【カクエキ!亀戸駅・全ロケ地】39円焼き鳥から、1キロの大盛チャーハンまで格安の町#9

  • 番組放映(2024年2月)当時の情報となります。
千駄ヶ谷駅#1田端駅#2祐天寺駅#3
等々力駅#4下高井戸駅#5馬喰町駅#6
大塚駅#7
バターどら焼き
半蔵門駅#8
ブータン料理
亀戸駅#9
大盛チャーハン
新馬場駅#10
品川そば
三ノ輪駅#11
レトロ商店街
茗荷谷駅#12
和牛ハンバーグ
幡ヶ谷駅#13
絶品ごま団子
神楽坂駅#14
映えスイーツ
本所吾妻橋#15
菓子昆布
代々木八幡駅#16
エッグタルト
新井薬師前駅#17
アートキャンディ
あざみ野駅#18
レトロなパン
伊勢佐木長者町駅#19
ボストンクリームパイ
西新井駅#20
レトロ喫茶店
三郷駅#21
すごいアスパラ
下板橋駅#22
ナスバター炒飯
西荻窪駅#23
麵尊RAGE
清澄白河駅#24
8年のハンバーガー
カクエキ!ロケ地一覧 下段:紹介されたものやお店から「また行きたい」ものを厳選

亀戸駅とは?

亀戸駅は、江東区亀にあるJR総武線(または東武鉄道)の駅です。

総武線の乗降客数は、隣の錦糸町駅よりかなり少なめ。駅名の由来は、学業の神様である亀戸天神。ホルモンや餃子の名店があることで有名な町です。

実はハイクオリティなのに驚愕の値段で提供される絶品鍋

引用 亀戸 味一番 公式X

カクエキは、味一番を訪ねます。(地図

豪華な貝鍋(白はまぐり、はまぐり、しじみ、あさり、鶏肉、野菜など)を見て、カクエキメンバーは、1200〜1850円を予想しますが、何と110円!(1テーブル1つ、1人1000円以上のオーダー必要)

写真のモツ鍋や、カレー鍋も紹介されました。

珍しい食品を扱う中華食材店、バク転教室

カクエキは、千葉商店を訪ねます。珍しい食品を扱う中華食材店です。スッポンも販売していました。(地図

また、日本一が教えるバク転教室も訪ねています。カクエキのメンバー3名は、30分程度でバク転をマスターしました。

昭和の雰囲気、わずか数十円でいただける焼き鳥

亀戸駅の北側には、映画のセットのような昭和の雰囲気が広がります。亀戸ぎょうざは、創業71年の人気店。メニューは餃子のみで、食べ終わるとわんこそばのように追加が来るシステムです。

有名店のホルモン青木は、風情ある建物。ホルモン激戦区の亀戸を代表し、19年の歴史があります。

亀戸横丁

カクエキが訪ねたやきとりさんきゅう(地図)の姉妹店、くしあげさんきゅうも入っています。

開店直前の様子

超大盛チャーハン

カクエキは、亀戸駅の南側、カメイドクロック(ショッピングモール)の裏手の住宅地を訪ねます。

ラーメンya(地図

店内はカウンター3席のほかは、4人がけテーブルで相席。やや雑多ですがまずまず清潔感があります(どちらかというと男性向け)。相席ですが、常時窓を大きく開けており、感染対策は丁寧。

半チャーハンでもかなりの量(女性なら足りるくらい)。大盛はこの3倍量! 大盛の値段は960円です。

スープやラーメンが合う薄味。薄味なので、白米の甘さがよく感じられます。鉄のフライパンでサラダ油を多めに使っているように感じられ、油多めの味わい。

並んだ時のために、飴のサービス。なお、並んでも並ばなくても、入店前に外で注文する独自のシステムです。メニューは店外にあります。

カクエキ 公式サイト

東京駅から1時間以内
都内日帰り旅 人が少なく自然や歴史が感じられる穴場を電車で訪ねる【厳選10選】

東京駅から2時間以内
関東日帰りひとり旅 心をいやす自然や田舎、穴場を電車で訪ねる【厳選10選】

カクエキ訪問地は下をご覧ください。

千駄ヶ谷駅#1田端駅#2祐天寺駅#3
等々力駅#4下高井戸駅#5馬喰町駅#6
大塚駅#7
バターどら焼き
半蔵門駅#8
ブータン料理
亀戸駅#9
大盛チャーハン
新馬場駅#10
品川そば
三ノ輪駅#11
レトロ商店街
茗荷谷駅#12
和牛ハンバーグ
幡ヶ谷駅#13
絶品ごま団子
神楽坂駅#14
映えスイーツ
本所吾妻橋#15
菓子昆布
代々木八幡駅#16
エッグタルト
新井薬師前駅#17
アートキャンディ
あざみ野駅#18
レトロなパン
伊勢佐木長者町駅#19
ボストンクリームパイ
西新井駅#20
レトロ喫茶店
三郷駅#21
すごいアスパラ
下板橋駅#22
ナスバター炒飯
西荻窪駅#23
麵尊RAGE
清澄白河駅#24
8年のハンバーガー
カクエキ!ロケ地一覧 下段:紹介されたものやお店から「また行きたい」ものを厳選

ブラタモリ訪問地は下をご確認ください。

東京でブラタモリ内容
😎現地取材 世田谷(#256)
😎現地取材 目白(#255)
😎現地取材 下北沢
😎現地取材 汐留(#231)汐留は、江戸時代からずっと最前線だったとは? タモリさんが、 旅のお題「汐留は江戸東京のフロンティア?」を探ります。
😎現地取材 スカイツリー(#217)タモリさんが、スカイツリーの立地の謎を地形から探ります。
😎現地取材 町田(#205)町田はなぜ神奈川県と間違われるか?を追求します。
😎現地取材 八王子(#204)八王子市の面積は、約100年間で25倍にも成長。はじめ(大正6年)はごく小さかった八王子市は、なぜ大きくなったのでしょう?
東京湾(#202)タモリさんが、東京湾がどのようにできたのかを探ります。
😎現地取材 鉄道スペシャル(#sp)タモリさんが鉄道150年の歴史を探る。新橋の旧新橋停車場などが紹介されました。
😎現地取材 大名屋敷(#200、201)タモリさんが東京の大名屋敷の秘密を探る。東京ミッドタウン(六本木)など、都内の大名屋敷跡が多数登場。
😎現地取材 江戸の水(#189)タモリさんが江戸東京博物館(両国)を訪ね、東京の水の原点である、玉川上水を紹介。羽村取水堰が中継で登場。
😎現地取材 NHK(#187)タモリさんが放送博物館、技研を訪ね、放送のお宝を見学し、歴史と未来を探りました。
😎現地取材 渋谷(#186)渋谷駅は谷間にある? タモリさんが、3つの坂をめぐり、渋谷の地形を確かめます。
😎現地取材 江戸城江戸城(皇居)の気づきにくい地形的な特徴などを解き明かします。
😎現地取材 白金(#137)江戸時代には、茶畑と別が広がるのどかな場所でした。高級住宅地の4条件がそろったのはなぜ?
😎現地取材 豊洲(#121)防波堤の痕跡から豊洲は海沿いの場所。戦後、日本が開発できる貴重な場所となりました。
😎現地取材 田園調布(#96)畑が広がる田園調布はどのように高級住宅街に? 放射線状の道には意外な目的地がありました。
😎現地取材 吉祥寺(#94)駅前に斜めの道はなぜ? ブラタモリは、井の頭公園の水の流れを確かめつつ過去を探ります。
😎現地取材 目黒(#57)目黒は江戸のリゾートだった? ブラタモリは目黒飴などをヒントに、歴史や地形を探ります。
😎現地取材 高尾山(#47)高尾山は、左右で森の明るさが違うようです? これがブラタモリ高尾山編の最大の謎です。
伊豆大島(#164 #165 #166)伊豆大島のアンコと椿、噴火の歴史を3回に渡り取り上げました。#165は、コロナ後ロケ復活の第1号。
😎現地取材 東京駅と周辺(江戸城下町)(#SP)東京駅前に江戸城の石垣が? タモリさんは来訪記念にタイルを張って帰りました。東京駅のれんがの秘密も徹底解明。
😎現地取材 築地(#SP)ブラタモリ第2シリーズ (2010-11年)第1回で放映されたものを、現行シリーズの予告編として、スペシャルで放映したもの。

コメントをどうぞ(情報ご提供、旅行相談など)

タイトルとURLをコピーしました