ブラタモリのまとめ 神奈川・静岡・山梨  (ランチ・観光)

ブラタモリまとめ 横須賀の歴史・地形観光スポット…2016.6.18

2016/07/17

NHK番組の「ブラタモリ」で横須賀の歴史や地形を踏まえた穴場的観光スポットが紹介されました。旅行の備忘録としてもご利用ください。

当記事に現地取材情報を加えました(もくじ…5 現地取材追記 横須賀本港「ドライドック」)

広告

ブラタモリ横浜のまとめに現地取材情報を加え再編集しました。
ブラタモリまとめ 横浜の歴史・地形観光スポット…2016.5.14

横須賀市とは

✔ 東京から所要1時間。神奈川県横須賀市は、三浦半島の大部分を占める市です。三浦丘陵に位置するため平地部は狭く、開発は埋立地を中心に進められてきました。神奈川県のトンネルの半数は横須賀市にあります。

✔ 東京湾の入口に位置するため、江戸時代から軍港都市として繁栄してきました。現在は米海軍横須賀海軍施設や海上自衛隊の施設が存在します。

✔ 土地が狭小で人口増が望めないため、公園・教育研究機関・観光施設の整備に加え、海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガーなどのご当地グルメの振興による流入増を目指しています。

なぜ横須賀は軍の要港になったのか

✔ 海軍基地、自衛隊施設の見える横須賀駅前の「ヴェルニー公園」からスタート。テーマはなぜ横須賀は要港すか?(要港になったのか)。

✔ 横須賀駅には段差がありません。軍関連の輸送に配慮したと言われています。また、横須賀駅の港側には高い壁。軍の機密を守るためです。

ペリーはなぜ浦賀(横須賀)にやってきたのか

 横須賀駅(ヴェルニー公園)
 浦賀駅

✔ タモリさんは浦賀に移動します。浦賀港は東京湾の入口にあり深い入江を持っています。江戸時代には「御番所」が設けられ異国船の審査をしていました。開国のきっかけとなったペリーは、なぜ東京でも横浜でもなく「浦賀」にやってきたのでしょうか?

ペリー

・父親に商船の船長、兄に海軍の軍人を持ったペリーは、海軍士官候補となり16歳でプレジデント号に乗船しました。米英戦争を経て、地中海の海賊征伐や奴隷のアフリカへの送還などで活躍し、その後は蒸気軍艦の旗振り役としても知られるようになりました。

・1852年に東インド艦隊司令官に任命され、日本開国の命を負います。ペリーは蒸気船ミシシッピー号でアメリカの東海岸を出発し、アフリカ喜望峰、香港、那覇を経て横須賀へ接近します。1853年7月8日に都合4隻で戦闘態勢のまま浦賀へ入港します。

 

✔ タモリさん一行は浦賀の「燈明堂跡」から海を見学します。

※浦賀駅と京急・JR久里浜駅を結ぶ「久10」系統バスで燈明堂入口下車。バスは1時間に4本程度。

✔ 浅瀬となっている対岸の房総半島沿岸と比べ、横須賀沿岸には深い谷があります。大型船は必然的に、横須賀沿いを北上することとなります。これがペリーが横須賀へアプローチした地理学的背景です。横須賀沿岸は2万年前には陸地で、大きな川が流れていました。この川が海底の谷の原型です。

✔ ペリーが浦賀を寄港の地に選んだのは、実質的には海図上の制約と考えられます。江戸幕府は浦賀の北にある観音崎と対岸やや北の房総・君津を結んだ線から北への異国船の入港を認めていなかったため、そもそも海図が作られていなかったのです。ペリーは浦賀停泊中に、小舟で浦賀以北の測量を進めています。(番組未紹介)

浦賀でペリーの痕跡を探す

✔ ブラタモリは浦賀市街にペリーの痕跡を探ります。「浦賀ペリー歯科」を経て 地元の宮井さん宅へ。ペリー氏から頂いた黒船内で使用していた鉄の鍋があります。大切に保管していたお礼として、ペリー氏の孫から頂いた水牛の角も。

 

横須賀本港に150年使用の「ドライドック」

 ショッパーズプラザ横須賀
 第1号ドライドック

✔ ブラタモリ一行は横須賀駅方面に戻ります。横須賀駅(または京急汐入駅)近くのショッパーズプラザ横須賀の裏側から、対岸に「第1号ドライドック」を見ることができます。米軍基地内にあるためこれ以上の立ち入りはできません。

✔ 写真右がショッパーズプラザ横須賀、左の船の付近が「第1号ドライドック」です。ドライドックは、船を陸に揚げて修繕する乾燥式の船の病院。 仕切板の内部に船を入れたあと、海水を抜くことで船底まで修理ができます。第1号ドライドックは約150年前のもの。石造りとしては国内最古で現在も現役です。

✔ 明治期の開国で海外からの船舶の往来が増え、ドックの需要が高まります。ドックの建設は技術を持つフランスが担当しました。フランスのトゥーロン港にも似た波風の凪(な)いだ内海である横須賀本港が選ばれました。

✔ フランス人技術者は、横須賀のドライドックを山を削った安定した地盤に造設し、 床等には硬く風化しにくい伊豆石(=安山岩)を使用しています。フランズ人技術者のこだわりが、明治から150年も使い続けられるドライドックを生み出したといえます。

✔ 大規模な造成をした副次的効果として、1867年に世界初のナウマン象の化石が発掘されています。当初はドック付近の山が410万年前の地層であり、ナウマンゾウが生きた10数万年前の時代と合わないことが疑問視されていました。しかし昨年、410万年前の地層が隆起し削られたあと、ナウマンゾウの地層が堆積していたことが分かりました。

現地取材追記 横須賀本港「ドライドック」

汐入駅地図

京急汐入駅からショッパーズプラザ横須賀(イオン)に向かいます。

汐入 スターバックス

米軍横須賀基地をの望むちょうどよい場所にスターバックスがあります。天候が小雨のため景色は十分に写りませんでした。

米軍横須賀基地

スターバックス付近からの景観

スターバックス 汐入

スターバックスは迷彩服の米兵も利用しています。

スターバックス汐入

1階、2階ともオーシャンビューで、軍艦やドライドックを見ることができます。

スターバックス 汐入

2階の様子。

米軍 横須賀基地

1280px-USS_Ronald_Reagan_(CVN-76)

出典:ウィキペディア

✔ 米軍横須賀基地の奥には日本海軍が造成した6号ドックが残っています。すぐ近くには、米軍の空母「ロナルド・レーガン号」が昨年から配備されています。東京タワーと同じ長さの巨大船です。

✔ ブラタモリ取材班は特別な許可を得て艦内へ。来賓用の入り口では、レーガン像とハイタッチする習慣があります。35の戦闘機を格納する倉庫を見学。飛行甲板では、戦闘機を短距離で射出するための 「カタパルト」を見学。2秒で260キロの速度となります。また着陸時に戦闘機を止めるワイアーは3本のうち1本が引っかかれば良いという意外に原始的なものでした。最後に操縦席に登りドーナツ型の操縦桿を見学します。現在の操縦桿は想像よりもかなり小型になっています。

ロナルド・レーガン号より「カタパルト」による離陸風景(1:30すぎからご覧ください)。

ロナルド・レーガン号への「アレスティング・ワイヤー」による着陸風景。

(まとめ)なぜ横須賀は軍の要港になったのか

✔ 横須賀の東にある海底の深い谷が大型船の通り道になっていた。横須賀本港の奥に入り込む凪(な)いだ穏やかな海が、大型船の停泊や修繕に向いていた。また硬い地盤は地震に強い安全なドライドックの建設に向いていた。

ブラタモリ横浜のまとめに現地取材情報を加え再編集しました。空中に建つ三寳寺(三宝寺)の写真などがあります。
ブラタモリまとめ 横浜の歴史・地形観光スポット…2016.5.14

広告

-ブラタモリのまとめ, 神奈川・静岡・山梨  (ランチ・観光)