴】平日昼間など空いているときは、1人席だけ埋まることも。椅子をフルで倒されることがあり窮屈(写真)。空いている時間なら、2人席が良い。

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました