千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

南行徳駅/取材による安いランチランキング(ラーメン、とんかつの激戦区の食事ガイド)

2016/01/19

東西線南行徳駅/中野と千葉県の西船橋を文字通り東西に結ぶ東西線の東寄りにある「南行徳駅」。古くは江戸に運ばれる塩田で有名でしたが、現在はごく普通のベッドタウン。しかし規模の割にはなぜか飲食店が多く、駅高架下商店街の大半を占めています。

広告

南行徳駅/取材による安いランチランキング(ラーメン、とんかつの激戦区の食事ガイド)

南行徳駅周辺のランチランキング

メトロ東西線南行徳駅周辺(500m以内)で食べログの評価が3.3以上のランチや食事処(目安1000円未満)は以下の通り(取材時)。

とんきメトロ店 … とんかつ。後述。
すし徳 灑落(さいらく)… 最近ランクインしたお店。昼はそばがメインです。夜は高級寿司店。

800mに拡大すると以下もランクイン。
どんきさろく … ラーメン。後述。

お店の数が多い割には、あまり挙がりませんでした。住宅地のため来訪者が少なく口コミ数が少ないのも影響しているかもしれません。

 

実際に訪問した印象を中心にランキングを作成してみました。

南行徳駅1位 とんかつ「とんき」

とんき 南行徳

東西線の高架下に店があり駅直結のとんかつ専門店です。昼は750円、夜は980円のメニューがおすすめになっていますので、このあたりの金額を用意しておけば大丈夫でとんかつ屋としては安いと言えます。

とんき 南行徳

初老の料理人が揚げている昔ながらの店で、肉の質も揚げ方もよくかなりのおすすめです。写真はランチのとんかつ、クリームコロッケ、からあげのミックスです。それぞれ出来合いのものを揚げるのではなく、きちんと手作りされています。

とんかつ以上に驚いたのがクリームコロッケ。きちんと材料から作り、腕がある料理人が揚げればこんなにおいしいのかと感慨を覚えました。材料、油、揚げ時間などいろいろな点で熟練されているからこそ出せる味なのではないかと思います。

大手とんかつチェーン同様、ごはん、キャベツなどはお替り自由です。ランチの750円メニューは、ほかならもう少し取るのではないでしょうか?良い店です。

とんきの文体……手仕込手上げのとんかつを廉価で提供
(注)「文体」……三島由紀夫が提唱する文学の概念で、作家が生涯を通じて伝えていく何らかの理念。それはこれ見よがしにアピールされず文章に溶け込んでいなければならない。優れた飲食店なども「文体」を堅持し、これ見よがしに壁にべたべた張らずとも読み取れるのが名店と考えます。

ほかのとんかつ屋の評価は?

南行徳駅周辺はとんかつ屋の激戦区。

かつ壱番屋 南行徳駅

1位に挙げた「とんき」のすぐ近くに店を構える「かつ壱番屋」。お店が近いためか価格帯は同程度。内装はやや「とんき」の方が落ち着きがありますが、いずれも大衆的な雰囲気です。両店ともテーブル席メインで少しだけカウンターがあります。

南行徳駅 とんかつランチ

夜でもお買い得な竹定食880円(税込)。とんかつ4切れほどにハムカツ、串揚げがついてきます。かつ壱番屋は、とんかつをはじめ様々なフライの組み合わせ定食が豊富にあり、さらに「スパゲッティナポリタン&ロースカツ定食(1000円)」「タルタルチキン南蛮定食 から揚げ&チキンカツ(980円)」といった異色メニューも揃います。

とんかつや揚げ物の味(特に素材)に絞り込めばメニューを絞った専門店である「とんき」の方が上です。とんかつだけでなくメニューの豊富さを求めるなら「かつ壱番屋」が良いでしょう。接客も良好です。

このほか牛丼の松屋系列の「松乃家」がワンコインでロースかつ定食を出しています。駅北口すぐ。テーブルは少なくカウンターが中心です。

 

 

南行徳駅第2位「麺と酒 すてぃーぼ」(ベジポタラーメンの看板)

ベジポタラーメン 南行徳

南行徳駅北口を出て駅を背にして7分程度歩くと県道7号に出ます。右に曲がりしばらく行くと、吉野家が見えてきますがその少し手前右側です。この辺りはラーメンの激戦区になります。店名より「ベジポタラーメン」の看板が目立つので、それが屋号だと思っている方も多そうです。駅からは都合10分ほどで着きます。

ベジポタラーメン 南行徳

ベジポタラーメンは、野菜やじゃがいもをベースにした健康的で自然な味のラーメンです。やさしい味ではありますが、ラーメンとしての塩辛さや満足感もあり、男性、女性からお年寄りまで楽しめるラーメンです。

ベジポタラーメンはこの店オリジナルではなくひとつのジャンルです。じゃがいもの存在感がありますので、多少ポタージュのイメージを持ってもいいかもしれませんが、全体にすべてが突出することなくうまくまとめられています。近隣にラーメン店がいくつかありますが、それぞれ該当ジャンルのラーメンを食べたことがあれば、突出する個性に欠く面もありこの店を2位にしました。

ベジポタラーメン 南行徳

女性を意識した、木目調でデザインの良いかわいらしい小物などが置いてあります。

なおメニュー数が多く外れもあるという口コミとなっていますが、店名よりも大きく書いてあるほどのベジポタラーメンはおすすめできます。全体として試行錯誤しながらというイメージかも知れません。夜は常連が定位置に座っていることが多く、入りにくい雰囲気がありますので改善してほしいところです。

麺と酒 すてぃーぼの文体……野菜とジャガイモをベースとしたホッとする味のベジポタラーメンが看板。おしゃれで女性でも入りやすい。

南行徳駅第3位 いきなりステーキ

いきなりステーキ 南行徳

東西線の高架下に店があり駅直結。前身は廉価ステーキの「ペッパーランチ」でしたが改装して同じ会社の「いきなりステーキ」としてスタート。無駄を省き立席にしてコストダウンし、1200円のステーキランチを実現しています。「ペッパーランチ」が過去に店長による刑事事件を起こしていることから批判的な意見もありますが、内容的には工夫されており3位として掲載しました。最近は「いきなりステーキ」の各店舗に行列ができるなど話題になっています。

詳細は別記事 →いきなりステーキのランチ 肉質と味の口コミ/待ち時間少ない南行徳

 

南行徳駅第4位 沖縄食堂たけとみや

ゴーヤチャンプル定食

東西線の高架下に店があり駅直結。珍しい沖縄食堂のチェーン店それもまだ2店目です。写真は750円でハーフ沖縄そばもつくゴーヤチャンプル定食。コストパフォーマンスは良好です。

詳細→ 沖縄食堂たけとみや 新飲食チェーンが登場(南行徳駅・西葛西駅)

 

追記(2015年5月下旬) 開店直後は賑わっていましたがやや落ち着いており割引券を店頭で配布していました。私見ですが主だった料理に付いてくる沖縄そばの味が「普通」であるためリピーターが獲得できていないのではないでしょうか?コスパは良いので改善してほしい部分です。

※上述の「かつ壱番屋」は順位をつけるなら4位相当かと思います。

 

広告

南行徳駅第5位 南行徳チェーン店銀座

南行徳駅周辺には各種のチェーン店が揃っています。駅から10分ほど離れた県道6号線沿いにあるラーメン店と比較してどちらを推すかは迷いますが、ラーメン店にも味のパターンができつつありチェーン店に似た部分が出てきています。それならば駅に近い方が良いと思い個性的な各種チェーン店群を4位にしました。いずれも駅から1分以内です。郊外の地下鉄駅でこれほどチェーン店が集結しているケースは珍しいのではないかと思います。

・とんかつ「松乃家」(駅北口を出て正面)

松乃屋 南行徳駅店

新規開店で人気のとんかつ屋。ロースカツ定食は何と500円です。先行店舗の評判も悪くないので期待できそうです。南行徳駅前にはとんかつ屋は3件目。1位とした「とんき」、さらに「壱番屋」。両店がどう対抗するか見物です。なお松乃屋は牛丼の松屋系。

・中華「バーミヤン」(駅南口を出て左へ1分程度)

中華チェーン。ほかのファミレスと同列に見られますが、火力で調理しており量も少十分。メニューも季節ごとに工夫され、デザートも優秀。チェーン店嫌いも一度見直してみると良いかも知れません。

・定食「やよい軒」(ガード下駅直結)

600円台の定食がありご飯のお替りが自由。栄養バランスよくたくさん食べたいときに重宝します。

・うどん「なか卯」(駅南口すぐ)

なか卯

写真は「はいからうどん」で280円(取材時)とたいへんお値打ちです。うどんは硬すぎずやわらか過ぎずの標準タイプで、つけ汁はすっきりとした京風で悪くありません。

・らあめん「花月亭」(ガード下駅直結

ラーメンにはこだわる人が多いので、個人店びいきの風潮もあるかと思います。そういう状況のなからあめん「花月亭」は逃げることなく人気個人店を意識した味で勝負を続けていて立派なことだと思います。

・てんや(ガード下駅直結)

もはや説明の必要がない天丼チェーン。あまり知られていないかもしれませんが、てんやでは苦手な天ぷらがあれば、その品物の単品(トッピング)価格以下のものに差し替えができます。

・サブウェイ(ガード下駅直結

サブウエイ

現在本国アメリカではマクドナルドを抜きシェア1位。少し高いイメージがあるかもしれませんが、2014年2月以降ランチタイムには500円でサンドイッチとポテト(またはドリンク)のセットをやっています。水をつけてもらうとワンコインランチ。

・マクドナルド(駅北口を出てやや左手に1分程度)

最近は調子が悪いようですが、これだけ支店があり接客姿勢が安定して高いのは素直に評価できる点だと思います。

・カレーハウスCoCo壱番屋(駅北口を駅を背にして1分程度)

言わずと知れた定番カレーチェーンです。実はカレーのチェーン化は多くの企業が挑みことごとく失敗している難攻不落のジャンルで唯一の勝者がCoco壱。ベースとなる「スープ(ダシ)」が良いので、香味野菜をしっかり使っているのでしょう。また成分表をよく読み込むと「落花生」が隠し味。この辺から家庭でも攻略できそうです(ピーナッツバターを利用するなど)。

※なお、カレーソースだけ持ち帰る場合には、店頭にはレトルトしかなくても奥に冷凍ソースが置いてあることが多くそちらのほうがおいしいです。自然解凍するように説明書きされていますが、ぬるま湯で解凍し湯煎すればすぐに食べられます。

閉店 焼き牛丼「東京チカラメシ」(ガード下駅直結)

 

 

南行徳駅第6位 ラーメン銀座の「どんきさろく」「分田上」

南行徳駅北口を出て駅を背にして7分程度歩くと県道7号に出ます。右に曲がりしばらく行くと、吉野家が見えてきますがその先右側です。ネットカフェの快活クラブが目印です。

分田上 どんきさろく

この写真では左端の車が数台止まっているところが「どんきさろく」(「とんこつ」と書かれた看板)、右端が「分田上」です。

どんきさろく 南行徳

「どんきさろく」ではとんこつラーメンとして完全に合格点のものを出してくれます。とんこつ以外のラーメンもよくできており、複数のラーメンを高い水準で作れるのは実力の証。その割にはいつも混んでいるわけではないのは、首都圏のラーメン屋さんの水準が上がりすぎ飽和しているのが要因でしょう。一昔前ならこのレベルなら行列店だったと思います。なお、車の場合ネットカフェ快活クラブにある駐車場(コインパーク)を利用すると便利です。

接客と店内の掲示物が強気に映ります。駅から遠く、とんこつラーメンとしては優れているもののずば抜けた個性がない状況では、接客や内装がかなり良くないと遠くからは行かないかなという気がします。駅前ならもっと上のランクにしました。しかしながらとんこつラーメンとして完全に合格点のものですので訪れる価値は十分にあります。

※※※

写真 5

分田上

「分田上」。わけかがみと読ませます。やや無節操な看板にどうしても違和感があり心が向かなかったのですが、行ってみたら現在の東京の人気店の麺とつけ汁をしっかり提供していました。どこかで食べたことがある味というのは否めず、今度はラーメンを試してみたいと思いました。

接客の印象が薄く内装も昔からの狭いカウンター。駅から遠く、いかに人気店の標準的な味を提供できていると言ってもば抜けた個性がない状況では、接客や内装がかなり良くないと遠くからは行かないかなという気がします。駅前ならもっと上のランクにしました。しかしながら、人気店の味ですので訪れる価値は十分にあります。

第6位に挙げた2店は接客と内装が近代化されればなあと思います。2位に挙げた「麺と酒 すてぃーぼ」も接客に目立つところはありませんが、やはりほかでは出会えないラーメンがある点で人様に推してみようという気になります。

 

広告

南行徳駅番外編 カレー「フジ」(工事休業中)

カレー フジ 南行徳

カレーふじ

ガード下駅直結。カウンターだけからなる、バーのように横に長いお店です。チキンカレー650円を頂きました。お昼どきでしたがあまり混んではおらず、自分以外には通りすがりの初老のサラリーマンと常連らしき老夫婦。お店はお母さんが一人で仕切っていました。夜はお酒も飲めるようです。お店の内装は昭和の雰囲気で、高めの年齢層に受けているのも納得でした。

カレーは完全に家庭の味で、日本の多くの家庭で昭和時代に提供されていたおそらく小麦粉ベースのカレーです。チキンカレーのチキンは、家庭と同じくよい肉を使ってありましたし、キャベツも工場で切ったものでなくお店で切ったものをしっかり氷水につけてありました。

カレーのお味は上述のようにほんとうになつかしの家庭のカレー(小麦粉で伸ばしたもの)ですので、そのイメージをしっかり持っていない人でないとあまり評価しないかもしれません(合わない人には合わない)。初回だったので一番安いカレーにしましたが、おそらくメンチカツカレー(950円)などにすれば、手作りのしっかりしたメンチカツが出てくるはずでかなり期待できる店でした。

課題としては割高ということ。チキンカレーは100円安い550円なら非常にお得感が出ますし、メンチカツカレーも850円くらいが現在のご時世なら妥当かと思いました。ただ、毎月100円引き商品があるので、それを狙うといいと思います。。カレーフジでは単品のカレーでなく、揚げ物を載せたカレーを選ぶのがコツだと思います。単品の場合、小麦粉カレーに合う人合わない人がいるはずです。

・ふぐ・定食「しま田」(ガード下駅直結。未訪問)

しまだ 南行徳

ランチは780円均一(取材時)。夜はふぐも出しているお店のため、ランチもおいしい可能性が高いのですが、次の機会にでも入ってみようと思っています。

 

 

関連記事

いきなりステーキのランチ 肉質と味の口コミ/待ち時間少ない南行徳

いきなりステーキ 南行徳

千葉への日帰り旅行&温泉の決定版・小湊鉄道(養老渓谷駅・上総牛久駅 観光のおすすめ)

小湊鉄道

北陸新幹線特集

北陸新幹線 はくたか号 上越妙高駅

上越妙高駅の絶景スポット 観光、ランチ、食事、駐車場、レンタカー オールガイド

北陸新幹線糸魚川駅 周辺観光とおすすめランチ、食事完全ガイド

人気の映画を旅する

ストロボエッジ 映画 シーン

映画ストロボエッジ 相鉄線撮影ロケ地めぐり 「聖地巡礼ガイド」

世界遺産を旅する

写真 4 (8)

清水駅/世界遺産・三保の松原 新幹線・静岡駅利用の超おすすめルート

立ち食いうどんの最高峰ほか

我孫子駅 唐揚げうどん

常磐線我孫子駅/立ち食いうどんの最高峰・弥生軒

丸亀製麺はまずい?鴻巣駅の「川幅うどん」と比較検証

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)