東京都(ランチ・観光)

【鎌倉】ブラタモリおすすめの観光スポットまとめ……2015.5.9+5.23

2016/09/18

NHK番組の「ブラタモリ」で鎌倉の歴史や地形を踏まえた穴場的観光スポットが紹介されました。旅行の備忘録としてもご利用ください。

広告

鎌倉の基礎知識

光明寺

✔ 鎌倉の地形の最大の特徴はどこにあるのでしょうか?

✔ 鎌倉は、東西南北を山と海に囲まれ、侵入路が限られる天然の要害のため鎌倉幕府がこの地に拓かれました。山地から鎌倉市街を望むと市街が山と海に囲まれていることが分かります。ブラタモリのテーマは「鎌倉800年前のまちづくりとは」。

山側の町づくりを知る 浄光明寺の鎌倉石 観光おすすめ度★★

 不動茶屋(山肌迫る穴場ラーメン店)
 浄光明寺

✔  鎌倉時代、山に囲まれた範囲は鎌倉中(ちゅう)と呼ばれ、現在の倍の10万人の人口を抱えました。

✔ 鎌倉観光の中心である鶴岡八幡宮へのメインストリートが小町通りです。

鎌倉駅周辺(小町通り)…後悔しない安い人気のお土産ランキング

不動茶屋

✔ 小町通りの終点の手前を左に曲がるとラーメン店の不動茶屋があります。ブラタモリで紹介されてもおかしくなかった、山肌迫るテラス席が特徴の小さなラーメン店です。鎌倉の地形を肌で感じることができます。

鎌倉ランチ 小町通りの安い穴場「崖下ミニ神社」で和風ラーメン&カレー

✔ 不動茶屋より西の線路添い一帯の地名を扇ガ谷(おうぎがやつ)と呼びます。谷(やつ)とは山に挟まれた細長い土地です。タモリさんは扇ガ谷に構える浄光明寺を訪ねました。もとは武士の北条氏の屋敷であった場所です。

ブラタモリ 鎌倉

✔ 浄光明寺の裏手には鎌倉石を切り出した跡があります。この付近は、通称鎌倉石と呼ばれる凝灰岩からなる地質です。柔らかく手掘りも可能なのが特徴で、30m、15m、90mに加工され流通していました。

✔ 山肌迫り狭小なため土地がなく、ほら穴のようなスペース(=やぐら)に墓地やお堂が作られています(常に外から見学可)。敷地内には石切り場の跡もあります。いずれも8月、年末年始、雨天日を除く木・土・日・祝日は16時まで内部の見学も可能です。

✔ 寺院内の網引地蔵は正和2年に鎌倉石を削って作られました。敷地の裏手には石のトンネルもあります(いずれも8月、年末年始、雨天日を除く木・土・日・祝日の16時までは見学可)。

海側の町づくりを知る 日本最古の築港跡・和賀江嶋 観光おすすめ度★★

和賀江嶋 材木座海岸

✔ 海水浴場として知られる材木座海岸では、鎌倉時代の素焼き「かわらけ」など様々な陶器の破片を拾うことができます。遠浅のため、埋まっている破片が波打ち際に打ち上げられるのです。

海岸での破片拾い

・流木、貝殻、サンゴ、石、空き瓶などを拾い集めることは「ビーチコーミング」と名付けられ本格的に取り組んでいる人もいます。

・材木座海岸は遠浅のためビーチーコーミングに向いており、アド街「材木座海岸」(2010年8月21日)でも、ビーチーコーミングが第7位に取り上げられています。

✔ 材木座海岸は、遠浅のため船が入ってくることができませんでした。そのため鎌倉時代に日本最古の築港が行われました。干潮の時間帯に見ることができる賀江嶋(わかえじま/わかえのしま)はその名残です。鎌倉時代に約1ヶ月で急造されました。

※鎌倉駅東口よりバス「鎌40」逗子行きで10分、光明寺下車。または徒歩30分程度。レンタサイクルも便利です。

image108-e1431561796701-300x300

✔ 和賀江嶋(わかえじま/わかえのしま)の築港の影響で、海岸線の砂の流れが変わり由比ガ浜砂丘が形成されました。材木座海岸から鶴ヶ岡八幡宮へ向かう道の最高地点が砂丘の頂上でした(鎌倉警察署そば一の鳥居付近)。鎌倉時代はここより海側は荒れ地で刑場などがあり、死をもイメージさせる町の周縁だったのです。

✔ 和賀江嶋近くにあるそば処土手の屋号は旧由比ガ浜砂丘の名残です。以前は旅館やを営んでいました。詳しい様子は下の現地取材をご覧ください。

ブラタモリ現地レポート 鎌倉駅周辺3時間の旅

稲村ケ崎(七里ガ浜海岸) 観光おすすめ度★★

✔ ブラタモリ鎌倉編の後編は、稲村ケ崎駅付近の七里ガ浜海岸からスタートしました。砂鉄からなる黒い砂が混じる珍しい砂浜です。テーマは鎌倉が観光で発展し続ける理由。鎌倉には年間2300万人もの観光客が来訪しています。

鎌倉観光の原点 極楽寺切通しから長谷寺へ 観光おすすめ度★★★

江の島

✔ 鎌倉が観光地になったきっかけは景勝地の江ノ島(江の島駅、片瀬江ノ島駅)。江戸時代には茶屋が立ち並び、旅行者が大挙して訪れました。観光案内を兼ねた「ばばあ茶屋」の記録が一般家庭に保管されています。

 江の島  極楽寺切り通し(=マップ上では車道にルートが示されますが、その南に歩行者道としてルートが残っています)  長谷寺

✔ 鎌倉時代の旅行客は、江の島を出ると極楽寺付近まで歩き、山を越え長谷寺に入るルートを主に利用していました。

✔ 極楽寺付近は、鎌倉を囲む山を徐々に切り崩していった場所で、当初は切り通しと言えども山ひとつ登る程度の高さがありました。

※極楽寺駅ではタンコロ(江ノ島電鉄100形電車)の見学も可能です。

✔ 山を越えると茶屋があり、名物力餅を販売しています。石碑は江戸時代から残るもので、長谷寺への近道はここを曲がることを示しています。

鎌倉大仏

✔ 茶屋の角を曲がり、長谷寺へ。大仏は800年前に作られた国宝ですが、作られた当時の記録はほとんど残っておらず、元の姿への修繕も困難な状況です。建立当時はどのような表情だったのでしょうか。

出典:楽天(画像はクリックできます)

✔ 徳川光圀(水戸黄門)は鎌倉を気に入り、ガイドブックのようなものを作成たことが知られています。

 

江ノ電と出会う・江の島駅 観光おすすめ度

monaka_01

出典:http://syowavoxx.web.fc2.com/kanagawa/fujisawa-shi/enoden-monaka/

✔ 江の島駅の東側には、江ノ電が唯一路上を走る姿を見られる場所があり、付近の「江ノ電もなか扇屋」には、古い電車が保存されています。長年親しんだ地元の人は「江ノ電がある」ではなく「江ノ電がいる」ということがあります。

江ノ電と出会う・鎌倉高校前駅 観光おすすめ度★★

✔ 鎌倉高校前駅は、江ノ電唯一の海が眼前に開けた駅です。海をバックに走る江ノ電を撮影できる名所です。近年は、台湾など海外の観光客も訪れています。江ノ電は乗降客が減った時期があり廃止も検討されました。しかし映画「俺たちの朝」に登場し人気が復活したいきさつがあります。

tr_147

出典:http://www.uraken.net/rail/train/tr_147.html

✔  上述のように「極楽寺駅」の車庫には、昭和55年まで現役だった「タンコロ」が保存されています。タンコロとは江ノ電の昭和期の電車で、末期はもっぱら1両編成で運転されたためそう呼ばれています。

ブラタモリ現地レポート 鎌倉駅周辺3時間の旅

広告

-東京都(ランチ・観光)